茨城県境町の自動運転バス「NAVYA・ARMA」保安要員の撤廃を実現 

   
 

2021年4月27日、ソフトバンクと先進モビリティの合弁会社で、スマートモビリティサービスの事業を行うBOLDLY(ボードリー)株式会社は、同社が手掛ける茨城県境町の自動運転バス「NAVYA・ARMA(ナビヤ・アルマ)」において、2021年4月から運転手を補助する保安要員の撤廃を実現したことを発表しました。

この保安要員の撤廃は、今後の自動運転バスにどのような影響を与えて、どのように発展させていくのでしょうか。

予算削減により自動運転バスの普及が進む

茨城県境町で使用されている自動運転バスは、ボードリーが手掛けている「ナビヤ・アルマ」という車両です。この車両は、国土交通省から基準緩和の認定により公道の運行を許可されています。しかしそれは、安全に自動運転バスを運行するために運転手1名に対して保安要員1名を配置する、という条件が課せられていました。

自動運転バスを安全に運行するためには、保安要員の配置は当然の流れであり必要だと考えられますが、その分の人件費は確実に高くなります。この条件で自動運転バスを運行するために茨城県境町は、5年間で5億2,000万円もの予算を組んでいます。そしてこの予算のほとんどは人件費で占められています。

自動運転バスをさらに普及させるためには、低予算での運行実現が必須と考えたボードリーは予算の多くを占める人件費の削減、すなわち運転手の補助をする保安要員の撤廃を目指しました。その実現のためにボードリーは、国土交通省をはじめとする関係各所と多くの意見交換を重ねて、保安要員撤廃の実現を目指していました。

保安要員撤廃を訴え続ける中、国土交通省は茨城県境町での自動運転バスの運行実績を鑑みて、保安要員が居なくてもナビヤ・アルマは安全な運行が実現可能であると認められました。そして、ボードリーが手掛けるナビヤ・アルマにおいて、保安要員の撤廃が実現したのです。

これにより、運行する自動運転バスの台数分だけ保安要員の人件費が削減できたことで、自動運転バスを運行する予算は大幅に削減されました。この動きは今後、日本国内において自動運転バスの普及が進む大きな実績となりました。

さらに3つの規制緩和が実現

ボードリーは、保安要員撤廃による自動運転バスの運行コスト削減に加えて、自動運転車両の普及を日本国内で進めるために、以下の3つの規制緩和が実現したことも発表しました。

1.歩行者用道路の走行
2.既存のバス停の活用
3.道路使用許可の取得プロセスの合理化

茨城県境町の自動運転バスに関わる企業などについて

ボードリー株式会社について

ボードリー株式会社は、スマートフォンで有名なソフトバンクと東大発のベンチャー企業である先進モビリティの合弁会社であり、自動運転バスなどの普及を進める会社です。

2020年4月1日に社名をSBドライブ株式会社から「BOLDLY(ボードリー)株式会社」に変更しました。

ボードリー株式会社は、ソフトバンク、先進モビリティ、ヤフーなどが連携し、自動運転技術を活用することで、自動運転バスの運行をはじめ、貨物・物流などの社会実験を行うことで、それらを実用化することに取り組んでいます。

NAVYA(ナビヤ)について

NAVYA(ナビヤ)は2014年にフランスで、自動運転ソリューションを提供する会社として創業しました。

ナビヤは「ファースト&ラストマイル」をテーマに、交通渋滞やCO2排出などの大気汚染、人口減少などによるドライバー不足など、さまざまな交通課題の解決を命題とし、自動運転ソリューションの開発に日々取り組んでいます。

ナビヤが提供する「自動運転シャトルバス」や「自動運転トーイングトラクター」は、すでに20か国以上での導入実績があり、安全で信頼性の高い、快適な自動運転を実現しています。

ナビヤが製造・販売する自動運転バスには、レベル4に対応している「EVO」とレベル3に対応している「ARMA」の2タイプがあります。今回の記事でお伝えした茨城県境町の自動運転バスは自動運転レベル3のアルマになります。

2021年4月30日に発表!近藤真彦氏がジャニーズ事務所退所へ!今後は独立しレース活動は続行だ!前のページ

マクラーレンがレッドブルのレーサーを故意に妨害⁉その真相は?次のページ

関連記事

  1. 記事

    どこでも充電してくれるプロトタイプ自律ロボットをVWがを発表!その内容とは?

    去る12月28日にフォルクスワーゲン・グループ・コンポーネンツ社が、…

  2. 記事

    伝統工芸体験【静岡県】ドライブがてら体験レッスン♪

    カップルをはじめ、ご家族やお友達同士、もちろんおひとりでもドライブが…

  3. 記事

    高知県で車で回れる一風変わった動物園をご紹介します!

    コロナ禍での外出自粛も一段落しました。お子さんがいるご家庭ではどこか…

  4. 記事

    学年に応じた車おすすめの自由研究を紹介!

    1872年から続いている現在の学校制度。明治14年頃に一般的な夏休み…

  5. 記事

    【大型車】英国スイッチモビリティが2021年日本で電気バス販売

    「スイッチモビリティがEVバスを販売について詳しく知りたい。」…

  6. 記事

    元TOKIOの山口さんが酒気帯び運転!罰則などを振り返ろう do! do! do!

    先日、人気アイドルグループのTOKIOの元メンバー山口達也容疑者が酒…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    【ドライバーさん注目!】兵庫県下における初日の出のスポット紹介 
  2. 記事

    車検証がICカードに?情報をまとめてみた
  3. 記事

    エルメスの小物でちょっとしたおしゃれを楽しもう 
  4. 未分類

    おすすめのアルミモールクリーナー!欧州車の汚れも解決!
  5. 記事

    ケーターハムは何がそんなに魅力的なのか?マニアがハマる秘訣を一挙公開!
PAGE TOP