無人戦闘機2035年配備予定!防衛省が有人機と一体運用を検討

   
 

 防衛省が無人戦闘機と有人機の一体運用を検討しています、防衛省によると、無人戦闘機を2035年までに配備する方針となっています。無人戦闘機に関しては様々な構想がありますが、支援を仰ぎながら、進められていますし、様々な面で注目されています。2035年というのは、それほど遠い未来ではないので、動向をチェックしてみると良いでしょう。興味のある方は参考にしてみてください。

無人戦闘機を2035年までに配備する方針

防衛省は、無人戦闘機を2035年までに配備する方針としています。ロッキード・マーティンから支援を仰ぐこととなっています。戦闘機F-2の後継機となる次期戦闘機(F-X)の開発を順次進めていくことにもなっていますが、それとは別の取り組みです。

無人戦闘機の開発を3段階に分けて行う構想

無人戦闘機の開発を3段階に分けて行う構想となっています。

次期戦闘機と同時に配備する無人戦闘機に関しては、2035年までは以下のような方針となっています。

  • パイロットにより、個別に操作すること
  • 複数の無人戦闘機を同時に制御する予定であること
  • 次期戦闘機1機と無人戦闘機3機という4機編隊を予定していること

無人機に指示を送るというプログラムの開発に着手する予定

無人機に指示を送るというプログラムの開発に着手する予定となっています。指示は、パイロットが送る形になります。パイロットが指示を送るプログラムの開発に関しては、情報をリアルタイムに共有する仕組みが重要になります。そのようなシステム作りの研究も進められています。

具体的な無人戦闘機の設計などに関しては、2025年以降で進めていく予定となっています。

  日本が無人航空機についての技術開発で出遅れている

 日本が無人航空機についての技術開発で出遅れていると言われています。日本が無人航空機を進められるよう、以下を鍛えることが求められています。

  • 自律的な飛行制御
  • AIによる戦闘支援能力

「無人機に搭載するAIの構想も検討する」ということを、防衛省も伝えています。

2025年までに無人航空機の基礎研究として27億円程度投資する予定

2025年までに無人航空機の基礎研究として27億円程度投資する予定としています。具体的には、遠隔操作や飛行制御の研究に25億円、AI研究に2億円となっています。

ただし、AIの研究に5年で2億というのは、世界に追いつくのに十分であるか議論されています。

【CarZootプロ仕様】最新版 黒樹脂 完全復活コーティング 『今まで表現できなかった美しい艶と保護耐久力を実現』 樹脂パーツ 保護 未塗装パーツ

防衛省が無人戦闘機と有人機の一体運用を検討しています、防衛省によると、無人戦闘機を2035年までに配備する方針となっているので、今後注目してみると良いでしょう。

ところで、車の状態はいかがでしょうか。

樹脂パーツのコーティングに最適なのが、「【CarZootプロ仕様】最新版 黒樹脂 完全復活コーティング 『今まで表現できなかった美しい艶と保護耐久力を実現』 樹脂パーツ 保護 未塗装パーツ」です。

  • 経年劣化しやすい未塗装プラスティック部品の劣化を防ぐ
  • 未塗装パーツの色とツヤがきれいになる
  • コーティング効果が長続きし美しい状態をキープ
  • 白化を完全に復活させられる高品質な製品
  • 愛車が黒くて美しくなることに加え、保護成分も配合
  • 分かりやすいマニュアル付きなので初めてでも戸惑いにくい
  • 国内で製造しているので安心

プロが実店舗で使用しているクオリティの高い樹脂パーツコーティング剤なので、車のメンテナンスに悩んでいる方は、試してみると良いでしょう。ぜひ、参考にしてみてください。

マツダCX-5の2021年型は様々な部分がアップグレード!パワートレインの更新にも注目!前のページ

北海道は積雪の影響で車3台が絡む事故が発生!北海道ならではの対策をチェック次のページ

関連記事

  1. 記事

    解決?未解決?平成に岡山でおこった事故をご紹介!中学生が犠牲に!

    事故には解決したものも、数年経っても裁判が続いているような未解決のも…

  2. 記事

    交通ルールを親子で学びたい人必見!兵庫県にある交通公園を紹介!

    子どもが少し大きくなってくると、そろそろ交通ルールを教えなけ…

  3. 記事

    ポンテアックのエンブレムには、どんな意味が込められているか?

    皆さんは、ポンテアックという車ブランドをご存知でしょうか?こ…

  4. 記事

    『一般社団法人 日本自動車部品工業会』は部品メーカーの業界団体!

    車は小さなネジまで含めれば約3万点もの部品から成り立っています。シャ…

  5. 記事

    様々な場所で交通違反の取り締まりを行うオービス

    オービスは人がいない状態でスピード違反車両が見張っている自動速度取締…

  6. 記事

    モータージャーナリストになるための方法とは

    皆さんはジャーナリストと聞いてどんな仕事を思い出すでしょうか?ニュー…

新着記事の一覧

  1. ソニーのドラレコ用SDカード おススメをまとめて紹介 
  2. 無限ホンダがレジェンド、N-ONE向けカスターマーパーツを追…
  3. ポルシェタイカンから派生したEVクロスオーバーがプロトタイプ…
  4. 和歌山市オススメ!駐車場完備のパーソナルジムを紹介2021
  5. 【痩せたい人必見】奈良市・橿原市の駐車場があるプライベートジ…
  1. 記事

    GMのロゴが57年ぶりに刷新!その理由とは?
  2. 記事

    BMWオペレーティングシステム7.0にBMWニュースアプリを欧州で追加導入!車内…
  3. デザイナーB

    【奈良県でGo To Eatキャンペーン】車で行けるおすすめのお店をご紹介
  4. 記事

    城東区の月極駐車場が多数!?迷っている方におすすめな月極駐車場をご紹介!
  5. 記事

    クラクションの音は変えられるの?費用や方法を紹介!
PAGE TOP