神奈川県の古い城や遺跡を車で行くなら、どこがおすめめ?そんなスポットをご紹介!

   
 

神奈川県をドライブの楽しみ方の1つで、古城や遺跡を巡ってみるのもいいかもしれません。

でも、どんな場所があるのでしょうか?

この記事では、ちょっと穴場的な遺跡をご紹介していくことにしますので、是非、参考にしてみてください。

元箱根石仏群

始めにご紹介するスポットは、「元箱根石仏群」です。

ここには、数多くの石仏をあり、圧倒されてしまいそうな所です。

元箱根石仏群は、神奈川県の箱根町元箱根にある磨崖仏群で、国の史跡や重要文化財に指定されている所です。

箱根というと、”温泉の街”や”箱根マラソン”のイメージがありますが、ロケーション的には

二子山と箱根駒ヶ岳に挟まれた精進池近く国道1号沿いにあります。

高さ3.2mの地蔵菩薩像「六道地蔵」を中心に北寄りに26体程の「二十五菩薩」も見ることができます。

また、精進池のほとりにも、「火焚き地蔵」と呼ばれる石仏が3体祀られていた李、五輪塔3基と宝篋印塔1基もあり、まさに”石仏群”なのです。

箱根には竜神神社もあることから、この辺りを訪れると、スピリチュアルな体験が満喫できます。

石仏群の概要

・場所:〒250-0523 神奈川県足柄下郡箱根町芦之湯 

・駐車場:国道1号線にあるので、道路沿いに駐車はできません。

    近隣の「P3 元箱根観光駐車場(無料)」等を利用するようにしましょう。

石垣山一夜城歴史公園

次にご案内する所は、「石垣山一夜城歴史公園」です。

この公園は”日本の美しい道100選”に指定されているので、ゆっくりと散歩するには最高の場所です。

普段散策する機会が少ない人でも、東側が開けていた地域になっているので、丹沢山や小田原市内の眺めが素晴らしく、爽やかな風の香りで心が癒されることでしょう。

石垣山は昔、笠懸山と呼ばれていましたが、1590年(天正18年)に豊臣秀吉が小田原城二立てこもる北条氏を陸と海から約15人もの大軍団で取り囲み、本陣として総石垣の城を築いたことがきっかけで、石垣山と呼ばれるようになった経緯があります。

しかも、この時は、秀吉が旧ピッチで多くの人を動員して築い城であったために、”太閤の一夜城”というように呼ばれたのです。

小田原城の西約3km、海抜261mの石垣山の山頂にある石垣山一夜城歴史公園の場所は、北条氏が滅亡した後に、徳川家臣である大久保氏の管轄となり、箱根を押さえる要衝となるのです。

今では、野面積みで築かれていた石垣の多くが無くなっていますが、現存じている箇所を観察してみると、いかにその時の構築技術が高いかも見て取れます。

見晴らしのいい本丸

石垣山一夜城の本丸とみられている「本城曲輪」に上がると、見事な風景を楽しめます。

本丸の物見台からは、小田原城下を目にするだけでなく、相模湾を一望できたり、空が晴れている時は、東京スカイツリーも見れるので、この辺りでは隠れた人気スポットとなっています。

石垣山一夜城歴史公園の概要

・場所:神奈川県小田原市早川1383-12

・アクセス:西湘バイパス小田原ICを降りて国道1号「山王橋」交差点左折、国道1号を道なり箱根方面へ2.9km先「板橋」交差点左折、約350m先ターンパイク入口交差点左折して、260m先の新幹線高架手前を右折、70m先右折して約1.8km

小田原厚木道路からのアクセスでは、小田原西ICで降りて国道135号方面へ約860m先の新幹線高架手前を右折した後に約70m先を右折し、1.8km程進みます。

・駐車台数:58台(無料) 

