脱炭素を目指すテスラの大型蓄電システム「メガパック」が日本に上陸

   
 

近年はクリーンエネルギーを使う動きがどんどん高まってきています。そんな中カリフォルニア州に本社を置く、電動輸送機器やクリーンエネルギー関連企業の「テスラ」が開発した「メガパック(Megapack)」が日本で初めて導入することが決定したと発表がありました。

そこで今回は注目の大型蓄電システムを解説していきたいと思います。

ゼロを目指す

メガパックのシステムによる蓄電容量は約3MKhの2964MKhで、太陽光発電や木質バイオマスによる電力を蓄えながら放電することで、エネルギーを安定的に供給しながらも自立できるようなシステムを目指します。

今回導入がされた地域は茨木県のつくばみらい市の「高砂熱学イノベーションセンター」です。こちらは2021年4月から稼働をスタートしており、429kWの出力結果を出しています。

高砂熱学工業株式会社は国内トップの空調設備工事関連企業で、このセンター内には太陽光発電や超小型木質バイオマスガス化発電などの再生可能エネルギーによる発電設備を備えています。

快適な環境とエネルギー

室内を快適な環境にしながら建物内で消費する1年間の一次エネルギーがゼロまたはマイナスになるような建築物を「Net Zero Energy Building」通称「ZEB(ゼブ)」と呼ぶように国では認証を行っています。

そして高砂のセンターでは、メガパックを導入したことによってこのZEBを実現しながら、施設全体で年間の一次エネルギーを75%以下に削減する建築物を目指す動き「Nearly ZEB」を行っています。

拡張性が無限大のシステム

現在テスラではメガパックと「Powerpack」を合わせて商業用、系統電力用として世界各地での導入を進めています。

Powerpackは近年では2019年に近鉄が導入したことで話題になりましたが、42基で総容量7MKhほどでした。しかしメガパックは1システムあたり約3MKhとかなり大容量です。

また温度管理システムやパワーコンディショナーなどが一体化しており、現場での施工時間より短くなり品質も向上することに成功しています。そして容量を1MKhなどに下げて設置することも可能となっています。

脱炭素!脱化石燃料を目指して

現在は自動車業界ではガソリン車を電動自動車に置き換えていますが、正直それだけでは不十分です。そのためメガパックを導入することで、より脱炭素や脱化石燃料の動きにも乗れることもあり今後導入が進んでいくかと思います。

現在普及している風力発電や太陽光発電に関しては、時間やその日の天気などに大きく影響されます。そのため再生可能エネルギーを利用し得た電力を有意義に活用するためにも、メガパックのようなシステムは必要だと言えるでしょう。

ここで注目したい所はメガパックの無限大の可能性で、システムを繋げることで、蓄電量も蓄電所も同時に拡張することができます。

たとえばアメリカやオーストラリアなどでは730MKhや450MKhなどの事例もあります。これから需要が増えることによって世界がクリーンになっていくことでしょう。

スマートウォッチ保護コーティング

キャリアも推奨しているCarZoot社のスマートウォッチ保護剤は、画面に塗るだけで硬度9Hのガラス被膜を形成することが出来ます。これにより様々な傷や汚れ、破損から画面を守ってくれます。

これは自動車のコーティング技術を利用したものなので、他社では真似できないCarZoot社ならではのものです。貼るタイプと違いフィルム剥げなどの心配がないので半永久的に画面を守ってくれます。そして貼る際に気泡が入る心配もないので綺麗に画面を覆ってくれます。

スマートウォッチの画面を保護したいとお考えの方は是非「CarZoot社のスマートウォッチ保護剤」をご利用ください。

6月23日アメリカでインフィニティの新型情報発表!秋ごろの発売に向けての動きか前のページ

ワキプリントピアが歴代GT-R車のロゴを使用したステッカーが発売開始!名車や名作漫画、アニメ関連グッズを作る「キャライフ」って どんな会社?次のページ

関連記事

  1. 記事

    日本では希少な「シボレー・ブレイザー」の魅力をチェック!中古車相場はどうなっている?

    シボレー・ブレイザーは、GM(ゼネラルモーターズ) がシボレーブラン…

  2. 記事

    愛知県にはきれいな夜景を見られる穴場スポットあり!デートにもおすすめ!

    愛知県にはきれいな夜景が見られる穴場スポットがあります。愛知県で夜景…

  3. 記事

    石川県でご当地ラーメンを堪能!車でアクセス可能なラーメン店を紹介!

    石川県はグルメで有名ですが、ラーメンも人気です。近隣の県から訪れる人…

  4. 記事

    2021年バス利用者に朗報!NAVITIMEで「バス混雑予測」を提供へ!

    車の移動にNAVITIMEを使っている方は多いでしょう。渋滞予測など…

  5. 記事

    【富山県】朝日町で1月に発生したトラック事故とは?県内の交通事故についてもご紹介します

    日本にモータリゼーションがもたらされたのは1960年代です。以降、交…

  6. 記事

    宮崎県で「生駒高原」から「綾の照葉大吊橋」までドライブを!2021年のリフレッシュにおすすめスポット…

    宮崎県は自然豊かであり、他では見られない自然に関連した魅力的なスポッ…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    車業界にも影響あり!アイシンが2030年ビジョンを発表!電動化部品や脱炭素につな…
  2. 記事

    生活には必要不可欠なバキュームカーとそのスペックなどを紹介
  3. 記事

    フェラーリ812GTOの最新情報をご紹介!SF90 Stradale Spide…
  4. 記事

    鳥取県の犬とドライブするならここ!ストレス解消スポットを紹介!
  5. デザイナーB

    世界中の輸送を守るUDトラックスのエンブレムについて解説
PAGE TOP