自粛中に見たいおすすめの車に関する映画【フォードVSフェラーリ】

   
 

緊急事態宣言が出されていない地域でも、このコロナ禍では自粛ムードな雰囲気があります。外に出かけられないときは、家で映画鑑賞をする人も多いのではないでしょうか。今回は映画鑑賞でも、車に関する内容の「フォードVSフェラーリ」について紹介します。

フォードVSフェラーリという映画について

いわずと知られた「フォード」と「フェラーリ」ですが、この映画は実話をもとにレーシングドライバー二人の活躍と苦悩を題材に描かれています。

あらすじ(前半)

この映画はキャロル・シェルビーというレーシングドライバーとして脚光をあびて間もなく、心臓病で引退を余儀なくされた経営者兼デザイナーの話です。そしてもう一人、自動車整備工場を細々と営みながら、カーレースに出場しているケン・マイルズ。シェルビーはこのマイルズの才能を認め、あれこれと仕事を持ちかけます。

マイルズの経営する自動車整備の会社は赤字で、税金を払えないのでレースに優勝しても工場を差し押さえられてしまいます。そしてレースをやめて地道に働く道を選ぶのでした。

それから数年後、フォードがフェラーリを買収しようとしている話が上がってきますフェラーリの創業者であるエンツォ・フェラーリは、「仮にフォードがレース参戦に反対の立場となった場合はレースから撤退する」という考えです。スポーツカー生産よりもレースへの参加に至上の価値を置くエンツォにとって、この話はもってのほかであり、土壇場でフォードの提案を破談にするばかりか、同時にフィアットのジャンニ・アニェッリに対してフォードをダシに使った売却話を進めていたのでした。

一方でフォードはレースで勝つには経験豊富なレーサーが必要と考え、シェルビーに話を持ち掛けます。そして再度レースの世界へ戻れるとシェルビーはよろこんでこの話を引き受け、、テストドライバーとしてマイルズを誘います。マイルズはこのプロジェクトに興味を示しますが、フォードがレースに参画するという話には参道していませんでした。この相違から、少しずつ二人に溝ができてしまうという話です。

シェルビーはル・マン参戦の発表会にマイルズを招待し、もう一度参加するかどうか考えるように説得しますが、そこは着飾ったフォードの重役が居並び、ル・マン参戦と並ぶフォードの新機軸の目玉であるフォード・マスタングの発表会を兼ねるなど、マイルズににとって居心地のいい環境ではありませんでした。しまいには、マイルズはフォード車に対するありったけの悪口言い、シェルビーのスピーチの途中で帰宅してしまいます。

それでもマイルズを諦められないシェルビーは、イギリスから空輸されてきたばかりのフォード・GT40の試乗にマイルズを誘い説得します。。ハンドルを握ったマイルズは、多くの問題を抱えていても、速さは間違いないマシンの素質に惹かれます。フォードから提案された報酬の額も経済的に苦しいマイルズには魅力的でもありました。そして、レーサーとしての自分を何より愛している妻と息子の存在が後押しとなり、マイルズはシェルビーと手を組みレースの世界に戻ることを決めるのでした。この後は映画を見てからのお楽しみとさせてください。

この映画の見どころ

シェルビーとマイルズの2人の生き方と考え方は、共通するものもあれば異なる部分もあります。お互いに認め合いながらも、置かれている環境などですれ違うところも出てきます。そのようなときでもシェルビーがマイルズを大事な存在として向き合う姿勢は、様々な職業や場所でも役に立ちそうです。

