空飛ぶクルマが2025年大阪万博で実現する⁉

   
 

空飛ぶクルマと聞くと、ほとんどの人が近未来SFの絵空事だと思ってしまうのではないでしょうか。しかし近年の自動車技術の進歩は目覚ましく、このフィクションの象徴のような乗り物が実際に私たちの手元に届けられる日もそう遠くはなかったりします。

2025年大阪万博で空飛ぶクルマを展示

空飛ぶクルマの開発は実は各国がしのぎを削っている状態で、どの国もほかの国に先駆けて実現化すTることを目指して、国を挙げた一大プロジェクトとなっています。日本でも2021年5月21日に、国土交通省が経済産業省と合同で「空の移動革命に向けた官民協議会」を開きました。しかもこの会議は今回が初めてではなく、5月21日の会議は第7回目となっており、かなり前からプロジェクトが進行していることが分かります。

今回の会合より日本最大の自動車企業であるトヨタ自動車をはじめ、各損害保険会社など計10社が新たに構成員として参加しており、様々な分野からの意見を聞きながら夢の実現に向けて動き出しており、この会合で2025年大阪万博において、空飛ぶクルマを実装し、設置することが決定しました。したがって、もしこのプロジェクトが順調に進めば、もう間もなく空飛ぶクルマを実際に私たちも目撃することが出来るというわけです。

空飛ぶクルマが実装されることでどうなる?

もし空飛ぶクルマが実用化され、一般家庭でも購入できるようになれば私たちの生活が激変することは明らかですが、具体的にはどのように変化するのでしょうか。まず、空飛ぶクルマが具体的にどのような形状のものになるのかというと、現在すっかり私たちの日常に溶け込み、主に映像面で大革命を起こしたドローンの巨大版と考えてもらえばイメージしやすいでしょう。

正式には「電動垂直離着陸型無操縦者航空機」、略してeVTOL (イーブイトール) とも呼ばれており、人間を乗せた状態でドローンと同じように垂直飛行が可能になります。垂直飛行が可能になるという事は、従来の飛行機のような滑走路は一切不要となるので、省スペースで発進、着陸が可能です。

しかし、開発が進めば、まずは私たち一般家庭への普及よりも先に自衛隊や消防、警察などへの支給されるでしょう。垂直飛行できる有人飛行の空飛ぶクルマは、何と言っても災害時や犯人追跡時においてとてもメリットが大きいです。まず基本的に空中飛行となるので渋滞の心配がなく、入り組んでいる都市部でも最短距離を移動することが可能となります。犯人を追跡する際も空からであれば現在地の確認が容易となるでしょう。

また飛行機が着陸出来ない狭い足場などにも着陸出来ますし、救助の際も垂直飛行が容易なことから、遭難者の居る場所へ素早く近づくことが出来ます。そして物流分野においても空飛ぶクルマによる恩恵はとても大きいでしょう。将来的に荷物をたくさん積める大型の空飛ぶクルマが開発されれば、トラックに代わる輸送手段となることは間違いありません。

すでに実験段階では有人飛行に成功している

あまり知られていませんが、実は人を乗せた空飛ぶクルマというのは、実験段階においては既に飛行に成功しています。2020年8月にSkyDrive社が日本でははじめて有人飛行の公開試験をすでに成功させていて、この分野では国内最先端を走っています。そして同社の福澤社長は、大阪万博での公開を待たずして、2022ねんから2024年ごろには空飛ぶクルマが実際に市場に出回るのではないかという予測も立てており、その市場規模は自動車市場の3分の1にまで拡大するという資産も出しています。

夢が現実のものに

私たちは目覚ましい技術革新により、これまで夢物語と思われていたことを現実のものとしてきました。そして夢物語の象徴ともいうべき空飛ぶクルマもまた、実用化はもうすぐそこまで近づいています。実用化までには搭載するバッテリーの問題や安全面などといった課題が残されていますが、それらがクリアすれば有人飛行のクルマが上空を日常的に飛び交うといった情景を目撃するのはそう遠い話ではありません。

美しく丈夫なタイヤを維持

タイヤは自動車のなかでも最重要パーツのひとつですが、ボディと違ってそれほどメンテナンスはされないものです。こちらの商品は塗り込むことによってタイヤにツヤを復活させるだけではなく、コーティングによってヒビ割れなどの劣化も防いでくれます。

アキュラが「Sタイプ」を13年ぶりに復活!ボディカラーはインパクト抜群!前のページ

鉄道ファン必見!としまえんの模型列車で使われていたレールを販売!次のページ

関連記事

  1. 記事

    ホンダがEV製造時のCO2排出量公開を検討?公開することで得られることとは?

    電気自動車(EV)の普及が急速に進んでいます。環境に優しいことが一番…

  2. 記事

    ウェイクは多目的に使える軽自動車!スペックや内装にも着目!

    ダイハツが販売する軽自動車、ウェイクの性能はご存じですか。さまざまな…

  3. 記事

    貸切バスを群馬県で借りたいならこちら!コロナ対策もバッチリ!

    東京から高速道路ですぐに行ける北関東の代表地、群馬県。そんな群馬県で…

  4. 記事

    世界初 自動運転レベル3 レジェンドを2020年度以内に発売へ 

    2020年11月11日、国土交通省はホンダのレジェンドに、自動運転レ…

  5. 記事

    人生どん底の男の物語。ローガン・ラッキーの見どころとは?

    車の映画を見たことがあるでしょうか?映画というのは、楽しい感…

  6. 記事

    快適に車に乗れるサスペンションを作っているエフテックとはどんな会社?株式(7212)情報も紹介!

    車を快適に乗れている理由は、路面の凹凸を車体に伝えないサスペンション…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    2021年の東京九州フェリーの夏季料金発表!今年はコロナだがフェリーへの需要はど…
  2. 記事

    パナソニックとマカフィーが共闘!車のサイバー攻撃に備えた車両セキュリティ監視セン…
  3. 記事

    カー用品のネットショップ『ピックアップ』をご紹介!
  4. 記事

    【8.2秒展とは?】AGCと自動車インテリアデザイナーJAIDがタッグ
  5. 記事

    福井県のドライブで行きたくなる映画のロケ地を紹介
PAGE TOP