緩やかさが心地良いトヨタ・パブリカの走り

   
 

東京オリンピック開催や東海道新幹線が開通した昭和30年代。当時のトヨタは、タクシーを専用としたトヨペット・マスターを生産しており、国民車育成要綱案が発令されてから、小型乗用車に位置するパブリカを生産します。トヨタのコンパクトカーの元となるパブリカは、飾り気のない質実剛健で質素な形から始まっています。

現場主義者社長の発案

【エンスーの杜】トヨタ パブリカ デラックス UP20 Toyota Publica Deluxe

構想は大衆車

政権交替される1955年体制の確立から始まった昭和30年代。セダン型の乗用車を販売していたトヨタは、通産省が発表した国民車構想に則りパブリカを開発します。トヨタ自動車工業の5代目社長が技術担当専務であった時代に、前輪駆動大衆車として発案されていたパブリカ。500ccから600cc級のモデルで、トヨタがタクシー用に販売していた小型車をワンランク下げた車両でした。

当時のトヨタ自動車のリッターカーで最小クラスはトヨペット・ライトスタウトの1000級乗用車になり、ヨーロッパ諸国で小型車が出回っている事を知り、パブリカの開発に着手します。日本の自動車メーカーを刺激する小型車の存在。トヨタも大衆車に向けた構想を練っており実現に向け一歩を踏み出します

パブリカの基本構造

通産省の構想を前提にパブリカを生産するトヨタ。性能を制約される中で、試行錯誤しながら試作車が出来上がります。パブリカ専用工場が建設され量産体制で生産されたものは、全長3,500ミリメートルと質素なボディに、キャビンとトランクの部分の区別が分かる乗用車となっています。

パブリカの初代は、シンプルなデザインになっていますが、大人4人が座れるスペースが確保されており、当時の乗用車としてはゆとりがあります。また、トランクが独立しているところがパブリカの長所と言えます。タイヤの中心より外側に被さる様に造られたエンジン構造に、固定支持されるプロペラシャフトの位置を低くするなど努力がなされています。

https://www.goo-net.com/usedcar/brand-TOYOTA/car-PUBLICA/(トヨタ・パブリカ/グーネット)

博物館に展示されている

旧車 パブリカ700 Publica 同乗体験 空冷2気筒 エンジンサウンド

3店舗あった販売店

トヨタが生産する自動車史上で唯一となっている空冷エンジンを搭載したパブリカは、トヨタ自動車のディラーの1つトヨタ店とトヨペット店、現在ではカローラ店になっているパブリカ店で販売されていました。パブリカをキーワードとしたCI戦略などで販売を行っていたトヨタは、全国展開を目指しディーゼル店でもパブリカを取り扱う様になります。

デラックスになったパブリカ

パブリカの販売時は自動車を手にする事が人々の夢という時代で実用性は勿論、ボディのデザインや車内の装飾に高級感が求められていました。自動車の運転デラックス化が進む中でトヨタは、クラッチ操作をを自動化したセミオートマチック仕様となるパブリカの派生モデルを導入します。

全国展開

安価で購入出来る様になったパブリカは、小さくて軽いながらも高性能を発揮する車となり、量産化されていきます。リクライニングやヒーター、ラジオを搭載したパブリカは、トヨタの独自企画で人々のニーズに応える自動車になります。2台目とパブリカの販売は1969年からで、カローラに搭載されていた1,100ccエンジンを小さくしたエンジンを主力としています。

団塊世代に向けた商品

パブリカを販売してから8年後の日本は高度経済成長期に入った時代となり、1945年に誕生した人達が運転免許を取得する年齢に達した年に、パブリカの対象者を若者にしていきます。パブリカが大衆車という位置を確立しながら若者の目を惹くエントリーカーを展開し、パブリカを抽象的なムードに変えるトヨタ。当時人気上昇中であった俳優・石坂浩二をCMに起用したり、カローラと同じエンジンに変えるなど幾度かパブリカの変更が行われています。

https://www.carsensor.net/usedcar/bTO/s143/index.html(カーセンサー/トヨタ・パブリカ)

車のコーティングを維持するメンテナンス剤

ボディに付着する、イオンポジテッドやウォーターポジテッドを最小限にするメンテナンス剤。コーティング層を活性化させ、ボディに付着した汚れを落とす除去剤も配合されているCar Zootのコーティング剤は光沢と撥水力があり、高い品質を実感出来るようになっています。

日本の成長と飛躍を遂げた1955年。時代を動かすエネルギー源は自動車業界にも波が押し寄せ、トヨタは大衆車となるパブリカを開発します。戦後長い間個人で所有が難しくなっていた自動車の保有。国が発案した国民車構想では、自動車産業に大きく影響し、パブリカの登場は大衆路線へ重要な土台となっていきます。セミスポーツタイプとして愛用されたパブリカは、昭和の名車と言える1台です。

昭和から平成に掛け活躍した日産バネット・バン前のページ

モデルチェンジして走るトヨタ・ビスタ次のページ

関連記事

  1. 記事

    千葉県でおすすめする2021年車で行ける桜の花見スポットを紹介! 

    今年のお花見は気軽に行けない状態でどうしようと迷っている人は多いので…

  2. 記事

    車が主役!インスタ映えアイテムを8選紹介!

    SNS人口が増えている今、インスタグラムなどに自分の愛車を中心に投稿…

  3. 記事

    通報機能あり!パイオニアのドラレコが圧倒的に進化を遂げた!その中身とは?

    あおり運転の事故も多く発生しています。怖い思いを体験した方も多いので…

  4. 記事

    【2021年版】自然豊かな岩手県でかき氷やスイーツを味わおう!車で行けるおすすめ店をご紹介

    岩手県といえば、わんこそばや前沢牛など美味しいものが沢山ありますね。…

  5. 記事

    海外旅行へ行きたい!ジョージアの渡航・交通の最新情報をご紹介

    新型コロナウイルス感染症拡大で、なかなか海外旅行に行けない日々が続い…

  6. 記事

    【2021年版】30代!春のドライブにおすすめのファッション3選

    コロナウイルスの影響で自粛が高まる中、ドライブに最適な季節がやってき…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    東京都では死亡事故が発生!事故多発スポットをチェックしておこう!
  2. 記事

    京都のグランピング施設 『deluxusアウトドアリゾートLABO京丹後美浜』!…
  3. 記事

    アウディは今年も元気!アウディジャパンがSUPER GTやスーパー耐久などをサポ…
  4. 記事

    車のアルミホイールを塗装する上手な方法とは?塗料の選び方も解説!
  5. 記事

    広島県には事故が多発する交差点あり!広島県の事故発生状況をチェックしよう
PAGE TOP