自動運転のレベル3が運行予定!スタートと時期に注目!

   
 

自動運転のレベル3が運行予定となっています。3月にも運行する予定なので、注目です。自動運転のレベル3の動向についてご紹介しますので、参考にしてみてください。

「レベル3」運行をチェック

 自動運転の「レベル3」が3月にも運行する予定となっています。レベル3は、運転自体は自動で、ドライバーが緊急時に操作することとなっています。

自動運転の「レベル3」が運行されるのは、福井県です。自動運転の「レベル3」の営業運転は、福井県が全国で初めてです。

福井県では、ドライバーが乗車せず、モニターを使用して車を操作するというレベル2の自動運転サービスを実施していました。レベル2の自動運転は、常時監視が必要でしたが、レベル3では、常時監視は不要となっています。

レベル3とこれまでのシステムとの違い

国内で新型コロナウイルス感染症の拡大が懸念されており、自動運転のサービスの需要が高まっています。2020年4月には、「道路交通法」と「道路運送車両法」が改正されています。

今回の改正においては、公道上で「レベル3」の自動運転ができるようになったことが大きな注目点となっています。というのも、レベル2とレベル3では、システムが大きく異なるのです。

レベル3では、ドライバーが常時システムを監視する必要がありません。

一方、レベル2の場合、ドライバーが常にシステムを監視することが義務づけられています。レベル2でもアクセル、ブレーキなどの操作はすべて自動ではありますが、監視にマンパワーが必要になります。

レベル3では、一定の条件下においては、ドライバーが監視しなくて良いことになっているので、ドライバー不足の解消が期待されています。ただし、現時点では、トラブル発生時はいつでもドライバーが代われる環境を整えておくこととなっています。

レベル3であれば走行中であってもスマートフォンの操作、カーナビの操作などが可能です。

道路交通法は、基本的にドライバーが人間というスタンスになっていましたが、改正後は、「自動運転」という概念が重視されています。

 運転の責任はドライバー

自動運転であっても、運転の責任はドライバーというのが基本です。

レベル3は、監視し続けるというルールにはなっていないですが、一定の条件が定められており、その範囲内での走行となります。

レベル3であっても、ドライバーは以下の点に注意しておかなければなりません。

  • 高速道路における速度が60km/h以下
  • 走行中、万一不具合が発生したらドライバーが運転をかわること

常時監視不要となっていながら、いつでもドライバーが運転を代われる状況というのは、矛盾しているように感じる方もいますが、現時点では安全性の確保のために、必要な条件となっています。

ブレーキダスト 完全除去 【CarZootプロ仕様】 ホイールクリーナー

自動運転のレベル3が運行予定となっています。3月にも運行する予定なので、注目です。自動運転のレベル3の動向に注目してみると良いでしょう。

ところで、車の状態はいかがでしょうか、。

ホイールをクリーニングする際おすすめなのが、CarZootの「ブレーキダスト 完全除去 【CarZootプロ仕様】 ホイールクリーナー」です。

ホイールには頑固なブレーキダスト汚れが付着しやすいため、専用のクリーナーが必要です。

・長期間放置したブレーキダストを簡単に落とすことが可能

・研磨剤を使用していないため、こすってもホイールが傷つかない

・マニュアル付きで初心者でも簡単に使用可能

このホイールクリーナーは通常価格1,980円となっています。このクオリティの高いクリーニング剤を使用することで、ピカピカのホイールにすることができます。

ぜひ、参考にしてみてください。

ホンダがインド二輪工場で希望退職者を募集!背景について解説!前のページ

空飛ぶ車をNECとJALが狙っている!どこまで進んでいるか注目!次のページ

関連記事

  1. 記事

    車のナンバープレートはどうやって決まるの?地名に関する豆知識

    クルマを購入してまず行うのが「自動車登録」。自動車登録の申請…

  2. 記事

    岐阜県でおすすめの貸し切りバスを紹介!色々なところみんなで周ろう!

    何人かで旅行を計画した時や、サークルや学校関係の人たちが大人数でどこ…

  3. 記事

    【知ってた?】ハリーポッターに出てきた青い車アングリアについて解説

    「ハリーポッターに出てきた青い車アングリアについて詳しく知りたい。」…

  4. 記事

    バーバリーチェック以外のアイテムもおすすめ!ドライブに相応しいアイテムを探せ!

    ドライブをすると気分転換にも繋がり、仕事の生産性も向上していきます。…

  5. 記事

    千葉県で車で行ける植物園はこちら!インスタ映えの写真もバッチリ撮れます!

    関東地方の中でも、豊かな自然と暖かい海を堪能できるのが千葉県の魅力。…

  6. 記事

    ハイブランドの小物や時計のデビューをしたいのならばミッシュマッシュのキーケースはいかが?

    女性向けのハイブランドの小物や時計が欲しいなぁ。大人っぽくて上品なモ…

新着記事の一覧

  1. ベンツが発表した新しいCクラスとは?電動化に一歩進んだニュー…
  2. 車の鍵はこうすれば無くさない!おすすめアイテムもご紹介!
  3. クロスツーリスモとはどんな車?ポルシェタイカンとの違いを解説…
  4. Enjoy おうちでお台場とはどんな実証実験?MaaSで密に…
  5. 2020年は巣ごもり消費で宅配業界がめちゃくちゃ忙しかった!…
  1. 記事

    青森県でキャンプするなら車で行こう!オススメ2選を紹介
  2. 記事

    ルノーのカジャーはこんな車!
  3. 記事

    三菱自動車はなぜランエボの後継車をつくらないのかを勝手に考察する
  4. 記事

    カー用品の通販なら「オートバックス」がおすすめ!特徴など解説
  5. 記事

    アウディのe-tron GTが物凄い性能!おすすめポイントを解説!
PAGE TOP