箱根関所

箱根関所は江戸に設けられていた、不審な者の侵入を防ぐ重要な場所でしたが、江戸時代にあった場所に、2004年~2007年に復元されました。

この復元はかなり本格的に実施されており、無料で関所の中を通ることができます。

但し、建物内部を見学する時は、資料館に入ることとセットで、有料となっています。

日によっては、県外からの観光客は多く、京都側入口の飲食店、お土産屋、江戸側入口の一軒御番所茶屋等が賑わいを見せています。

串団子2本とわらび餅、お茶付きのセットを味見しながら、一望できる芦ノ湖を空気に触れるのも、最高のひと時でしょう。

関所の概要

・場所:〒250-0521 神奈川県足柄下郡箱根町箱根1番地

・営業時間:3月1日〜11月30日 午前9時〜午後5時、12月1日〜2月末日 午前9時〜午後4時30分

・料金:一般 大人500円、小人(小学生)250円

    団体(20名以上)大人 350円、高校生150円、中学生120円、小学生100円

    箱根フリーパス等 大人400円、小人150円

・アクセス:小田原厚木道路小田原西ICから箱根新道経由で40分、東名御殿場ICから約50分、国道1号三島より約40分

・駐車場:専用駐車場なし、近隣駐車場の利用となります。

[CarZootプロ仕様]【サっと塗るだけで驚くツヤ感と撥水力!】ポリマー系コーティングキット G’Polymer Neo 

今回は、サっと塗るだけで驚くツヤ感と撥水力を発揮するポリマー系コーティングキットの

Carzoot社のおすすめ製品「G’Polymer Neo」をご紹介します。

「G’Polymer Neo」は、Amazonで980円で購入することができますが、特徴は次の通りです。

・プロが開発にした、サッと拭くだけで、簡単に艶と撥水を出すことができるコーティング剤で、2ヶ月に1度使うだけで3年間耐久できます。

・洗車時に誰でも簡単施工でき、ムラなく初めての人でも簡単に施工できることが特徴です。

・展示車両やモーターショーで使用されるレベルの艶と光沢度の強いコーティングを実現。

・テフロン樹脂、ファインセラミック配合で、ボディの上に付着した水垢等を除去します。

古城や遺跡巡りをする前に、「G’Polymer Neo」で、しっかりと車をキレイにしておきましょう。

トランスファーとは4WD車にしかないの?前のページ

新潟県の古城や遺跡を車で行ってみたいけど、どんな所がオススメ?次のページ

関連記事

  1. 記事

    日産自動車と平塚市が電気自動車を使った災害連携協定を締結!その内容に迫る!

    去る10月28日に日産自動車を始め、神奈川県平塚市、日産車体、神奈川…

  2. 記事

    RSの名前はダテじゃない!走りを極めたスポーツSUV「アウディRS Q3」

    アウディのコンパクトSUV「Q3」をベースにハイパフォーマンスのエン…

  3. 記事

    ボルボV70は完成度高さが光るステーションワゴン!中古車相場もご案内!

    ボルボV70はスウェーデンのイエーテボリに本拠を置くボルボ・カーズが…

  4. 記事

    XFスポーツブレークを徹底解剖!2種類の仕様が存在する!?

    XFスポーツブレークは、メルセデスベンツやBMW、アウディなどの競合…

  5. デザイナーB

    三菱ふそうトラック・バスのこれまでの歩みとこれからの展望 ~現役社長もご紹介!~

    三菱ふそうトラック・バスは現在、ドイツ・ダイムラーの子会社です。一時…

  6. 記事

    誰もが乗れるようになったキャデラックのセビルの魅力を徹底解説!中古でも買える?

    あなたはアメリカの自動車ブランドキャデラックが作っていた「セビル」と…

新着記事の一覧

  1. 【富山県】県内で車の除菌/クリーニング/清掃を行う業者はこち…
  2. 【石川県】県内で車の除菌・クリーニング・清掃を行ってくれる業…
  3. 音速の貴公子と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」!「ア…
  4. 3つの視点で岐阜県のトラック用品店を紹介
  5. 愛知県でのドライブ&ショッピングならラグーナフェスティバル
  1. 記事

    クルーズコントロールを知っていますか?徹底解説いたします!
  2. 記事

    2021年度場版のPS5おすすめのカーゲームは?どんなものがある?
  3. 記事

    福島県でおすすめの交通安全お守りと神社2選を厳選して紹介!
  4. 記事

    AT車のギアの配列がどうして一緒なのか?を徹底解説します!
  5. 記事

    栃木県でいちおしの植物園をご紹介!インスタ映え写真を撮りたければここに行こう!
PAGE TOP