秋田県でのんびり蛍鑑賞!キャンプ場はもちろんカフェもあります

   
 

夏の風物詩と言えば海に花火、お祭りなど多数ありますが、その中でも幻想的な情景を見せてくれるのは蛍ではないでしょうか。

そして秋田県内では、多数の「ゲンジボタル」や「ヘイケボタル」が生息していると、秋田県の市役所がオープンしているサイト内でも紹介されています。

そこで今回はそんな蛍が見られる、おすすめのスポットをご紹介させていただきます。

蛍鑑賞を楽しみたい!

そもそも蛍が見られるのは、早いと5月の下旬から始まって7月の下旬まで見ることが出来る夏の風物詩です。

また蛍が活発的に生息する場所は、綺麗で流れが緩やかな河や田んぼなど近くの草むらです。また水の温度は下は15度、上は20度ほどが良く、エサのカワニナと呼ばれる巻貝の仲間が多くいることが条件となっています。

蛍がより見られる時間帯

蛍は一日中見る事が出来るものではなく、日が沈んでから1~2時間がピークとなり20時台がいいかと思います。

また風強くなく、晴れているよりは曇っていて20度以上の蒸し暑い夜がおススメで、逆に天気が良く雨が降っていたり風が強く気温が低い日、月明かりがある日はなかなか見る事ができないので注意が必要です。

蛍鑑賞のルール

蛍を見る際はある程度のルール、マナーがあります。

まず第一に捕獲したりはNGです。蛍鑑賞は「蛍狩り」と呼ばれることもあるのですが、あくまでも蛍の光輝きながら飛ぶ様を楽しむもので捕獲する物ではありません。

そして蛍は臆病な生き物なので、怖がらないように静かに見るようにしましょう。また明るい場所が苦手なので、写真を撮りたい気持ちを抑え心のシャッターで撮るようにしましょう。懐中電灯もやめましょう。

次に蛍はとても貴重な生物なので、その生態系を壊さないためにも蛍が生活している草むら、河に入らないようにしましょう。

そして近隣の住民に迷惑がかからないように、ゴミは持ち帰り大きな声で輪がないようにしましょう。

秋田県でおすすめの蛍鑑賞スポット

それでは秋田県でおすすめの蛍鑑賞スポットをご紹介させていただきます。今回紹介する場所は、山や川の近くなど自然の中なので観に行く場合は動きやすい靴と服で行くようにしてください。

森のテラス・ほたる鑑賞会

まず紹介するのは秋田県の北東に一位する、北秋田市にある山里のオープンガーデン「森のテラス」です。

昔から存在している畑や田んぼ、森林などの田舎風景を上手く利用し運営されている施設で、この森のテラスは東京都内でも運営されています。またこの施設は宿泊もすることが出来るので、蛍を見ながら寝泊りするといった貴重経験をすることも出来ます。

公式サイト:https://www.moriyoshi-morinoterrace.com/opengarden

  • 住所:秋田県北秋田市桂瀬字楢岱
  • アクセス:桂瀬駅から徒歩20分
  • 電話番号:03-3307-1987
  • 料金:環境の維持費500円(宿泊する場合は別途料金)
  • 営業時間:月曜定休 / 08:00~17:00

東成瀬村内一円・ぽよよんの森オートキャンプ場

続いて紹介するのは、東成瀬村内一円にある「ぽよよんの森オートキャンプ場」です。ここではキャンプを楽しみながら蛍鑑賞も行うことができ、お子様連れやカップルの方などにはとてもいい思い出になるのではないでしょうか。

キャンプ場をメインに、岩井川や椿川の近くでもヘイケボタルやゲンジボタルなどを見る事が出来ます。

このキャンプ場はペットの入場もでき、家族の方全員で蛍を楽しめます。またキャンプ場としては、夏は釣りも楽しめるのでアクティブに夏を過ごすことが出来ます。

公式サイト:https://www.higashinaruse.com/kanko_shisetu/poyoyon/

  • 住所:秋田県大仙市内小友余目地区
  • 見ごろ:6月中旬から7月上旬
  • 料金:無料
  • アクセス:車がおすすめで、秋田道「大曲IC」より15分(駐車場あり)
  • 電話:0187-68-2202(余目地域活性化対策いきいき会議協議会)

蝋燭と蛍のカフェ

雰囲気の良いカフェで蛍鑑賞を楽しむことが出来るのが「蝋燭と蛍のカフェ」です。7月に入ると蛍抜きでもとても風情ある情景をみることができるのですが、蛍が飛ぶ時期になると限定で、夜のカフェを楽しむことが出来ます。

蛍の幻想的な雰囲気とカフェの独特な雰囲気、その両方を楽しむことが出来ます。

  • 住所:男鹿市五里合琴川字前田109
  • アクセス:秋田市から車で約40km(約1時間)国道7号線で男鹿市内へ

公式サイト:http://kanon-coffee.com/2016/07/12/rousokutohotaru-4/

宮城県では5月頃から見れる?どんな蛍鑑賞スポットがあるの?前のページ

2021年発売か?原付きナンバープレートが一瞬で隠れる!ペダル付き電動バイクに取り付けられる「モビチェン」とは?次のページ

関連記事

  1. 記事

    【東日本編】今後行われる予定のドライブインシアタターイベントを紹介!

    様々なイベントが中止になり、息抜きができず、ストレスに感じている方も…

  2. 記事

    スバルSTIが2021年ニュルブルクリンク24時間レース参戦車をInstagramにてテスト配信!

     スバルは、日本ではお馴染みの自動車メーカーです。 そんなス…

  3. 記事

    BMWが限定車を発売!日本では7台限定のX7!どんな車か徹底調査!

    ドイツの高級車メーカーBMWはこの秋オンライン販売限定でX7エディシ…

  4. 記事

    【完全保存版】GOTOトラベルキャンペーン攻略法と石川県のオススメ宿ご紹介!

    コロナウイルスで憔悴した観光産業を復活させるために始まったG…

  5. 記事

    勝手に操作してくれる?トヨタのセーフティセンスとは?

    皆さんは車を購入する時に何を重要視していますか?車のかっこい…

  6. デザイナーB

    車に傷が…おすすめのコンパウンドを紹介!

    日頃から大切に乗っている愛車がちょっとした油断から擦り傷を作ってしま…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    中国のEV車と日本のEV車ってどういう風に違うの?   
  2. 記事

    袋井宿を解説!【27番目】行ってみたい観光スポットも合わせて!
  3. 記事

    三菱自動車のエテルナSAVAはギャランの姉妹車!
  4. 記事

    【車と釣り】釣りファンに人気の2021年度版車用ロッドホルダーを紹介
  5. 記事

    【速報!】2020年決定版!今年1番売れた三菱自動車の車を紹介します! 
PAGE TOP