泥棒からあなたの愛車を守る!セキュリティアラームランキング5選!

   
 

車を大切にしている人にとっては、自動車の盗難は一大事のことではないでしょうか?

駐車場に停めていて、人の目が届かない隙に大事な愛車が盗まれてしまうことがないようにするためには、自分でしっかりとセキュリティ対策を講じる必要があります。

そのようなことから、ここではおすすめのセキュリティアイテムを紹介していくことにしましょう。

LingLang 車防犯アラーム

LingLang車防犯アラームは、リモートコントロール振動アラームで、車の盗難防止のアラームアイテムです。

このリモートコントロール型の振動アラームは、ワイヤレスでリモコン操作が可能になっており、大変扱いやすくなっています。

盗難等の非常時においては、113dBもの超特大音量アラームが鳴り響くので、トラブル対策には欠かせないアイテムです。

車の盗難だけでなく、自転車や車を探す時のアラームとしても活用できるので、マルチ的な使い方が可能です。

価格:¥2,000

カバー素材:IP 55防水仕様PC質カバーでアウトドアでも使えます。

多彩な機能

機能:アラーム、アラーム解除、SOS機能等の緊急警報、チャイム機能

ワイヤレスリモコン操作

感度調整7段階設定可能、状況に応じてシチュエーションに合わせたレベル選択が可能です。

Smilemallソーラーアラーム ダミー セキュリティライト

Smilemallのソーラーアラームはダミーセキュリティライトでシミュレートされた模倣の警告でアンチ盗難ライトが点滅するアイテムです。

置いておくだけで手軽に盗難対策を講じることができる点が特徴です。

ソーラー充電で利用可能

このアイテムアは、太陽光で充電することができるセキュリティライトで、夜間に点滅し続けることでいかにも防犯装置が動作しているように見せることができます。

しかも、日中に十分な太陽光を吸収することで、一晩中動作してくれ、内蔵している光センサーが夜になると反応して自動的に点滅が開始します。

また、マイクロUSBで充電することもできるので、雨や曇りの日でも使用可能です。

車の窓際やダッシュボードに付属している両面テープで取り付けることもできるので、お手軽感覚で使えるアイテムです。

ユピテル リモコン付属カーセキュリティ VE-S37RS

ユピテル のリモコン付属カーセキュリティVE-S37RSは、専用工具を使わずに簡単に取り付けできるソーラー充電対応のカーセキュリティグッズです。

国産メーカーでカーセキュリティアイテムでは有名なユピテルが販売しているアラームタイプのセキュリティ製品です。

本体の設置するには、シガーソケットに差し込むだけで手軽で取り付けることができます。

また、電源はシガーソケットからの給電だけでなく、ソーラーパワーでも充電させることができます。

リモコンにも通知

ドアが正しくない状態で開けられたり、衝撃や傾斜で、警報機から大音量の警報音がなり出します。

その時には、3色5個LEDも点滅し、警報機の鳴動時には付属リモコンに通知が行き離れた場所でも、マイカーの盗難や危険を教えてくれます。

しかも、警報機を鳴らさないサイレントモード機能も持っているので、近隣に迷惑をかけない対策も取ることができます。

参考価格: 16,176円

DEI フィールドセンサー508D

世界最大のカーセキュリティーメーカーDEIから販売されているフィールドセンサー508Dは、アラームタイプの製品です。

車内と車の周りを赤外線センサーでくまなくバリアのように監視しており、除き見や手のひら大の物が動いただけで警報機が作動します。

広い関知範囲

感知できる範囲は人体で最大2.7m、金属で5mと広い範囲をカバーしており、感度調整はネジを回すだけでできる点も特徴的で、感度調整ができているとリーズナブルな価格で高い防犯性を実現しているトップランナーのカーセキュリティー用品です。

探知単位のフィールド知範囲はアラームの中でも最強と言われていますが、マイカーが大型車両のように大きいと、赤外線フィールドからはみ出てしまい、大粒の雨で警報機が誤作動する可能性がある点がネックです。

カーメイトOBDII通信カーセキュリティシステム ブラック SQ900

カーメイトOBDII通信カーセキュリティシステム ブラック SQ900は、純正のリモコンでオン/オフで切替可能なカーセキュリティシステムです。

リモコンでセキュリティ動作オン/オフができるために、とても使いやすくて、持ち運びに便利な点が好評です。

点灯種類も7パターンからセレクトすることができるので、様々なシチュエーションに合わせて防犯性能を調整することができます。

 しかも、警報時は、車のセキュリティーだけでなく、車自体のハザードランプと連動して警報させることができるので、さらに盗難のリスクを少なくすることができます。

取り付け方も至って簡単なので、本体を購入して取り付けは自分で行うこともできる逸品です。

セキュリティアラームを付けることは必須!

ここまでおすすめのセキュリティアラームをご紹介してきましたが、自分の車は自らの手で守るしかありません。

そのために、車を置いている環境に合わせて、ベストなアイテムを選択することが必要です。

セキュリティアラームを設置しておくことで、これからも快適なカーライフを満喫することができるのですから。

avatar
編集部
本日のおすすめはこちら

甲子園で野球を楽しみたい人にオススメな安い駐車場3選を紹介!前のページ

栃木で車の免許取るのにおすすめな自動車学校3選!次のページ

関連記事

  1. 未分類

    ベンツのホイールコーティング剤に悩んだらこれ!高品質のホイールコーティング剤!

    ベンツは見た目がクールですが、ホイールには汚れが付着しやすいです。ホ…

  2. 記事

    千葉県の車で行けて密になりにくい!おすすめの古城・遺跡3選!

    2020年は世界的に新型コロナウイルスが流行し、電車やバスといった公…

  3. 記事

    四輪自動車の先駆け!日産 サファリとは

    サファリは日本自動車メーカの一つ日産自動車が製造、販売していた四輪駆…

  4. 記事

    車検証がICカードに?情報をまとめてみた

    国土交通省は「車検証のICカード化」というアイデアを打ち出し、202…

  5. 記事

    緊急事態宣言で高速料金の割引が延長!?詳細を解説!!

    緊急事態宣言が延長したことにより高速料金に変化が起きたことについて皆…

  6. 記事

    メルセデスベンツの新たな試み!燃料電池で走る次世代トラックとは?

    現在世界中から注目が集まっているのが燃料電池ですが、この度メルセデス…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    車のホイールカバーの値段相場は?おすすめランキングTOP3!
  2. 記事

    アラバマ州で運転するにはアラバマ州独自の運転免許証が必要!アラバマ州のおすすめス…
  3. 記事

    米トヨタケンタッキー工場でRAV4の生産が1300万台を突破!どんな工場なのか?…
  4. 記事

    陰に隠れたマツダの名車「エチュード」とは
  5. 記事

    三菱自動車「ラリアート」が11年ぶりに復活する!どんな車になる?
PAGE TOP