脱出用ハンマーが必要な理由!

   
 

ゲリラ豪雨や台風など記録的な大雨で、水没した車内に閉じ込められてしまう危険が、昨今、日本中で起こっています。また、事故によって車内に閉じ込められてしまうという危険は誰に怒ってもおかしくはありません。

そこで、脱出用のハンマーの必要性や使い方またおススメのハンマーなどをご紹介していきたいと思います。

水没の恐ろしさ

なぜ、いま脱出用ハンマーが注目を浴びているのでしょうか。

電気系統が故障

最新の車は電気部品が多いこともあり、水没すると操作が不能になる危険性があります。加えて、気温の上昇や、空気汚染もあり窓を閉めて走ることが多いこともあるため、水没時の脱出経路が遮断されてしまうことが多々あります。

義務化

発煙筒と違い、脱出用ハンマーの装着は義務化されていません。ですが、災害大国、日本では是非とも装備してほしいものの一つだといえるでしょう。

危険水位

30センチ以下であってもブレーキ機能は低下します。

50センチになればエンジンに水が入るので、いつエンジンが止まっても不思議ではありません。エンジンが停止すると、パワースライドの窓は開かなくなります。

セダンタイプであれば60センチミニバンタイプであれば90センチになると水圧によってドアは開かなくなり、脱出ができません

冠水の場合、「まだ大丈夫」と思っている間に、水位が上昇して、車内から脱出できなくなってしまうことが多いので、早めの行動で自分を守るようにしてください。

ハンマーを使うときに気を付けたいこと

窓ガラスは素手では、割ることができません。そこで絶対に備えておきたいのが脱出用ハンマーになります。 

収納場所

ハンマーは、ダッシュボードや、サイドドアの収納部分などのすぐに手の届くところに置くようにしましょう。せっかく車内にハンマーがあるのに、トランクルームに入れてしまうと何の意味もなくなってしまいます。

窓を割る

車の窓ガラスは、衝撃に強く作られているので、多少の衝撃では傷がつくくらい。車の窓を割るためには、先のとがったハンマーが必要になります。

ハンマーでガラスを割る場合、フロントガラスではなくサイドウィンドウを割るようにしましょう。フロントガラスは粉々になりにくい作りになっているので、割るためにはとても力が必要となるためです。

ガラスを割る場所

水没時にはエンジンの重みで車体が前のめりになると想定されます。ですから、運転席や助手席のガラスが水没しやすいと考えてよいでしょう。

後部座席側のガラスは水没するまでにはほんの少しだけ時間的余裕があるので、前部座席が水没してきたら、後部座席のガラスを割ったほうが安全です。

ガラスを割る箇所

ハンマーで叩く場所は、ガラスの隅を狙うようにしましょう。隅に傷が入れば、水圧で全面にひびが入り、後は何度かある程度の力でハンマーを使えばガラスは割れるでしょう。ガラスの中央部を力いっぱいたたくと、勢い余ってガラスに手まで突っ込んでけがをしてしまうことがあるので気を付けたいところです。

完全に水没仕切ってしまったときには水圧がかからないので、ドアを開けることは可能だといわれています。

今一度、緊急脱出用ハンマーについて考えよう

いまだに緊急脱出用ツールとして認知度が高くありません。もちろん、こうした緊急脱出用ツールを使う機会などないに越したことはありません。

しかしながら、値段もそんなに高いものではありません。万が一のために常備しておいて、使い方をマスターしておくことをお勧めしたいと思います。そして、近い将来、すべての自動車ディーラーが付属品として、標準装備になる日が来るよう願ってやみません。

安全のためにもサイドミラーを撥水コート

ご紹介したいのは、[CAR ZOOT社】のサイドミラーコーティング剤。フロントガラスは気を付けているものの、案外忘れがちなのがサイドミラー。サイドミラーも撥水コートをしておくと雨の日の視界も広がり、安全運転にもつながります。

この商品はスプレーをして拭き取るだけ完了と、とても簡単。ムラになりにくく、どこでも簡単に施工できます。高い持続力と、1本で30回程度施工ができるというコストパフォーマンスの高さはさすが日本製。一度試してみてはいかがでしょう。

avatar
車が水没したときの対処法を知っておこう!

ハンマーを常備しておくのもおすすめだよ!

和歌山県で釣り人をする人は必見!家族連れで車でもいける釣りスポットを紹介!前のページ

アイドリングストップ機能は使うべき?メリットとデメリットを正しく理解し快適なエコ運転を次のページ

関連記事

  1. 記事

    岡山県の肝試しはここで決まり!夏は心霊スポットへドライブ⁉

    岡山県をドライブする際には、ぜひ心霊スポットにも立ち寄ってみましょう…

  2. 記事

    駐車場の経営って難しい?土地を駐車場にするメリットとデメリット 

    ご家族や親せきから託された土地の使い道に悩んでいることはありますか?…

  3. 記事

    モンテカルロの現在は? イエローハットとの関係性を紹介 

    中国地方を中心に展開していたカ-用品店「モンテカルロ」をご存じでしょ…

  4. 記事

    レンタカーショップを4店舗紹介!富山県から引っ越し予定の方は必見!

    北陸地方に位置する富山県。日本の中心の丁度北側になります。雪深いイメ…

  5. 記事

    車内は大丈夫?運転中などに雷と遭遇した時の対処法を紹介

    車の運転中に急に「稲光」を見たことは無いでしょうか?雷というのは、急…

  6. 記事

    GO TO トラベルキャンペーンで車で食べ歩き+千葉県の宿でリフレッシュ!

    千葉県は海に面しているのでおいしいものが多いですよね!せっかく「GO…

新着記事の一覧

  1. 福島県の警察マスコットキャラクターは福にちなんだキャラクター…
  2. かわいいルリちゃんが、栃木県の警察マスコットキャラクター!そ…
  3. 【青森県警察】アンナちゃんと他にも沢山!大人気なキャラばかり…
  4. 秋田県の警察マスコットキャラクターまもるくんなどなど、一挙ご…
  5. カモンくんは山形県の警察人気のマスコットキャラクター!特徴を…
  1. 未分類

    【消臭】プロが推奨する車の臭いの消し方について
  2. 未分類

    中古車買取専門店の査定士がみるポイントとは?(ヘッドライト編)
  3. 未分類

    おすすめの車内消臭剤は?適切な消臭剤の使い方を紹介!
  4. 記事

    福井県でもお遍路参りが可能?このお寺だけは絶対に行ってほしい!
  5. 記事

    ハマーの車種はこれがおすすめ!
PAGE TOP