俳優日本語吹き替え役柄
キャロル・シェルビーマット・デイモン平田広明1950年代後半に活躍したアメリカ人レーサー。心臓病で引退後、カーデザイナーとなり、シェルビー・アメリカンを設立する。
ケン・マイルズクリスチャン・ベール宮内敦士破天荒なイギリス人レーサー
リー・アイアコッカジョン・バーンサル坂詰貴之フォード・モーターの副社長(フォード部門の総支配人)
モリー・マイルズカトリーナ・バルフ恒松あゆみマイルズの妻
ヘンリー・フォード2世トレイシー・レッツ廣田行生フォード・モーターのCEO。自動車産業のパイオニアでフォード・モーター創設者のヘンリー・フォードの孫。
レオ・ビーブジョシュ・ルーカス木下浩之フォード・モーターの上級副社長
ピーター・マイルズノア・ジュープ高橋玲生マイルズの息子
エンツォ・フェラーリレモ・ジローネ木村雅史フェラーリの創設者
フィル・レミントンレイ・マッキノン紺野相龍

窓ガラスのメンテナンスもお忘れなく

洗車時に窓ガラスも綺麗に掃除をする方は多いと思います。しかし、窓ガラスの水垢や水ウロコ、油膜などは洗車してもきれいに落とし切れていないことが多いのです。窓ガラスには雨が乾いてできた水ウロコや水垢が付いています。お風呂場の鏡と同様に、なかなか普段の掃除では落としきれないため、専用のクリーナーが必要です。今回はプロも使用している、おすすめするクリーナを紹介します。

CarZoot 油膜取り ガラスクリーナー 車 水垢 水アカ ウロコ 車ガラスクリーナー

窓ふきをしても時間が経つと浮かび上がってくるウロコや水垢を落としてくれるクリーナーですが、以前にコーティングしたものまできれいに拭取ることができる優れものです。撥水コーティングをする前に使用すると、きれいがさらに長持ちします。まずは汚れを叱りと落とすことが大事ですので、CarZoot社の油膜取りクリーナーの使用をおすすめします。

【徹底解説】フランスの消防車はどんなもの?日本と比較してみよう前のページ

トヨタ・アメリカがピックアップトラック『タコマ』にTRDリフトキットを設定!次のページ

関連記事

  1. 記事

    トーヨータイヤがSUV用の「オープンカントリー」シリーズの新サイズを発売

    車のタイヤにこだわっていますか?タイヤと言えば、車の消耗品で…

  2. 記事

    アストンマーチンが初めてのレーシングシミュレーターを発表!その内容とは?

    人気スポーツ車を輩出しているアストンマーチンですが、なんと初めてのレ…

  3. 記事

    【北海道】道内でおすすめのトラック用品店をご紹介します!

    トラックは用途別に様々に架装されるのが一般的です。しかも乗用車とは桁…

  4. 記事

    リードは自動車・電機向けのプレス加工する会社|株価から見る今後の展望は? 

    株式会社リードは、埼玉県熊谷市に本社を構える、自動車や電機プレス加工…

  5. 記事

    2021年に復活だ!MAZDAのMX-81アリアのフルレストアがイタリアで完成したとの情報あり!

    1981年の伝説的なコンセプト車が2021年に復活を遂げました!…

  6. 記事

    CBcloud株式会社とワン・コンパスの新たな試み!チラシの商品が家で買える!

    今回驚くべきサービスが発表されました。それは、スマホに表示されるスー…

新着記事の一覧

  1. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  2. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  3. 【夏の風物詩】静岡県内にある車で行ける蛍が見られるおすすめス…
  4. 車用のカーテンは違法?車検に通るための注意点を解説!
  5. おすすめのカーテンはどれ?人気のカー用品を3選してご紹介!
  1. 記事

    日産車の「はたらくクルマ」は第2弾が展示!日産車の「はたらくクルマ」はどのような…
  2. 記事

    ロジネットシステムズのドライブレコーダーを使用してエコドライブを!安全運転へ誘導…
  3. 記事

    【ジャパンボートショー2021】1.9億円の高級輸入ボート「プレステージ520」…
  4. 記事

    昭和から存在している神社もある西日本エリア
  5. 記事

    【車好きにオススメ】トムクルーズ出演!デイズ・オブ・サンダー特集
PAGE TOP