締め忘れに注意!車体トラブルを起こしかねないガソリンタンクの開けっ放し!

   
 

車やバイクのガソリンを、ガソリンスタンドで給油した後にガソリンタンクの蓋を開けっ放しにしてしまうと自然に減ってしまうガソリン。気温やガソリンタンクの形状によって揮発量の変化がありますが、密封されていない空間ではガソリンは揮発し気体へと変わります。危険性を伴うガソリンタンクの締め忘れ。どんな危険性があるのでしょうか?

給油中にも空気中に放出される微量のガソリン

車の給油口キャップの閉め忘れで起こるトラブルを防ぐ方法!

近年ではセルフスタンドが多くなり、自分でガソリンタンクの給油キャップを開け閉めする機会が増えています。給油中にコンマ以下のガソリンが揮発しており、蓋を締め忘れて長時間放置しておくとガソリンがどんどん減っていってしまいます。又、揮発性の高いガソリンに静電気などが起きれば火が付いて爆発してしまう恐れもあります

ガソリンを満タンに入れ蓋をせず走るとガソリンが溢れてしまい車のボディやバイクに付着し、そのまま放置すると塗装が溶けて変色を起こし車両を傷つけてしまいます。ガソリンが付着した後直ぐに拭けば問題はないのですが、塗装が取れてしまうと車体が錆びていき修理代も掛かってしまいます。

車を持っている人はお金持ちと思われていた昭和時代。当時は給油口の蓋に鍵が付いていなく誰でも開け閉めすることができていました。ガソリンタンクにお砂糖を入れるという悪戯が流行ったエピソードがあり、お砂糖とガソリンが混ざるとガソリンポンプやフィルターが故障したりエンジントラブルを発生してしまいます。

https://www.goo-net.com/pit/magazine/30409.html(ガソリンタンクに異物が混入した場合の対処方法)

燃料メーターの減り具合を見て最悪のトラブルを避けよう

鼻をつくような特有な匂いを放つガソリン。給油口を締め忘れていると匂いの成分が外に漏れていると思われ、トラブルの原因となります気化したガソリンが車周辺に漂っていて気付かずにタバコに火を付けようとしたり、静電気が発生するとガス爆発が起こってしまい自分だけでなく周りを巻き込んでしまいます。燃料メーターの減りがいつもより早いと感じたら先ず、給油口の蓋がしまっているか確認する事をおすすめします。

ガソリンタンクの蓋を紛失しまった時は、速やかに燃料を補給したガソリンスタンドに問い合わせてみましょう。スタッフがいなかったり、蓋が見付からなかった場合はディーラーか、カー用品店で新しい物を購入する事をおすすめします。マグメット式の蓋置き忘れ防止が備わったアイテムなどを使って給油後の締め忘れをしないよう工夫してみてはいかがでしょうか?

車にガソリンキャップを置くところを付ける

給油口の蓋を紛失してしまった時の応急処置としてビニール袋や食品用ラップを使う事が出来ます。ガソリンと接触しても化学変化が起こりにくい性質の物を使い、ビニールやラップに穴が開かないよう何重かにして蓋を塞ぎます。給油口と巻いたビニールをガムテープや紐でしっかり固定することで一時的な蓋の代用となります。燃料タンク内にビニールなどが混入しないよう注意が必要で、応急処置が直ぐに出来ない場合は新しい蓋を準備した方が良いでしょう。

頑固な水垢やウォータースポットを綺麗にするCarZoot のオールインワンセット

市販品や洗車などで落とせないウォータースポットやイオンデポジット。弱めのウォータースポットを取り除いてくれる専用シャンプーで殆どの水垢が取れます。シャンプーで落としきれないウォータースポットは、ノーコンパウンドのクリーナーで落とせ施工に必要な物が全てセットになっています。車のボディを傷つけない2剤式のアイテムで新車気分を味わってみてはいかがでしょうか?

人間で言えば水や食料となるガソリンは、車にとって必要不可欠なものになります。給油口の蓋を開けっ放しにしておくとガソリンを抜かれる恐れもあり車を安全に運転するには給油口の蓋が安全にしまっている事が前提になります。ガソリンタンクの、蓋の締め忘れは身近な問題という事を頭において、締め忘れのないよう日頃から注意しましょう。

タイヤがスリップ!?原因と対策を徹底解明前のページ

車の左側通行の日本と同じように左車線の国はどこなのかご紹介します!次のページ

関連記事

  1. 記事

    アバルト社って、どんなメーカー?その歴史や代表的な車を徹底解説!

    街中でフィアットに似ている車を見かけることがあるのですが、サソリのマ…

  2. 記事

    フィアットらしいコンパクトカーグランデプントの魅力を解説!中古でも買える!

    あなたはイタリアの自動車メーカーフィアットがかつて製造していた「グラ…

  3. 記事

    自動車骨格部分が主力!【エイチワン】の事業内容や株価を徹底解説!

    株式会社エイチワンは、1939年に平田工業株式会社として設立し、自動…

  4. 記事

    半導体不足でアメリカが供給方法を見直している!今後どうなるのか解説!

    アメリカは11の記者会見で、半導体の供給網を見直す表明をしました。今…

  5. 記事

    新発売、「Gジェッター」とは!?

    自動車の洗車は、自動車のオーナーであるすべての人にとって欠かせないイ…

  6. 記事

    宮城県ならここ!交通事故に強い弁護士と法律事務所を紹介!

    交通事故にあったらどうして良いか分からないことが多いという人は多いの…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    荒川区にはトラックを駐められる駐車場が多数!
  2. 記事

    カラオケ店で有名な第一興商がキッチンカー業界に参入!今後の展望は?
  3. 記事

    香川県では交差点での事故が多い!特徴を紹介!
  4. 記事

    【神奈川県にお住まいの方!】カーポート業者のおすすめ3店と選ぶポイント!
  5. 記事

    車の内装をカスタマイズ!腰痛撃退の車用クッション&座布団のトレンドとは
PAGE TOP