自分のボートをけん引したい!けん引をするのに必要な資格などを紹介!

   
 

海が好きなあなた。

この海で車のように自分でボートを操縦したいと思ったことでしょう。

釣りが好きな方なら、船で海釣りを楽しみたい!と思う方も多いはず。

いざ小型船舶免許をとろう!と思い教習所に通い取得しても、実際にけん引が必要かどうかわかりません。

今回は、自分でボートをけん引する方法をご紹介していきます。

どんな時にけん引するの?

たとえば、急に車が故障してしまい、近くのスタンドまでレッカーしてもらうなんてことはありますね。

その他に貨物車両を仕事としてけん引したり、キャンピングトレーラーをけん引するなど、様々なケースで行われます。

上記の故障車をけん引する場合は、特に免許はなくてもよいのですが、輸送・運送業など仕事として行う場合はけん引免許が必要になります。

avatar
こちらの記事もおすすめです!

牽引におすすめ!牽引フックをまとめて紹介!

ボートをけん引するにはどうすれば?

小型船舶免許を取得後ですが、自分のボートのサイズによっては普通免許ではなく、けん引免許が必要な場合があります。

まずはボートのサイズを見ていきましょう。

現在取得している、あるいはこれから購入したいボートの大きさが、普通自動車免許の制限を超えてしまう場合、けん引免許が必要になってしまいます。

「道路交通法」に定めによりますと、車輛の総重量が750kgを超えてしまいますと、けん引免許が必要です。つまり、750kg以下なら免許はなくても大丈夫ということです。

けん引車を含めた全長が12m以下であること。

そして幅が2.5m以内、高さが3.8m以内なら、普通自動車の免許で運転することが可能とあります。

けん引免許を取らずにボートをけん引する場合は、この点をクリアする必要があります。

もし上記の制限を超えるボートをけん引する場合は、別途けん引免許が必要になります。

見落としがちな制限重量

実は注意してほしいもう一つがあります。

制限重量です。

制限重量は、けん引するものの総重量です。

けん引するためのボートトレーラーであったり、ボートに乗せている物自体も制限重量に含まれるので、重量が引っかからないようにけん引車側に乗せることで、問題が解決できることもあります。

しかし、重要な問題はボートトレーラーにあります。

ボート・トレーラーはボートを積載するための専用のトレーラ(被牽引車)のことです。

ボートトレーラーでも種類は様々ですが、230kg程の重さがあるものが数多くあります。

ボートトレーラーを検討している場合は、必ずボートやボートトレーラーの重量についても再度検討しましょう。

けん引免許を取る場合

料金は場所によって様々ですが、一発試験で取る場合や、教習所での取得によって費用も日数も様々変わります。

もし最短で取得したい、できる限り早くが希望であれば、一発試験という方法があります。

しかし、一発試験の場合ですと、合格率が大変厳しく合格することは難しいようです。

教習所で取得する場合ですが、通学、合宿かで予算は変わってきます。短期集中で免許を取りたい方には合宿がオススメです。

けん引免許がとれない場合は?

様々な事情で、けん引免許の取得が難しいという方には、アルミボートという選択もあります。

アルミニウムで作られたボートは軽量ですので、重量規制に該当することもありません。

一人で積み下ろしできるサイズありますので、簡単にボートフィッシングを楽しむことが出来ますよ。

まとめ

ボートがあることで、今まで届かなかった場所から釣りをすることが出来るようになります。

海釣り経験者であれば、一度は憧れる物です。

しかし、その為には事前に準備することが必要になってきます。もちろん運転には高度な技術が必要となります。

運転に気を付けて、快適な海の時間を堪能しましょう。

avatar
本日のおすすめはこちら

藤枝MYFCスタジアムで応援したい人におすすめ!周辺で安い駐車場を紹介!前のページ

知らなきゃ損!コストコでお得に買える車用品を厳選してご紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    相鉄バスと群馬大学の運転席無人の自動運転大型バスの営業運行の実証実験を徹底的に調べてみた!

    今回相鉄バスと群馬大学が協力して、大型バスの自動運転の実証実験が行わ…

  2. 記事

    ガラスコーティングをするとどんな効果があるのか?

    巷では愛車の「ガラスコーティング」というものが話題です。あなたの愛車…

  3. 記事

    車のメッキの錆取りをDIYで!おすすめのクリーナーで感動の一瞬を!

    車のメッキの白サビに悩んでいる方は多いです。車のメッキは放置している…

  4. 記事

    「ロリポップ」はピットストップの際のサイン!F1用語に詳しくなろう

    「ロリポップ」は「棒付きキャンディー」という意味ですが、形が似ている…

  5. 記事

    【知らなかった?】フランスの救急車について徹底解説日本との違いは

    「フランスの救急車について詳しく知りたい。」「海外の救急車事…

  6. 記事

    【驚き?朗報?】スバルがピックアップトラックを開発しているとのスクープあり

    スバルがピックアップトラックの開発をしている、との大きなニュースが飛…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    東京都でタイヤを交換するならこのお店!スピーディーでリーズナブル!
  2. デザイナーB

    【ドライブ】夏と言えば肝試し!北海道の心霊スポットを紹介!
  3. 記事

    カーポートは壊れる心配がないのか?
  4. 記事

    【福岡県の板金屋】傷やへこみを直してくれるおすすめ店舗をご紹介
  5. 記事

    知ってる!?パトカーのサイレンの形がブーメラン型である理由とは?
PAGE TOP