災害時の交通ルールはこれだ!津波や災害時に車で逃げる時の方法や注意点を紹介

   
 

近年、地震や大雨、台風などの災害が増えています。いざ避難となった場合、交通手段の1つが車です。しかし、車で流されるケースも後を絶ちません。今回は、災害時の交通ルールや注意点を紹介します。

大雨に遭遇し、車で避難する時の対応や車が浸水した時の注意点

運転中に大雨に遭遇したり、大雨で避難したりすることもあります。大雨時に車で避難する際の対応や浸水した場合の注意点について紹介します。

大雨時、車で避難する場合の対応

①冠水路や川沿いは通らない
避難場所に逃げる際、冠水路や川沿いは通らないようにしましょう。冠水路や川沿いは、出発時には安全だとしてもいつ川が氾濫するか分かりません。早ければ数分で川が氾濫することもあります。いくら避難場所への近道だとしても冠水路や川沿いは通らず迂回しましょう。

②水平避難をする
大雨時、水が流れてきても水が流れている方向に避難することは危険です。雨が流れる方向と同じ方向は雨の勢いが強いですし、下流は浸水の恐れがあります。水が流れてきた場合、雨が流れる方向と直角の方向に避難しましょう。直角の方向は同じ水かさですので、水が流れている方向や下流に比べると安全です。

③速度や車間に注意する
大雨時、道路は滑りやすくなります。早く逃げようと考え、スピードを出し、車間を取らなければスリップや衝突事故などの二次災害を招きかねません。速度や車間に十分注意しましょう

④高速道路は通行止めになる可能性も
高速道路は通行止めになる場合があります。高速道路で規制が発生する場合は、高速道路周辺の道路も危険ですむやみに一般道に降りるのではなく、サービスエリアなどの駐車場に避難することも検討しましょう

⑤ハイドロプレーニング現象に注意
大雨の道路を走行すると、タイヤと路面の間に水が入り込み、ハンドルやブレーキが利かなくなるハイドロープレ―ニング現象が起こる場合があります。もし、大雨で運転中にハンドルやブレーキが利かなくなる現象が起こっても慌てずアクセルペダルから足を離し、コントロールが回復するまで待ちましょう

大雨で車が浸水した場合の対処法や注意点

大雨で車が浸水することもあります。車が浸水した場合の対処法や注意点は以下の通りです。

①自分で車を動かさない
浸水した車は、電極がショートしやすい状態になり、いくらエンジンをかけていなくてもエンジンをかけたら、火災になる可能性もあります。自分で動かすことは危険です。エンジンをかけず、必ずレッカー移動を依頼しましょう

②車を移動する際はシフトレバーをニュートラルに
車が交通の妨げになる場合は、周辺の安全を確認後、シフトレバーをニュートラルにして手で押すようにしましょう。

③車内に取り残されても慌てず背中側から外へ逃げる
車に乗った状態で水没してもすぐに車が水没することはありません。落ち着いてシートベルトを外し、あおむけで背中側から外に脱出しましょう。また、窓からの脱出が難しい場合、胸まで浸水するのを待ち、鍵をあけ、足でドアを蹴り上げましょう

運転時や避難時、地震が発生したら…

車で運転中や地震が起こり、車で避難をする際、車内で地震が発生することもあります。運転時、地震が発生した場合、どのような対応をすればよいのでしょうか。交通ルールや注意点を紹介します。

運転中地震が発生した場合の対応

運転中、地震が発生した場合の対応は以下の通りです。

①急ハンドル・急発進を避け速やかに左方向によける。
地震が起こって驚く気持ちは分かりますが、急ハンドルや急発進は危険です。また、地震がひどい場合、走行を続けると道路の亀裂などで危険な場合もあります。地震が発生した場合は、走行せず速やかに左側によけて停止しましょう

②停止後は、カーラジオなどで情報収集
車を停止したら、カーラジオなどで被害状況などの情報収集しましょう。状況によっては避難をしなければならない状況になります。現在いる場所だけではなく、自宅や進む場所の情報も調べるようにしましょう。

③車を置いて逃げる際は、車道を避ける
地震の状況によっては、車を置いて避難しなければなりません。道路上において避難する際は、左側に駐車し、エンジンを止め、エンジンキーはつけたままもしくは、キーを分かりやすい場所に置いて避難しましょう。窓を閉めドアはロックをせずp駐車することも大切です。住所や電話番号の情報を書いておくのも良いかも知れません。

災害が起こる前にしっかり準備を…

災害はいつ起こるか分かりません。特に地震や突然の大雨は警戒しなければなりません。車の運転時の大雨は浸水だけでなく、運転席の窓ガラスに雨がつき視界不良にもなります。そんな雨の日の視界不良を助けるのが、CarZoot社の車ガラス撥水コーティングです。

この車ガラス撥水コーティングは、プロ仕様のガラス撥水コーティングに必要な油膜除去剤・スポンジ・クロスが全て含まれた施工キットですので、これさえあれば窓ガラスが撥水コーティングできます。また、プロも使用する安心した製品でなんと耐久性が12カ月以上と長持ちするのでおすすめです。窓ガラスを撥水し、大雨時の視界不良をサポートしましょう。

大雨や地震などの自然災害が頻繁に発生しています。自然災害を止めることはできませんが、災害に備えることはできます。現在、ハザードマップや車内で使える防災グッズも販売されていますので、ぜひ災害に備えて準備しておきましょう。

茨城県の魅力的なサービスエリア!グルメが充実!前のページ

AIとIOTを活用した道路の点検方法について 次のページ

関連記事

  1. 記事

    現代まで魂と技術は受け継がれている!スバルのエンジニア百瀬晋六とは?

    あなたは「百瀬晋六」という方をご存知でしょうか?スバル自動車を成功に…

  2. 記事

    未解決?事故調査も行われた山口県で起こった平成の大事故をご紹介!

    過去の事故を調べることで、安全意識もより高まるようになります。教訓と…

  3. 記事

    フロントガラスのひび割れのリペアにおすすめ商品を3選紹介!

    大切な車のフロントガラスにいつの間にかひび割れが……というアクシ…

  4. 記事

    岡山県でおすすめの車で行けるイルミネーションを楽しめるスポットを紹介

    冬が近づいてくると綺麗なイルミネーションが街を飾りますが、今年はコロ…

  5. 記事

    温泉の匂いにそそられる大分県のご当地グッズ

    山や平野盆地などで構成されている大分県は北部から西部の海岸部は瀬戸内…

  6. 記事

    ビングループが米上場「検討」

    ベトナム複合企業最大手のビングループが、自動車生産を手掛けている子会…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    ハマーの車種はこれがおすすめ!
  2. 記事

    埼玉県在住の方必見!カーシェアリング大手3社を比較してみました 
  3. 記事

    脱炭素化、温暖化対策に向けて国交省が 運輸部門などのグリーン政策やプロジェクトを…
  4. 記事

    【ドライブ】ランドだけじゃない!!千葉は紅葉も最高! 
  5. 記事

    車のバッテリーが切れたらどうする?充電器や充電方法など解説!
PAGE TOP