災害救助隊の車両モデルが台数限定発売

   
 

東日本各地で大きな揺れを感じ津波や火災が発生した東日本大震災。液状化現象や地盤沈下など莫大な被害を齎し、消防署員や警察官が被災地に応援に駆けつけています。経験を経て備えられる救助車。特殊救助隊で運用される車両をミニチュアにしたモデルがHIKO SEVENから限定発売されます。

規模が大きい

【ミニカー紹介】ミニカーショップ モノレブ 「1/80 日野レンジャー」

史上初の対策

2011年3月11日午後14時46分に発生した地震は、マグニチュード9.0を観測する日本国内周辺で最も大きな地震となっています。地震による津波や原子力事故などの災害に目を向け日本政府が了承した地震の名称。地震が発生してから間もなくは自然界に現れた現象からメディアや組織によって別の呼称が任意で用いられていました。

地震発生時刻から約30分以内に緊急対策本部が設けられた東日本大地震災害対策の動き。各都道府県に災害援助方が適用され、警察庁や消防庁、自衛隊、海上保安庁の派遣部隊が救出、支援活動に現地へ向かいます。太平洋沿岸部にも破壊的な被害が及んだ地震は広範囲の経済基盤と生産基盤を断ち、経済面へ大きな影響を受けました。

警察の活動

海岸から進入した津波が陸上を這い上がり痕跡を残した津波災害や放射線が大量に発生した原子力災害などの危機に駆けつけた警察署達。崩壊した建物に取り残された人達、津波によって動けなくなった人達を助け、海の近くのいる人達を非難させています。

地震で道路が割れたり信号機が壊れたりした交通網の遮断。人助けや物を運んだりする車が安全に通れる緊急交通道路を決め交通規制を行なっています。家屋などの崩壊で瓦礫の下に取り残された人も多くいる東日本大地震。行方が分からない人の捜査も警察官の活動になり、1人でも多くの人の身元が確認できるよう努力しています。

専門部隊

ミニカー開けてみた Tinyの日野のトラックミニカー(HINO 300&500)

震災後に

関東大震災後に設立された警視庁の救出救助専門部隊・Special Rescue Team 。英語の頭文字をとってSATとも呼ばれ、2012年の防災の日にチームが発足されています。日本全国において初となる警察組織の災害専門部で東京消防庁の特別高度救助隊・ハイパーレスキューの警察版とも言えます。大規模災害が発生した場合は広域緊急援助隊として派遣され、国際緊急援助隊としても海外に派遣される場合もあるチームです。

専門店が再現

大人のコレクション向けモデルを展開しているHIKO SEVEN。警視庁所轄署警戒警備車両や警視庁交通部交通機動隊車両など1度限りの限定車両を販売をしており、ミニチュアカーのみを取り扱っています。神奈川県横浜市にモデルギャリーを構え日本国内未入荷の海外モデルも揃えています。

警視庁特殊救助隊が運用している日野レンジャーを1/43にしHIKO SEZENのオリジナルモデル。塗装も済んでいる完成品となり、モデルギャラリーHIKO7又は全国の模型取扱店にて販売しています。商品の対象年齢は14歳以上となり、500台限定で販売されます。

ディスプレイ用モデルとして販売される日野レンジャー2017警視庁警備部特殊救助隊型機動救助車両。2021年6月から7月頃に発売予定となり、価格は税込で24,200円に設定され6月中旬まで予約を受け付けています。クレーンやウィンチ、ハシゴなどをリアルに再現した限定生産モデルは透明ケースが付き、縦約325ミリ、横約104ミリ、幅約117ミリがパッケージサイズになります。

https://www.hino.co.jp/ranger/(日野レンジャー/日野自動車)

水が引きにくい部分も綺麗になるメンテナンス剤

ボンネットやルーフ、トランクなど水が引きにくい箇所はウォータースポットなどの水垢が付きお手入れをしないと汚れが目立っていきます。洗車用のシャンプーが付属されたCar Zootのメンテナンス剤。軽い汚れはシャンプーで落ち、頑固な汚れはクリーナーで落とします。コーティング施工した車にも対応可能なクリーナーです。

素早さとしなやかさが象徴されている特殊救助隊。東日本大地震で救助の経験を活かし災害に備え訓練を行っています。SATとオレンジで色で描かれている警視庁警備部特殊救助隊型機動救助車両のミニチュア版。隊員が乗る車両にデザインされている黒豹は警察庁機動救助隊及び特殊救助隊のシンボルマークになっています。

静岡ホビーショーで初披露されるミニ四駆ジャパンカップ2021の公式コース前のページ

プラモを開発しているブランドから発売されるトラックの完成品次のページ

関連記事

  1. 記事

    百円領事館ってどんな店なの!?使えるカーグッズも紹介!(2021)

    「百円領事館にあるカー用品が知りたい。」このように思っている方のため…

  2. デザイナーB

    テスラ社長の功績を解説!今後のテスラ社の活動とは?

    あなたは「テスラ」という自動車メーカーにどのようなイメージをお持ちで…

  3. 記事

    【2021年最新】ドライブにも行ける50代のメンズ春コーデをご紹介!

    50代になると段々とファッションへの関心も薄れ、どうでもいい恰好で生…

  4. 記事

    青森県の電気自動車の充電スタンドの場所をチェック!

    電気自動車は次第に普及してきており、使用している方も多くいます。しか…

  5. 記事

    【トヨタのオススメ車】アベンシスってどんな自動車?いい感じなの?

    自動車を買おう!とお考えの方はいらっしゃいますでしょうか。はじめて自…

  6. 記事

    日産を支えた高級車!セドリックってどんなクルマなの?

    日産を支えた高級車といえばセドリックがあるでしょう。一定年齢以上の方…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    青森県のロケ地やドライブにピッタリなスポットを紹介!
  2. 記事

    大阪府のイルミネーションはおすすめ?車で行けるところはある?
  3. デザイナーB

    損害保険ジャパン株式会社やKDDI株式会社などが5Gを活用した自動運転タクシーの…
  4. 記事

    東京で窓ガラスにコーティングをしたい方必見!おすすめの店舗を3選紹介!!
  5. 記事

    2021年も安全運転を!沖縄県で行われる予定又は行っている警察や消防署の交通イベ…
PAGE TOP