秀吉関連史跡!醍醐寺 三宝院庭園へドライブしてみませんか?駐車場情報もお伝えします!

   
 

新型コロナウイルスの蔓延により、ニューノーマルな生活が強いられています。家にばかりいてストレスが溜まっていませんか?そこで注目してほしいのが庭園めぐりになります。屋外なので感染リスクが低く、車で行けばより安全でしょう。

今回は、おすすめ庭園である醍醐寺 三宝院庭園について徹底解説します!

醍醐寺 三宝院庭園ってどんなところ?駐車場も調べてみた!

醍醐寺 三宝院庭園とはどのような庭園なのでしょうか?さらにアクセス情報や周辺の駐車場情報についても詳しくお伝えします。庭園巡りに興味がある方は必見です!

醍醐寺 三宝院庭園とは?

醍醐寺は歴史がある寺院であり、創建はなんと平安前期の874年です。さらに平安後期の1115年には醍醐寺の本坊的な三宝院が創建されます。

醍醐寺の庭園ですが、安土桃山時代に該当する1598年にあの天下人である豊臣秀吉が基本設計を行い作庭家の賢庭(けんてい)等によって作られました。ただ完成は秀吉の死後で、1624年になります。

1952年には特別名勝および特別史跡に指定されており、1994年には古都京都の文化財の一つとして世界遺産にも登録されています。

見どころは枯山水に作られた賀茂の三石でしょう。砂利の側に置かれた3つの意志であり、なんとも言えない雰囲気を醸し出しています。岩によって川の水が砕ける様子を砂利で見事に表現されています。一見の価値どころか二見や三見の価値があるので、是非チェックされてはいかがでしょう。

ちなみに庭園内にはは茶室「松月亭」があり、その手前の滝石組があり壮観です。たくさんの石が滝をイメージさせるかのように配置されており、しかも苔などもついているので、趣きを一層深くしています。

醍醐寺 三宝院庭園のアクセス情報

  • 住所:京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
  • 電話番号:075-571-0002
  • 営業時間:3月から12月第1日曜日まで午前9時から午後5時まで、12月第1日用の翌日から2月末日まで午前9時から午後4時30分まで
  • 拝観料:大人1,000円、中高生700円、小学生以下無料
  • 駐車場:100台、普通車5時間以内700円、以降30分ごとに100円
  • 公式ページ:https://www.daigoji.or.jp/

醍醐寺 三宝院庭園の駐車場情報

第五時には100台の駐車場がありますが、レジャーの季節には埋まっているのが通常です。停められないときのことも考え、前もってコインパーキング等の情報を集めておくことをおすすめします。

以下の近隣のおすすめコインパーキングをご紹介します。

まず1つ目は東洋カーマックス 醍醐西大路町駐車場です。醍醐寺から約150メートルほどであり、徒歩で2分から3分程度です。住所は京都府京都市伏見区醍醐西大路町90-3 になります。20分あたり100円であり、入庫後12時間で最大700円になります。

次におすすめするのは東洋カーマックス 醍醐東大路町駐車場です。醍醐寺から約230メートルほどであり、徒歩3分から5分程度になります。住所は京都府京都市伏見区醍醐東大路町7番1 であり、20分あたり100円、入庫後12時間で最大700円になります。

車体をピカピカにしてくれるすごいコーティング剤をご紹介!ツヤ感撥水力が抜群にアップだ!

あなたは愛車のボディに満足しているでしょうか?色がくすんでいたり傷がついたりしていませんか?そんなときはコーティング剤を高性能なものに変えるのがおすすめです。

当サイトで推しているのが、CarZoot社の「[CarZootプロ仕様]【サっと塗るだけで驚くツヤ感と撥水力!】ポリマー系コーティングキット『G’Polymer Neo』」です。ポリマー系コーティング剤なので、持続力は1ヶ月程度しかありません。しかし驚くほどの光沢力を持っているのでモーターショーなどでも使われるほどです。

ムラになりにくく、初めての方でも問題なく利用できます。車のボディをもっと綺麗にしたい、と考えている方は、ぜひ利用を計画されてはいかがでしょうか?

心が洗われる!車で慈照寺(銀閣寺)庭園へ行ってみませんか?駐車場情報もご紹介!前のページ

鹿苑寺(金閣寺)庭園に車でいきませんか?駐車場情報もご紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    あなたはどう思われている?ディーラーで使われる隠語を徹底調査!

    ディーラー業界でも様々な隠語が使われています。接客時に変わった言葉が…

  2. 記事

    これさえあれば夜の自転車も怖くない!ウインカーが付いた特殊ヘルメットをご紹介!

    あなたは、夜間自動車を運転している際に、路肩を走る自転車の存在に全く…

  3. 記事

    【車の課題】日野のDE排気浄化システムが2021年触媒学会賞を受賞

    「触媒学会賞の日野DE排気浄化システムについて詳しく知りたい。」…

  4. 記事

    千葉県「八街バイパス」開通により混雑緩和に期待大?

    八街市街地周辺で問題となっていた渋滞を緩和するために整備されていた「…

  5. 記事

    【必見】稲城市で車の月極駐車場の安いまたはセキュリティが高い物件

    「稲城市の安いまたはセキュリティの高い月極駐車場について教えて。」…

  6. 記事

    【知らなかった?】茨城県下のセキュリティ対策できる車を徹底解説

    「茨城県下のセキュリティ対策できる会社について詳しく知りたい。」…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    ホンダのセダン!アスコットの特徴と中古車の販売価格とは?
  2. 記事

    トヨタの新型「アーバンクルーザー」が超話題になる理由!
  3. 記事

    2021年おすすめの道の駅は?北海道のトレンドを先取りしよう!
  4. 記事

    ミシュランの新発売タイヤ パイロットスポーツカップ2コネクトの特徴とは?
  5. 記事

    豊田通商が後続車無人隊列走行を実現!運送業界が人手不足の理由とは?
PAGE TOP