自動車の運転に欠かせないフットブレーキ

   
 

自動車の走行速度を落とす時や停車する時に使うフットブレーキは、運転席の足元の位置にあり、右足で踏める様になっています。車輪の回転数を抑え速度を緩める機構があり、ディスクブレーキ、ドラムブレーキが普通自動車で使われています。一般的にブレーキと呼ばれるフットブレーキはブレーキペダルで操作する様になっています。

サイドブレーキと異なるフットブレーキの仕組み

エンジンブレーキとフットブレーキ、どっちがいいの?

車全般に採用されているフットブレーキ

自動車のエンジンを停止し安定した駐車をする為のサイドブレーキと異なり、走行中の自動車の速度の調整を目的としたフットブレーキ。足で踏み込む様に操作するアクセルペダルの左側に配置されており、フットブレーキを踏むと自動車に装着されている車輪にブレーキが掛かります。

停まっている自動車を動かす際に必要な運動エネルギーを蘇らせる回生ブレーキ、圧縮空気でブレーキシリンダを動かすトラックやバスで使われているエアブレーキなどもフットブレーキに含まれます。ドラムブレーキは自動車のブレーキで最初に開発されたもので、ディスク式のブレーキより安定性があります。

ブレーキを踏んだ力によって変化する車輪の回転

車輪と一緒に回転するブレーキドラムの中に、摩擦剤を貼ったブレーキシューというパーツを押し付け自動車を減速、停止させるドラム式ブレーキシステム。軽自動車やコンパクトカーのリアブレーキに使われている事が多く、ブレーキペダルを踏んだ力は倍力装置で力を増し車輪の回転を緩め自動車のスピードが減速したり、停止したりします

オートバイ、鉄道車両にも使われているディスク式ブレーキは、車輪と共に回転する円盤をブレーキパッドで挟み込む事で制動力を発生させます。ブレーキペダル、マスターシリンダー、ブレーキキャリパーなどディスク式のブレーキを構成するパーツがあり、欧米ではディスク式のブレーキが多く、重量のある乗用車にもディスク式ブレーキが採用されています。

目的が違うブレーキの種類

自動車に搭載されるブレーキは通常2種類あり、フットブレーキとサイドブレーキは使用される目的が別になっています。足踏み式や電動式になっているサイドブレーキは自動車の後輪に作用し、駐車場専用のブレーキでフットブレーキとは異なる役割を持っています。

トラブルを避けたいフットブレーキの故障

教習所では教わらなかったかも?4つのテクニック

ブレーキは自動車にとって重要なパーツ

ディスクブレーキのパーツであるブレーキパッドは、自動車を止める時に重要なアイテムで消耗品でもあります。車種や走行の仕方でブレーキパッドの交換時期は変わってきますが、目安となる交換サインがあるので、サインを見逃さずトラブルが起きる前に交換することをおすすめします

ブレーキパッドの加熱で起きるペーパーロック現象。長い下り坂などでフットブレーキを使いすぎるとブレーキパッドの消耗が早くなり、ブレーキの効きが悪くなります。ブレーキパッドの標準となる厚みは10ミリ程で、5ミリ以下になった場合は点検や車検時に交換することが望ましいでしょう。3ミリ以下の場合は直ぐに交換するタイミングと覚えておくことが望ましく突然ブレーキが効かなくなる前に交換しましょう。

ブレーキを使い過ぎるとすり減っていくブレーキパット

ホイールを外しブレーキキャリパーに取り付けられているブレーキパッドを見ると、ブレーキパッドの厚みが確認出来ます。内側と外側の2枚でローターを挟んでいるので、片方だけでなく内側と外側の両方を確認する事が大事です。音やランプでブレーキパッドの残量を警告する機能がある自動車では警告に気付いた時点で交換する事が望ましいです。

ホイールに付いたブレーキダストも洗い流せるコーティング剤

粉塵となってホイールに付着する汚れはカーシャンプーでも中々落とせず、洗車で落とせない程汚れてしまう場合があります。専用シャンプーで突き刺さった様な汚れを落とし、コーティング剤を塗るだけでホイールが綺麗なるコーティングキット。1度施工すると汚れるスピードが遅くなり、撥水効果もあるのでホイールを洗う手間も省けます。

走る、止まる、曲がるの自動車の三大性能。ブレーキシステムは止まるという役割を持っています。走行中に車体が大きく揺れるのは、フットブレーキを踏む際に脚全体に力を入れているからで、足だけで踏むと静かに減速したり止まる事が出来ます。自動車運転の基本はアクセル調節で、必要以外にブレーキを踏むとブレーキの減りが早まるだけでなく、周りのドライバーに迷惑をかけます。スムーズに走行出来るよう安全運転を心掛けましょう

avatar
車の点検などは定期的に行いましょう!

使い続けた部品が劣化して事故に繋がるかもしれません!

シートベルトストッパーってどんなアイテム?おすすめのシートベルトストッパー2選!前のページ

3つに分けられる過給機次のページ

関連記事

  1. 記事

    多連スロットル化が人気の理由は?チューニングは上級者向け?初心者にもわかりやすく解説!

    パワーが感じられる独特の音やビジュアルから、長きにわたり人気を集める…

  2. 記事

    輸入車販売業者はここ!北海道でリーズナブルな価格で良質な車ばかり!

    日本最北端の地、北海道。美味しい空気と、綺麗な空、そして、爽やかな緑…

  3. 記事

    車で行こう岐阜県のお勧め釣りスポットを紹介! 

    岐阜県で車で行けて楽しめる、駐車場付きのおすすめ釣りスポットを紹介し…

  4. 記事

    亀岡電子の新製品低価格浸水検知センサーとは?災害を未然に防ぐ効果!?

    ここ数年日本各地で繰り返される豪雨災害。地球温暖化の影響で、急なまと…

  5. 記事

    石川県でハイキングやトレッキングを楽しむカーライフ

    2020年代に入り、感染症の影響で自宅時間が増えている方が多くなって…

  6. 記事

    愛媛県を車で回ろう!MVやドラマロケ地おすすめ3つ!

    愛媛県を舞台にしたMVやドラマロケ地を紹介します。美しい自然とどこか…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    【ドライブコース】新潟県民におすすめドライブコースを4つ紹介!
  2. 記事

    神頼みも忘れずに!熊本でおすすめの交通安全お守りと神社を3選紹介!
  3. 記事

    カッコいいけど違反じゃない?車検に通らない改造をまとめてみた!
  4. 未分類

    なぜベンツオーナーはCarZootホイールコーティング剤を施工するのか?
  5. 記事

    車が好きな彼氏に贈りたいカー用品は?興奮まちがいなしのグッズ9選!
PAGE TOP