真っ直ぐ走らない原因はステアリングセンターのズレ

   
 

車を新車で買った場合はあまり馴染がないかもしれませんが、縁石に乗り上げた後など、車がまっすぐ走らないことがあります。原因として色々な事が考えられるのですが、その多くはステアリングセンターがズレていることが原因です。そこで今回はステアリングセンターについてお話したいと思います。

ステアリングセンターってなに?

ステアリングセンターとは別名「ハンドルセンター」とも言います。そしてセンターとはその名の通り、車をまっすぐ走らせた場合のハンドルの位置を指す言葉です。正常な場合はハンドルをまっすぐにした時は車もまっすぐ走ります。

ズレの原因

色々な原因でステアリングセンターはズレてしまいます。事例として多く上がっているものをご説明したいと思います。

1、タイヤの空気圧が左右で違う

左右のタイヤの空気圧に差があると、ステアリングセンターはずれてしまいます。空気圧を車に載せてある、「エアーコンプレッサー」なので確認してみてください。もしエアーコンプレッサーがない場合は、ガソリンスタンドなどで確認する方法もあります。

2、ステアリング(ハンドル)を交換したことがある

ステアリングは車側とステアリング側の溝に合わせることで固定されます。この時に位置が少しでもズレているとステアリングセンターが合わなくなってしまいます。

3、足回り下回りの損傷

ステアリング交換やタイア圧も正常な場合は、下回りのゴムやブッシュの類のヘタリや、ロアアームの損傷などが考えられます。サスペンションの経年劣化が原因の場合もあるのですが、これらはなかなか目視で確認できません。先に述べた2つの原因が見つからない場合に考えてみると良いと思います。

4、トー角のズレ

車高を変化させると、車はその構造上タイロッド角度が変わり、ナックルまでの距離が変わってしまうことでタイヤの向きが変わってしまいます。タイロッドとは簡単に説明すると、車のハンドル操作をタイヤに反映させる長さが調整可能な棒状のパーツです。このタイロッドのズレがステアリングセンターの歪みに繋がるのです。

自分で調整する方法

センターがズレていても問題なく走行できる人もいるかと思います。しかし、簡単に調整できるので是非直してください。少しの違和感がいつ気になって、日ごろの運転の妨げになるかわかりません。それにより重大な事故を起こしてからでは遅いです。

自分で調整する場合はまず左右どちらにズレているかを探ってください。例えば少し左に切った状態で車がまっすぐ進むのであれば左右のホイールが若干右に傾いているということになります。このズレは先ほど説明したタイロッドを調整することで直すことが可能です。自分で作業することもできるのですがその際は、調整前のタイロッドの位置を覚えておくことになるので、マジックなどで初期位置に目印をつけておくと良いでしょう。

目印を付けた後は、スパナを使いロックナットと呼ばれる部品を緩めていきます。注意点としてはスペースが狭いので足などを使い緩める点と、タイロッドエンドがナットと一緒に回らないようにする2点に気をつけてください。特に後者はボールジョイントを傷める可能もあるので特に意識してください。

この作業は全てタイヤを外すことなく出来るので、安心してください。調整したい方と逆にハンドルをいっぱいに切ればスペースが出来ます。そのスペースを利用して作業することでタイヤを付けたままで調整できるというわけです。

業者にお願いする

原因も分からない場合や、先ほど説明したタイロッドの調整が自分でできない場合は業者に頼むかと思います。その費用は正直定価があってないようなものなので注意は必要です。また業者によって当たり外れがあり、酷い場合はホイールアライメントが狂う可能性もあります。実際、慎重に時間をかけてもいいので、可能であれば自分で調整した方がいいという意見もありました。

念のため参考までに目安の金額を載せておきますが、依頼する業者によって変わること、自分でも直せることを頭に入れておいていただけたらと思います。

金額 1,000円~3,000円

まとめ

ステアリングセンターは縁石に乗り上げたり、劣化などでズレてしまいます。また中古車を購入した場合など調整が必要な場合が多いです。そのままでも走行することは可能ですが、是非整備するようお願いします。また整備する際は、最初は慣れないかもしれませんが、是非ご自身の愛車をその手で整備してあげてください。

交換抜群!ホイールコーティング剤

欧州車特有の汚れも寄せ付けないほどの強固なガラス被膜でホイールを保護、コーティングします。3年以上の耐久性を持っているので美しさが長続きします。専用のスポンジも付いてくるのでお手入れ簡単です。

商品のお求めはこちらから↓↓↓

avatar
本日のおすすめ商品はこちら

337拍子を刻む道路が存在? 所在地とその理由、費用は?前のページ

茨城県で輸入車を買うならここがおすすめ!リーズナブルで安心!次のページ

関連記事

  1. 記事

    カーナビがない時代は、どうやって道を検索していたの?当時を振り返ってみよう

    今では、旅行やグルメで初めて行く先も、カーナビで簡単に検索して知るこ…

  2. デザイナーA

    目黒区で駐車を探している人にオススメの駐車場をまとめてみた!

    あなたは目黒区という街にどんなイメージをお持ちでしょうか?東京の中で…

  3. デザイナーA

    車に水垢がついてしまった時は?おすすめクリーナーでお手軽除去!

    車に乗っていると、窓ガラスやボディにうろこ状の水垢や黒い線のような水…

  4. 記事

    みんな知ってる?トミーカイラのイチオシ車種を徹底解説!! 2020年度版

    今回は非常にロマン溢れた車種を販売しているトミーカイラについて徹底解…

  5. 記事

    車の燃費を知ろう!おすすめの燃費計算アプリを紹介

    車の燃費を知るには、燃費計算アプリを使用するのがおすすめです。しかし…

  6. 記事

    車に積んだら逮捕!?NGな危険物3選!

    皆さんが自動車を運転されるとき、さまざまなものを積み込みます。もちろ…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    カー用品のサンシェードは日よけだけじゃない?おすすめの使い方を解説!
  2. 記事

    車のコーティングの耐久年数は種類によって違う?効果など比較
  3. 記事

    エンジンの寿命とカーライフ
  4. 記事

    QUIXX(クイックス) ヘッドライト用レストアキット ヘッドライトレンズポリッ…
  5. 記事

    車のヘッドライトの汚れだけじゃない!コーティングもしてくれるクリーナーとは? 
PAGE TOP