燃費が重視されながら走るたのしさが魅了のダウンサイジングターボ

   
 

小さな排気量のエンジンを、内熱機関が吸入する空気の密度を高くし、低燃費と力強い走りの両立をさせるダウンサイジングターボ。車の馬力と駆動力を補い、空気をより多くエンジンに供給していきます普通のターボと違いは大きくなくエンジンを小型にした過給機で、燃費消費を抑えるメカニズムになっています。

ガソリンエンジン搭載車

ダウンサイジング・ターボのデメリットは?ホンダ、トヨタが目をつけた「ダウンサイジング・ターボ技術」

時代に合った車の進化

高性能車を取り扱う世界でも進んでいる自動車のダウンサイジング化。電気自動車やハイブリッド車より、燃料ガスを原動機としたガソリンエンジン自動車が多くあります。ディーゼルエンジンやガソリンエンジンの技術は熟しているとされていますが、ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲンは、ターボチャージャーにガソリン直噴エンジンを組み合わせたTSIを開発しています。

過給機で力を補う発想があった自動車技術ですが、排気の流れを利用しコンプレッサ駆動するターボチャージャーの構造では、力が発生するまでに時間差が生じてしまう事から出力向上が目的とされていました。技術が進み、エンジンの低速後に再加速する時間に差がなく低回転で過給するダウンサイジングターボは、コンパクトカーなどで採用される様になっています

ダウンサイジングターボを搭載している車両は多くあり、ドイツの乗用車BMW3シリーズでもシリンダーが3気筒で1.5リットルのエンジンが搭載されているモデルがあります。ダウンサイジングターボの波が押し寄せている時代となっている現在は、メルセデスベンツなど高級車を製造するメーカーがより高性能なエンジンを開発しています。

https://www.honda.co.jp/STEPWGN/(ダウンサイジングターボを搭載しているステップワゴン)

軽量化における総合性能

新型ステップワゴン・1500ccターボ!合流でベタ踏みした結果!試乗車 ホンダセンシング honda スパーダ 加速 高速

自動車の中で最も重いエンジン

停まる進むという道路環境が多い日本。車両の軽量化は自動車の加速性能やハンドリングなどの向上、燃費の向上にもメリットが多く、小排気量のエンジンは運手性能がより良くなります。ダイムラーが展開しているメルセデスAMGは、空力効率が良くレースカーならではの最高馬力を発揮します。

ダウンサイジングターボのメリット

排気量の大きさで区分される日本の自動車税。燃費を良くする手段としてダウンサイジングターボが採用され、排気量が小さくなると税金が安くなります。充分な過給効果を出せる技術で作られた自動車は維持費も安くなり、日産自動車のセレナやトヨタ自動車のヴォクシーなどミニバン型自動車にもダウンサイジングターボが搭載されています。

車格の大きい車種に搭載する事で排気量を減らすダウンサイジングターボ。摩擦抵抗の低減に効果があり、気筒数を減らす事で車両の重みが抑えられます。エンジンパワーを維持しながら小さな排気量で走る自動車。税制面でもメリットがあり、1台の車両に異なる2つの動力を搭載する事はコスト層にも繋がるとされています

低いとされる耐久性

ダウンサイジングターボは、燃焼室内の圧縮を上げるのが通常のエンジンより難しいという特徴があります。直噴エンジンの場合は圧縮を高める事ができ、燃焼室内で異常発火が起きにくくなるので、ターボ車でも直噴エンジンとの相性は良いとされています。煤が発生しやすいところから耐久性が低いと言われるダウンサイジングターボですが、メーカー指定のオイルやオイルの交換時期を守る事で耐久性は問題ないとされています。

https://www.honda.co.jp/tech/auto/vtec-turbo/(新しい時代のターボエンジン VTEC TURBO Honda)

座席シートを傷付けないクリーナー

食べこぼしや飲みこぼしなどで汚くなる座席シート。汚れたままにしておくと車内が臭くなる原因になります。シートの奥に染み込んだ汚れを落とすCarZootのクリーナー。乾いたタオルにクリーナーを適量取り、汚れが気になる部分を拭くだけの簡単施工。細かい隙間にも使え、使用後のベタ付きや嫌な臭いが残らないクリーナーです。

欧州の自動車メーカーのエンジニアも技術が向上すると推しているダウンサイジングターボ。環境性能だけでなく運転性能が飛躍的に向上され、自動車を走行させるあらゆる部分でメリットがあります。通常通りのサイクルで交換出来るエンジンオイル。日本の車種はレギュラーガソリン仕様になっています。

間違えた使い方をすると相手を不愉快にさせるハザード前のページ

トヨタクラシックカーフェスティバル今年はオンライン開催へ次のページ

関連記事

  1. 記事

    広い室内で人気の「ダイハツ・タント」が中古市場で熱い?現在の市場価格と魅力について紹介

    ダイハツの軽スーパーハイトワゴンである「タント」。2003年に初代が…

  2. 記事

    【パナメーラ】ポルシェ2020年8月予約受付開始!

    マイナーチェンジしたパナメーラ・パナメーラ スポーツツーリスモが日本…

  3. 記事

    【自動車保険の見直し】コロナ禍にコストを見直そう2021年保険について解説

    「自動車保険の見直しについて詳しく知りたい。」「等級について…

  4. 記事

    車のバッテリーはなぜ上がる?原因や症状、防止策についてご紹介

    ドライブの途中でバッテリーが上がってしまい困った経験がある方もいるの…

  5. 記事

    【2021年最新】イギリスのスポーツカーブランド「ロータス」のおすすめ車種を徹底解説!

    イギリスのスポーツカーブランドである「ロータス」。当時、大学生だった…

新着記事の一覧

  1. 自然豊かな高知県を車とキャンプで満喫しよう
  2. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  3. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  4. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  5. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  1. 記事

    欧州ベストセラーのドイツ車・アウディA4の魅力を紹介!燃費や標準装備なども 
  2. 記事

    【2021年最新版】今SAZABYがオシャレ女子の間で話題!? ドライブに最適な…
  3. 記事

    いすゞ自動車の高級ワゴン車ファーゴフィリーの魅力を解説!中古で買うことが出来るの…
  4. 記事

    モノコックボディとはどんなボディ?ラダーフレームとの違いを解説します
  5. 記事

    ミマモルGPSプロは盗難対策としておすすめできるアイテムなのか?
PAGE TOP