自動車のリコールで多い部分を徹底調査!リコール情報を要チェックしよう!

   
 

あなたは「自動車のリコール」という言葉を聞かれたことはありますでしょうか?世界中で頻発している自動車のリコール問題。今回はこのリコールについて詳しくご紹介していきます。どのあたりの部位でリコールは起こるのでしょうか?

自動車のリコールとは何なのか?

まず、リコールとは何か?というところからお話します。リコールとは、自動車の製造過程に起こるミスに起因する装置の不具合が起こった時に、無償で対象の車両を回収し修繕してくれる行為になります。もちろん、メーカーは国土交通省に届け出なければいけません。また、メーカーだけでなく、輸入業者も同様のリコール対応をする義務があるのです。

自動車のリコールで良く起こる部位に関してランキングで発表!

ではここで、自動車業界でよく起こっている、リコールの部位をランキング形式でご紹介していきます。今後、リコールされる件数は今までよりもさらに増えていくことが予測されています。

【第1位】エンジン

リコール件数が多い自動車の部位、第1位は「エンジン」です。やはり、エンジントラブルで自動車に不具合が出るトラブルはなかなかなくならないのが現状。ましてや、今現在はアライアンス強化などが行われ、世界中の自動車の部品は共有化される流れになっています。

そのため、不具合パーツが1つ見つかると、リコールが全世界に広がって起こってしまう状況になっているのです。ちなみに、エンジンのリコールは、リコール全体の13.5%になります。

【第2位】トランスミッションや電動軸、差動歯車など

リコール件数が多い自動車の部位、第2位は「トランスミッションや電動軸、差動歯車など」です。これは、エンジンから出力されたパワーを車輪に伝えるための装置に該当します。ここでも、同様にアライアンス強化の流れは進んでいるので、リコールは増えて行っているのです。全体のうちの10.6%に該当します。

【第3位】電気装置

リコール件数が多い自動車の部位、第3位は「電気装置」です。現代の自動車は、ハイブリッド車が主流になりつつあります。エンジンは電力供給に使われていますが、実際に車軸を回しているのはモーターになりつつあるのです。車内の電気装置はこれから先もどんどん増え続けるでしょう。つまり、電気装置のリコールはまだまだ増えていくことが予測されます。リコール全体の10.2%に当たります。

リコール後はCarZoot社の硬化型ガラスコーティング剤 『G’zero』プレミアムセット A-01でピカピカ愛車にしよう!

というわけで、今回は自動車のリコールに関して詳しくご説明してきました。様々な要件でリコールが発生し、そのリコールが世界中に拡大していることがよく分かりました。もしあなたの愛車がリコールで工場に連れていかれた場合、私はそのリコール明けの愛車に、CarZoot社の硬化型ガラスコーティング剤 『G’zero』プレミアムセット A-01を使われることをおすすめします。簡単に商品の特徴を見ていきましょう。

・プロが実際に工場で使っているコーティング剤と同じ成分なので、プロ並みのガラスコーティングを手に入れることが出来る

・下地処理からコーティングまでに必要な道具が全てパッケージ化されているので、商品が届いたその日から施工を行うことが出来る

・初心者でも簡単な4つの工程をこなすだけで、ムラの無い綺麗なガラスコーティングを実装できる

・専門の業者に依頼すると10万円はかかる費用が、たったの3,980円で済んでしまう

このように、素晴らしい内容の商品になります。私もこのコーティング剤の愛用者ですが、本当に強固なコーティングが出来るので、非常に気に入っています。あなたも、リコール明けの愛車に、コーティングを施工してみませんか?

avatar
何か不具合を感じたら確認してみよう!

もしかしたらリコールかもしれません!

337拍子を刻む道路が存在? 所在地とその理由、費用は?前のページ

茨城県で輸入車を買うならここがおすすめ!リーズナブルで安心!次のページ

関連記事

  1. 記事

    ガソリンのオドメーターのオドとは?

    車やバイクの総走行距離のことをオドメーターと言いますが、オド…

  2. 記事

    大分県の免許センターはここ!詳細をまとめて紹介!

    温泉が有名な大分県。観光地でもあるので、交通アクセスは比較的よく整備…

  3. デザイナーA

    福岡でトラックが洗車できるばい洗車場をまとめて紹介!

    福岡でトラックの洗車をしたいけれど、洗車場を見つけきれないという方も…

  4. 記事

    女性単身引っ越し宮崎県の場合どうする?【レンタカー編】

    引越し業者の人は、体格の良い男性の方のイメージが根強いです。女性の場…

  5. 記事

    トラックドライバーにおすすめの車輪止め!安く販売している場所を紹介

    車輪止めがタイヤを停止するための装置であることは既にご存知かと思いま…

  6. 記事

    トヨタとホンダが手を組んだ?災害支援のための共同開発!発電・給電システムを紹介 

    日本で有力な自動車メーカーと言えばどこを思い浮かべますか?トヨタとホ…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    クルマで出かけよう!秋田県パワースポット3選
  2. 記事

    千葉県のサービスエリアで山の幸・海の幸を堪能しよう!
  3. 未分類

    簡単に車の査定額があがる!ヘッドライトをきれいに見せるコツ
  4. 未分類

    QUIXX(クイックス) ヘッドライト用レストアキットが全然ダメだった件
  5. 記事

    滋賀県の絶対行ってはいけない心霊スポットとは!?
PAGE TOP