自動運転の行動実証実験における道路使用の許可を改訂

   
 

私たちが日々自動車を運転するとき、遵守するものが道路交通法です。
安全に運転が出来るように、さまざまなルールが厳密に定められています。
2020年9月に、道路使用の許可に関する内容が改訂されたのはご存じでしょうか?
今回はそちらに関する紹介と説明をいたします。

道路使用許可基準の改訂

ハンドル操作が義務から外れる?

警視庁は自動運転の公道実証実験について、道路使用許可基準の改訂を全国の警察に通達しました。
自動運行装置を利用して車両を走行させる場合の運転に関して、その装置が適切に作動している場合、運転者が前方および周囲の状況を確認してハンドルを操作することが必須でなくなります。

自動運行装置が使用できる条件を満たしており、その装置を使用して自動車を走行させる場合、即座に必要な操作を行うことが出来る状態であれば、実験車両の走行中にその車両の周囲や前方を監視する必要がないということです。

この変更でどうなるの?

お察しの通り、これは私たちの日常生活に対して大きな影響を与えるものではありません。
では、この改訂によって何が変わったのでしょうか?
実はこれによって、特別装置が利用された自動車の公道実証実験のためにかかる手間が変わってきます。

これまでの特別装置自動車の公道実証実験では、たとえ行う実験が1つであったとしても、実験車両を手動で走行させる場合と自動で走行させる場合のそれぞれのパターンの道路使用許可を受けないといけませんでした。
今回、この許可基準の改訂によって、双方の場合を合わせて道路使用許可が1件で済むようんになります。

つまり、自動車文化の発展のためにかかる手間が減ったということです。
今後さまざまな私たちの環境を取り巻く自動車文化の発展につながってほしいものです。

注意事項

殆どの方にとっては不要な注意事項であるかと思いますが、念の為補足をしておきます。
今回の改訂はあくまで自動運転の公道実証実験についてのものであるため、自家用車を運転する私たちにとって大きな変更はありません。
私たちが自動車の運転をするときはハンドル操作をきちんとする必要がありますし、前方および周囲に気を配るのは必須です。

至極当然のことで、読まれた人によっては不快にも思われたかもしれません。
あくまで念の為の補足ですのでご容赦頂ければ幸いです。

自動運転に向けた警察の取り組み

警察は、道路環境に応じた自動運転が早期に実用化されるよう、自動運転の進展の支援をするべく、積極的な取り組みを行っています。
今回紹介した改訂をはじめとした、取り組みの詳しい内容や各種ガイドラインは『警視庁のWebサイト』で確認することも出来ますので、気になった方はご覧になってみてください。

自動車を美しくする商品の紹介

いかがだったでしょうか?
今回は自動運転車の行動実証実験における道路使用の許可の改訂に関して説明しました。
今後のますます自動装置の文化が発展していくことに期待したいです。

CarZoot社の販売しているコーティング剤『育艶-IKUTSUYA-』は業界初の育てるコーティング剤です。
これは施工を重ねれば重ねるほどに車体が出す艶や輝きが増していく珍しいコーティング剤で、プロも使用する一品です。
その効果は非常に高く、モーターショーや展示車両と言った自動車の美しさが重要となるステージでの利用もなされています。

また、帯電防止成分も配合されていますので、施工のあとの自動車にホコリが付着しないようになっているのも嬉しいポイントです。
『育艶-IKUTSUYA-』はコストパフォーマンスにも優れており、施工自体も非常に簡単なので、まずは手に取って試してみてください。
今現在普及している自動車はもちろん、将来自動で走行することが可能になった際にもお使いいただけます。

トミカが「GJ!はたらくのりもの百景」を発売! 前のページ

あいおいニッセイ同和損保が、事故相手の速度をAIが認定する新機能実装次のページ

関連記事

  1. 記事

    車好きに人気のアニメ「マッハGOGOGO」をくわしく紹介!

    「マッハGOGOGO」はレース展開が非常に面白く、車好きに人気があり…

  2. 記事

    埼玉県の植物園はどこがおすすめ?インスタ映えする写真が撮れるのはここだ!

    埼玉県には豊かな自然も、大きな都市も両方存在しています。しかも、交通…

  3. 記事

    「スバル・レガシー」のカタログスペックや特徴を紹介

    国内で大人気のコンパクトハイブリットカー「スバル・レガシー」。…

  4. 記事

    大阪市此花区でおススメのコイン洗車場を紹介します!その利用方法も合わせて解説

    セルフ洗車機やコイン洗車場は、洗車を行いたいが自宅近辺にスペースがな…

  5. 記事

    モデルチェンジして走るトヨタ・ビスタ

    日本国内専用乗用車として誕生したトヨタ・ビスタ。クランクシャフトが進…

  6. 記事

    コロナ対策で車内を除菌!密にならない方法を紹介!

    コロナウイルスが世界中に猛威を奮っている中、どうしても外に出なくては…

新着記事の一覧

  1. 米国で人気のSUVパスファインダーがモデルチェンジの発表!分…
  2. 日産のローグ新型生産時に排出されるアルミ端材を再利用してエコ…
  3. CBcloud株式会社とワン・コンパスの新たな試み!チラシの…
  4. OKIエンジニアリングが提供するLV124がワンストップで出…
  5. ホンダが2月25日にNC750Xを新発売!どんな魅力があるの…
  1. 記事

    初心者マークを剥がす時に注意したいこと
  2. 記事

    車のバッテリー液漏れの原因は?液漏れをパターン別にご紹介!
  3. 記事

    旭区(大阪市)の月極駐車場は、高殿エリアがおすすめ!?駐車場の値段やセキュリティ…
  4. 記事

    夢の高級車ベントレーの新型ベンティガをご紹介
  5. 記事

    水上のランボルギーニ「Tecnomar for Lamborghini 63」に…
PAGE TOP