自動車に組み込む次世代技術「CASE」についてのトレンドを解説 

   
 

「次世代技術「CASE」に組み込む技術について詳しく知りたい。」

「林テレンプの会社概要について教えて。」

「CASEが気になる。」

このサイトをご覧になっている方は、このように思っているのではないでしょうか。

今回は、次世代技術「CASE」に組み込む技術について解説します。

1. 次世代技術「CASE」に組み込む技術

1−1 CASEと林テレンプの関係

林テレンプは音響趣味レーション装置を発売開始しました。

これは走行中の車内の音を再現することで、自動車メーカーがこれを元に防音材の計算のベースにすることができ、開発時間を短縮できるというメリットがあります。

電気自動車に取り込まれている次世代技術「CASE」を注力しているトヨタやテスラ車といったメーカーに売り込みをかけていく。

1−2 林テレンプの会社概要

  • 創業1910年2月
  • 資本金10億円
  • 売上高2,078億円(2020年3月期実績)
  • 従業員数1,877名(2020年3月)
  • 代表者代表取締役社長 林 貴夫
  • 本社名古屋市中区上前津1-4-5
  • 取引先国内自動車メーカーすべて

所在地:〒460-0013 愛知県名古屋市中区上前津1丁目4−5

2. CASEについて

2−1 CASEの4つの技術

モビリティの将来動向のキーワードにCASEがあり、

  • C(Connected:コネクテッド)
  • A(Autonomous:自動運転)
  • S(Shared & Service:シェアリング/サービス)
  • E(Electric:電動化)

これらのキーワードについて以下の通り解説します。

2−1−1 C(コネクテッド)

車通しがつながって、道路状況などの情報交換をすることです。

それには通信機を搭載して常に外部とコミュニケーションをとり、データを分析してサービスに活かすようにしています。

2−1−2 A(自動運転)

自動運転のレベル2まではすでに実用化がされていますが、条件付き自動運転レベル3が実現するには法規制の緩和が急務で障害となっています。

2−1−3 S(シェアリング/サービス)

所有しないことが将来的なコンセプトになるべく、車を共有するという意識改革を行い、サービスを購入するという時代になります。

2−1−4 E(電動化)

いわゆるEVの普及で、脱炭素社会を目指し、環境との調和を考えたクリーンエネルギーの位置付けとして大きな課題を解決していこうとする動きのことです。

2−2 CASEが注目される理由

2016年にパリモーターショーでダイムラーAGのCEOが初めて使った言葉で、注目を集め、影響を与えました。

CASEの技術要素を組み合わせて、安全で便利で次世代の自動車産業を再構築していくことが狙いです。

テスラなど自動車産業以外からの参入が著しい業界で、今までの固定概念では生き残れないということ。

大きく舵を切ったこの自動車産業でどこを未来に定め進んでいくのかを示す指針としてこのCASEは注目を集めているものだといわれています。

3. CarZoot社製 車消臭におい シートクリーナー

今回は、CarZoot社製 車消臭におい シートクリーナーのご紹介です。

特徴は以下の通りです。

・この消臭剤は原液ですのでご使用の際は15倍に希釈した上でご使用でき、大変経済的な製品です。

・車内に染み付いてしまった、タバコの臭いやペットのアンモニア臭を徹底分解除去します。

・日本において研究開発された製品です、日本人の体臭や臭覚、日本独特の気温や湿度を考えて開発がされています。そのため日本と日本人にあった消臭剤としてピッタリのため、必ずやお客様にご満足いただけると思います。

・驚きの消臭力を発揮しますが無香料タイプなので、匂いで臭いをごまかしてはいません確実に臭いを消しているんです。


・二酸化塩素が主成分のため、病院や飛行機の中で利用されるものと同じく人体やペットにも安心して使用できます。

・小さなお子様にもペットにも安心してお使いいただけます。

・プロも認める消臭剤ですので、実際の店舗でも利用されているほど信頼のある製品です。

・Amazonでは1,690円で販売中です。

4. まとめ「自動車に組み込む次世代技術「CASE」についてのトレンドを解説」

今回は、次世代技術「CASE」に組み込む技術についてご紹介しました。

・次世代技術「CASE」に組み込む技術について

・CASEについてについて

・CarZoot社製 車消臭におい シートクリーナー

今後、次世代技術「CASE」に組み込む技術について知りたい時は、是非このサイトを参考になさってください。

【知らなかった】電気自動車の利用方法とそのトレンドについて徹底解説 前のページ

日本車の生産を再開マレーシアの自動車トレンドについて解説次のページ

関連記事

  1. 記事

    千葉県で車で行ける植物園はこちら!インスタ映えの写真もバッチリ撮れます!

    関東地方の中でも、豊かな自然と暖かい海を堪能できるのが千葉県の魅力。…

  2. デザイナーB

    踏切で一時停止するのは日本ぐらい?海外は停止しない国の方が多い?  

    踏切で一時停止するのは日本だけなのでしょうか。海外では、一時停止せず…

  3. 記事

    懐かしい!漫画「カウンタック」のあらすじと魅力を徹底解説!

    コロナウイルスの影響で、 自宅で過ごす時間がかなり多くなってきました…

  4. 記事

    【初の首位】GMが自動運転の試験走行距離で年間100km超を記録!自動運転技術の開発競争が激しくなっ…

    米国ゼネラル・モーターズ(GM)子会社と、米アルファベット系のウェイ…

  5. 記事

    ホンダNSXタイプRは2021年に登場!?気になる噂に迫る!

    二代目のホンダNSXはハイブリッド化されて登場しました。そして昨年あ…

  6. 記事

    【恐怖の報酬】ウィリアム・フリードキン自画自賛の最高傑作

    エクソシスト等のオカルト映画で名高い、ウィリアム・フリードキン監督が…

新着記事の一覧

  1. シガーソケットを使い飲み物の保冷・保温をしよう!飲み物の保冷…
  2. 【2021年】Panasonic アンチグレアタイプ車載ディ…
  3. 【ホンダのモバイルパークパック展示】スマートグリッドEXPO…
  4. 東京メトロは列車混雑計測システムを本格運用!移動はどう変わる…
  5. 【プジョーの魅力】「プジョーモトシクル」 がブランドアイデン…
  1. 記事

    運転の初心者あるあるをご紹介!運転上級者は、初心者の行動を理解して無事故へ!
  2. 記事

    【和歌山県の目玉スポット!】ドライブで行きたいドッグランを紹介!
  3. 記事

    ガラスコーディング後に洗車機で行うと何がいいの?欠点ってある?
  4. 記事

    香川県では免許センターはどこにある?特徴をまとめて紹介!
  5. 記事

    兵庫県で安く輸入車が手に入る優良店舗を3つご紹介!
PAGE TOP