自動車免許取得で注意したいこと3選 

   
 

国内のオートマ比率は98%を超えています。海外と比較しても圧倒的に日本はAT車を乗る人が多いです。

操作が簡単ですし、女性やお年寄りでも楽に乗りこなせるので圧倒的な支持があります。

今回は自動車免許を取得する際に注意したいことを3つ絞ってお伝えします。

見落としがちなところや予め知っておいたほうが良い情報をまとめましたので是非参考にしてください!!

スケジュール調整が大変

高校卒業したばかりの学生や大学生が春休みや夏休み使って合宿免許に行きます。

一番効率的なやり方の1つです。

教習所に行きながらバイトしたり、遊ぶ約束を取り付けたり、学業を両立させるのは本当に大変です。

キツキツのスケジュールになって帰って家で何もできない状態になります。大学生はバイトや資格の勉強と学業を同時進行で行なっている人も珍しく無いです。それに付け加えて教習所の予定を加えるとスケジュールがタイトになり過ぎて苦しいので、タイミングしっかり選ぶのは本当に大事です。

そして必ずその期限以内にやり切る。

これ期限過ぎてしまいますと学生の場合バイトの繁忙期や期末テストなんかと重なって逆に両方とも効率が悪くなるなんてこともありえますのでとにかく時間厳守でやり切るのをおすすめします。免許を取得する際に十分注意しましょう

非公認教習所は確かに安いが

主に免許失効や更新忘れ、取消処分となり免許再取得時に利用される教習所です。
その中でも、公安委員会に届けを出した教習所は、届出自動車教習所とも呼ばれています。

教習の時限数の規程が無いため、練習回数の選択や料金の自由度が高いです。

また届け出の教習所の方が総額で4万円から6万円ほど支払総額が安くなるケースがあります。

これはれはあくまでも順調に試験をパスして、免許取得に至った場合の話です。技能試験に受からなければ、再度教習を受けることになります。

そうなると費用がかさむので免許取得のための教習所を選ぶ前に注意しておきたいところです

マニュアル車に乗れるチャンスは最初で最後になる

AT限定解除コースは大抵どこの教習所でもやっていますけど、何かきっかけがないとAT限定を解除しようなんて思わないです。

よっぽどのことがないとそんなことしません。

昔は、シフトレバーの操作によってエンジンの出力を道路状況に分けて効率的にコントロールできるのでMT車の方が燃費が良いなんて時代もありました。

ですが最近はAT車の性能も上がっています。電子制御でスムーズに変速がアクセルペダル1つでできるようになり、燃費もさほど差はなくなってきたようです。

人を選ばず乗り心地も上がってきています。

欧州や南米ではマニュアル車比率が多い

海外でレンタカーを借りるときは所定の手続きをしてお金を払えば即日で国際免許証を発行できます。

AT限定縛りなんかもありません。ただ地域によってはまだまだMT車の方が多い国もあります。

特に南米や欧州は半分以上がMT車です。旅行や仕事で海外の車に乗る機会がある人はMT車を選んでおいたほうが良いです。免許を選ぶ際は先のこともよく考えて注意して選びましょう。

大型免許を考えている人はMTを取っておいたほうが楽

乗用車はほとんどATになってきましたが、バスやトラックはなどはまだまだマニュアル車が多いです。

理由はいくつかあります。1つ例をあげるとコストの問題です。

ATは構造が複雑なので壊れてしまうと、トランスミッションを全て交換することになります。そうなると費用がかさみ、経費が増え事業の運営に支障をきたします

対するMTは、ATほど構造が複雑ではないので、壊れたらその部分だけの部品交換で済む場合がほとんどです。なのでATよりも修理費は安くなり結果的に運営費が軽くなります。車両本体価格もMT車のほうが安いですし、事業としてコストの面では、安く手に入り、安く直せて、燃費も良いとメリットが多いのです。

教習所に行く前にCarZoot社インテリアクリーナーを使ってモチベーションを高めよう

どの教習所に行くか、合宿免許で取るのか、注意して選ぶのも良いですが、たまには親の車でも掃除して車に乗る自分をイメージしながらモチベーションを高めるのも良いです。

例えば、車内クリーニングはやる人、全然やらない人分かれますが、シートは普段から綺麗にしないと本当に汚れてます。

頭部の頭を支える部分とかは髪の油もついているので本当に汚いです。これやっている人いない人、一発でわかります。

付属のタオルにインテリアクリーナーをプッシュして汚れているところを拭き取るだけでプロのような仕上がりを実現できますので大変おすすめです。

親孝行しておくと車の頭金を出してくれたとか、教習所のお金を半分折半してくれたとか良い話聞くので是非この機会におすすめします。

沖縄県のおすすめの宿3選と穴場スポット。今噂の「GO TOトラベルキャンペーン」とは?前のページ

故障の時にも安心!牽引ロープ5選次のページ

関連記事

  1. 記事

    【2021年版】茨城県でおすすめする設備が整った車中泊スポット

    旅先で時間を気にしない、宿泊費のコスト下がる、といった理由で人気が高…

  2. 記事

    【速報】北米トヨタのオンライン新車販売がすごい!徹底解説!

    新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中、アメリカ市場ではオンライ…

  3. 記事

    エジプトでは交通事故に注意してドライブを!歴史ある街を堪能しよう!

    エジプトは歴史ある建物が多数あるので、観光を楽しむことができます。た…

  4. 記事

    モリタが主催!未来の消防車アイデアコンテスト

    消防車車両事業や防災事業を行っている「モリタ」という会社をご存知です…

  5. 記事

    国道17号 上武道路が4車線化に向け交通切り替えを実施。これにより渋滞緩和などが見込める模様

    5月7日に国土交通省の関東地方整備局の高崎河川国道事務所が、国道17…

  6. 記事

    エンタメ車両を2021年にヤマハ発動機とソニーが共同開発の件

    「エンタメ車両を開発する件について詳しく知りたい。」「ソニー…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    2021年 車で行けるカフェやかき氷屋さん in広島
  2. 記事

    暴走車。宮崎県で起きた平成の交通事故。
  3. 記事

    ボルボの名車「P1800」が限定復活?徹底解説していきます!
  4. 記事

    東海道57次の出発点の日本橋のあなたが恐らく知らない歴史とおすすめポイントをご紹…
  5. 記事

    山口県でサポカー試乗体験を開催!反響は?
PAGE TOP