知っておくと役に立つセルフスタンドの4分ルール 

   
 

欧米で広く行き渡っているセルフスタンドは、自分で給油するセルフサービスのガソリンスタンドで、日本ではコーヒーショップなどに併設されている所もあります。人件費を省く為普及しているセルフスタンドには、スタッフが給油をしてくれるフルスタンドと違いルールが設けられています

消防法が関わるルール

知らないとヤバい!セルフ式ガソリンスタンドの「4分ルール」とは?給油中の注意点!?知ってよかった雑学

セルフスタンドが登場したのは1998年

ガソリンや灯油の危険物を取り扱う時に必要な資格を持っている者だけが行える給油。セルフスタンドが登場したのは1998年からで消防法が改正した年から自分で給油が出来る様になりました。当時は100店舗に満たない店舗数でしたが、現在ではセルフスタンドが主流となっています。

ノズルの色が違うのは分かりやすくするため

資格を持たない人が給油するには幾つかの条件があり、安全面を考慮し給油する燃料によってノズルの色が分けられ、給油機に条件が設定されています。給油時間や給油量、静電気対策などルールを決める事で資格が無い人も給油出来る様になっており、利用者にとってセルフスタンドは身近な存在になっています。

セルフスタンドではオートストップで給油が止まる様になっており、少量の給油を行う事は出来ません。少ない油量は自動停止されない場合があり、少量の給油はセルフスタンドの禁止事項となっています。ガソリンや軽油、灯油は引火性のある危険物で人や物に引火すると大事故に繋がることから、給油する量が予め設定されています。

4分なのは消防法に振れないようにするため

1分毎に30リットルから35リットルの速度で注入されるガソリンは100リットルまでとなっており、軽油は200リットルまでで4分でオートストップ機能が発動する様になっています。大型トラックが利用するセルフスタンドの中には、軽油のみ4分以上の給油機を置いている場所もあります。

4分という給油時間は消防法に触れないよう設定されている時間で、ガソリンが満タンにならなくても時間になると自動で止まります。ガソリンタンクのエア抜きが悪いなどの理由で給油に時間が掛かってもオートストップで給油は停止し、追加給油が出来ない様になっています。

セルフスタンドでのトラブルの対処法

セルフスタンド 4分なのは、なぜ?の秘密にせまります

トラブルが起きたらスタッフに助けを求める

給油中にトラブルが起きたら給油機の近くにある係員呼び出し用インターフォンを使いましょう。ガソリンスタンドは危険物を取り扱っているので、資格を持ったスタッフが常駐しています。もしガソリンが溢れてしまった場合でも、スタッフに事情を説明しトラブルを解決しましょう

油種の確認を必ず行う

給油するガソリン、軽油の種類が分からない場合は、給油キャップに種類が記載されている事もあるのでチェックしてみましょう。メーカーのサイトや取扱説明書には車種ごとで確認する事が出来ます。レンタカーを給油する場合は借りる時に燃料の種類を確認しておきましょう。

給油の際は静電気に注意

フルスタンドでガソリンを給油する際車のエンジンを切る様に、セルフスタンドでガソリンを給油する時もエンジンの切り忘れに注意しましょう。給油口を開ける前に静電気除去シートに触れる事は大事な意味があり、衣類などに帯電した静電気がキャップを通して体の間でショートしない様に取り付けられています。フルスタンドのスタッフは静電気防止の作業服を着ていますが、セルフスタンドを利用する人は静電気に気化したガソリンが着火する危険性があります。給油前の静電気除去は事故を防ぐ為の防止策です

初めての人もムラなく使えるサイドミラーコート剤

コーティング剤を使わずサイドミラーに付いた雨や水滴をそのままにしておくと水垢になり、落ちにくくなってしまいます。サイドミラーを綺麗にしてからミラーにコート剤を吹き付け拭くだけで、見にくかった視界が見やすくなります。スプレーなのでムラになる事がなくミラーの表面がツルツルするコート剤です。

安全に給油する為のセルフスタンドの4分ルール。様々な工夫がなされており、給油を行う注意点を覚えておくとスムーズに給油が行えます。一般利用者が給油出来るのは自動車と二輪車だけとなっています。携帯缶などの小分け給油は消防法に違反しますので、ルールを守って給油しましょう

avatar
最近ではセルフスタンドが増えてきましたね!

利用される場合はとっらぶるが起きないようにしておきましょう!

緩和されていたマフラーの規制前のページ

霊柩車と遭遇した時に親指を隠すのはなぜ?次のページ

関連記事

  1. 記事

    トラック運転手にオススメ!京都府右京区で安い駐車場2選紹介!

    「京都市右京区でトラックを停められる駐車場を知りたい!でもどこがある…

  2. 記事

    スポーツ保険は車の修理も保証してくれる?ボールなどが車に直撃した場合は?

    日常的にスポーツをしている方は、特にいつどんな怪我などを引き起こすか…

  3. 記事

    レクサス初のEV「UX300e」が欧州発売!未来のレクサスを徹底解剖!

    あなたはヨーロッパでレクサスのEV車が発売されることをご存知でしょう…

  4. 記事

    夏場のスノータイヤは絶対にNG!その理由について解説!

    スノータイヤを付け替えるの忘れてた。スノータイヤは夏に履いていても特…

  5. 記事

    愛媛県でおすすめしたい安全お守りと神社を3選紹介!

    四国の北西部に位置する愛媛県。温暖な気候で雨が少ない事でも知られてい…

  6. 記事

    警察のサイレンって体験でならせる?資格がないと駄目?

    警察官の乗るパトカーには、赤いランプがついています。また、緊急時には…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    電気自動車を使用している人必見!栃木県の充電スタンドを紹介!
  2. 記事

    沖縄県でまとめてみた。~電気自動車の充電スポット~  
  3. 記事

    【車の消臭】意外といしつこいプルームテックの臭いの消し方について
  4. 記事

    ドリフトとは?ドリフトによる影響とは?
  5. 記事

    佐賀県を楽しもう!車で回れるMVやドラマのロケ地をご紹介 
PAGE TOP