燃費にいいのは〇〇キロ?燃費の良い運転とは   

   
 

燃費を上げるためにはどのような運転を心がけたら良いか知っているでしょうか?

燃費が悪いのは、元々の車の性能をありますがそれ以外にあなたが普段行っている車の運転により、更に車の燃費に追い討ちをかけてしまっているかもしれません。

今回は車の燃費を上げるためには、何キロで走るのがベストかまた、どのような運転が望ましいのか買いていきます。

燃費を悪くしてる原因とは?

あなたは自分が普段行っている運転を、客観的な視点から理解していますか?自分では落ち着いた運転を心がけていたり、燃費を意識して走っているかもしれません。

ですが、ついつい運転が雑になってしまったり空いている道をビュンビュン飛ばして燃費を落としている人がいるかもしれません。

それも仕方ないことかもしれません。人間疲れている時はイライラして運転が雑になる、早く帰りたくてついスピードを上げてしまうというのは誰にでも考えられることです。

それでも少しの意識の差によって、燃費は変わり車が長く使えガソリン代を節約できたら嬉しいですよね。少しでもそのような考えの人はこれから書くことを意識して運転に取り組んでみてください。

①アクセルの踏み方

アクセルの踏み方ひとつで変わるのが燃費です。どのようにアクセルを踏むのが理想かと言うとゆっくりアクセルを踏むことです。クリープ現象を利用しつつ、ゆっくりとスピードを上げていくイメージです。逆に急な踏み込みによる加速を行うとどのようなことがおきるかは、想像がつくと思います。ガソリンは発進や停止の時により多く消費されます。それが急発進によるものだと、発進だけで負荷がかかってしまいます。負荷を減らすためには、ゆっくり踏み込むように発進を心がけていきましょう。

②エアコンやヒータを使いすぎない

夏になると、車の中はとんでもない温度になりエアコンは必須になり、冬は特に雪の降る地方では気温が低くヒーターも絶対に必要になります。使いたくなる気持ちは痛いほどわかります。ですが、これらの使いすぎが燃費の低下をもたらしていることに気づいていますか?これらはエンジンで動いており、使用するだけで負荷がかかります。夏場だと、適性の温度よりさらに下げてしまうような傾向にあります。できるだけ、適性温度を維持して使いすぎないように心がけましょう。

また、エアコンではなく窓を開けて自然の風で涼むことができるのが一番でしょう。

③タイヤの空気圧のチェック

見落としがちかもしれませんが、タイヤの空気圧も燃費には大きく関わります。想像してほしいのですが、きれいな形でしっかり空気の入ったタイヤ・ベコベコで空気があまり入っていないタイヤ。どちらの方が、燃費が良いか簡単に想像がつきますよね。

ちゃんとしたタイヤだと抵抗も少なく、進むのに必要なガソリンは少なくすみます。反対に、ダメなタイヤだと抵抗が大きくなり少し進のだけでも大きくガソリンを使用しなければいけなくなります。

運転方法も大事ですが、タイヤのチェックにも気を使って見ると燃費はより上がるかもしれません。

何キロで走るのがベスト?

上記では、燃費を上げるための運転方法について書きました。

ここからは何キロで走るのが燃費に最も良いのか書いて行きます。

結論からいうと、50〜80キロの間です。なぜかというとガソリン乗用車の一番高いギアに入るのは50~80km/hくらいで、「一番ギア比が高い状態」になります。 その速度を維持し続けて走ることが「最も効率よく距離を稼げる速度」ということになります。

ですが、一般道路では80キロを出すのは法律でできないですよね。そのような時には60キロぐらいをキープして走り続けることが理想です。遅く走り続けるのは逆に燃費を悪化させてしまうのです。

また、高速道路を運転する場面があるかもしれませんが、その時は80キロをキープし続けるのが、高速道路でも燃費を落とさずにいるコツとなります。ですが高速道路では80キロを下回ると周りの迷惑になるので気を付けましょう。

まとめ

今回は燃費にいい速度について書いて行きました。遅すぎても燃費がおち、早くしすぎてもダメなので難しいですよね。ですが、上記で書いたような速度を意識すると燃費は上がっていくでしょう。実践してみてください。

市販製品との決定的な違いは、3つあり・圧倒的な耐久性1年(気候・保存環境により変化あり)・白化を完全に復活させる・コーティング効果により樹脂パーツの劣化を防ぎます。

avatar
燃費がどうやったらよくなるか考えよう!

車の性能だけがすべてじゃないよ!

外国からの訪問者が日本で車の運転をする為に必要な手続き、免許をご紹介!前のページ

近畿地方でおすすめ!カーポート業者&お店をまとめて紹介! 次のページ

関連記事

  1. 記事

    佐賀県運転体験ができる施設と体験で得られるものは?

    皆さんは幼い頃車に触れる経験はあったでしょうか?小さいころの…

  2. 記事

    季節によって違う?春夏秋冬に合わせた洗車方法をご紹介!

    あなたの愛車は、定期的に洗車され、綺麗な状態を維持できているでしょう…

  3. 記事

    密を避けて自然を満喫!車で行ける千葉県でオススメのハイキングスポット!

    コロナウイルスが猛威を振るう中、外出する機会も減っています。でもやっ…

  4. 記事

    ECLIPSE(イクリプス)のカーナビおすすめ2020年春夏モデル!ナビの選び方もご紹介!

    デンソーテンの高性能なカーナビとして注目を集めるのがECLIPSE(…

  5. 記事

    話題の「GO TOトラベルキャンペーン」と宮崎のおすすめ宿・穴場スポットをご紹介

    皆さんは今話題となっている「GO TO トラベルキャンペーン」をご存…

  6. 記事

    車のヘッドライトの汚れを落とすなら?おすすめのクリーナー3選!

    何だか最近、夜の車の運転が暗く感じる。どうしてだろう?と思われたこと…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    使用者増加中?フォルシアクラリオン商用車用HDカメラをご紹介 
  2. 記事

    【使うてやー!!】カーシェアリングにおすすめ大阪府の3店を紹介!
  3. 記事

    冬の高速道路に撒かれる白い粉の正体を徹底解説します!こんなに重要な白い粉!
  4. 記事

    SDカードって何?詳しく解説! 
  5. 未分類

    F1でも使われている高品質の車内消臭剤!
PAGE TOP