東北道矢板北スマートICが開通! 

   
 

わたしたちは自動車を日々運転して生活しています。
自動車さえ購入すれば走れるものではなく、同時に道路工事や補修などをおこなってもらい、その恩恵を享受しています。
たとえばどのようなものがあるか、1つの例に高速道路のインターチェンジの開通が挙げられます。
最近ではどのようなものがあるか1つ紹介します。

何が便利になった?狙いは?

地域へのアクセス増加が狙い?

NEXCO東日本(東日本高速道路)と栃木県矢板市は2021年2月26日、東北自動車道矢板北スマートIC(インターチェンジ)を3月28日15時に開通することを発表しました。
矢板北PA(パーキングエリア)に接続するスマートICで、上下線そうほう出入りが可能、24時間利用可能なICで、さらにETC搭載全車種に対応しています。
上下線とも県道『県民の森』『矢板線』に接続しており、矢板ICからおよそ7.4kmという長さになっています。
場所は西那須野塩原ICからだいたい11.5km程度の場所に位置し、矢板市の中心部に近い位置にスマートICが整備されることで、矢板市中心部から北部にかけての国道4号の渋滞緩和や、矢板市北部にある八方ヶ原や県民の森といった観光地や、観光りんご園などへのアクセス向上に期待されています。

そもそもICってなによ?

ICICと言ってきましたが、そもそもインターチェンジってどういうものかご存じでしょうか?
IC(インターチェンジ)とは一般道から『高速道路を出入りする出入口』のことです。
似たような言葉にジャンクションがありますが、ジャンクションは『高速道路相互を直接接続するインターチェンジのこと』を言います。
非常によく似た言葉でややこしくはあるのですが明確に別物ですので覚えておくといいでしょう。

さらに今回紹介しているスマートICとは、『高速道路へのアクセス効率化であったり利便性向上のために建設されたインターチェンジ』のことをいいます。
スマートICは既存のサービスエリアやパーキングエリアから一般道へ出入り可能であったり、高速道路の本線と一般道路を直接接続したりとさまざまですので、出入り口や合流部分には特に注意が必要です。

特に『高速道路からでるためのインターチェンジを間違えた』といったケースなどで入りなおす通路を誤ったために逆走が起きてしまうといったケースも散見されるようですので、高速道路では深刻な誤りがないように注意してください。
高速道路はふとした勘違いやミスで大事故になりうる場所です。

自動車を安心して走らせるために

今回は東北自動車道矢板北スマートICについてお話ししました。

皆さまも高速道路を使用することはあると思いますが、先述のとおり高速道路はふとしたことで事故が起こる可能性が一般道よりも高くなっています。
スピードがでているので当然と言えばそうですが、では対策はどうすればよいかというと『ふとしたこと』が起こる確率を下げておくのがもっともわかりやすいでしょう。

ここでは後方確認のかなめであるサイドミラーの状態を良好に維持し、良好な視界を維持するためにおすすめのアイテムを紹介します。
CarZoot社から販売されている『Mirror G’coat』はプロも実店舗で使用しているサイドミラーコーティング剤です。

質の高い撥水を実現してくれるのが最大の特徴ではありますが、もっといえばスプレーで吹き付けて拭くだけ施工完了というお手軽さも大きな長所となっています。
施工が手軽ということは、それだけ手間が減るというもの。
日々忙しいと、どうしてもちょっとした面倒さでいろいろなことを後回しにしてしまいがちです。
施工は手軽であるに越したことはありません。
さらに1回の施工による持続期間は1カ月。1本で約30回分の施工ができます。
つまり1本購入するだけで2年と6カ月間使用することが出来るコストパフォーマンスも魅力的です。
また、最近の自動車に導入されているサイドカメラやバックカメラにも対応しているので自動車を買い替えてもそのままお使いいただけます。

舞鶴若狭道で福知山ICから綾部IC が4車線化完了!前のページ

愛知でグルメ!全日本うまいもの祭り2021開催!次のページ

関連記事

  1. 記事

    愛媛県でデートするなら瀬戸内しまなみ海道がおすすめ!展望スポットでインスタ映えする写真を撮影しよう!…

    愛媛県でデートするなら瀬戸内しまなみ海道がおすすめです。風景がとても…

  2. 記事

    ポロをベースにした フォルクスワーゲン クロスポロが乗りやすくてちょうどいいらしい!

    ドイツにある自動車ブランドのフォルクスワーゲン。そのフォルクスワーゲ…

  3. 記事

    トヨタ パッソセッテのスペックと中古車市場動向が丸わかり!

    小型ミニバンでありダイハツが製造しトヨタが販売していたのがパッソセッ…

  4. 記事

    年末年始の予防的通行止は17区間。予防的通行止めとは?

    2020年から2021年に変わる年末年始は日本に寒波が押し寄せて、日…

  5. 記事

    岩手県でデートするならめがね橋がおすすめ!岩手県の車で行ける一味変わったデートスポットを紹介!

    岩手県にはインスタ映えする写真を撮れるデートスポットがあります。橋で…

  6. 記事

    ホンダの新型ハイブリッド車「HR-V新型」2月18日にオンライン上で公開予定

    ホンダ欧州部門は1月18日に新型「HR-V」、日本名で「ヴェゼル」の…

新着記事の一覧

  1. F1エミリア・ロマーニャGPでイモラ・サーキット内の光ファイ…
  2. レッドブル・ホンダF1 フェルスタッペンがフリー走行で停止。…
  3. タダノがアプリでクレーン作業時のトラブルを解決!
  4. 京都府とマツダ販社が車両提供を災害時に行うことで協定!
  5. スズキ「スペーシア」国内販売100万台達成!
  1. 記事

    ドライブで行きたい!群馬県の人気イルミネーションスポットを紹介
  2. 記事

    【勢いのあるタイヤブランド】MAXXISの2021年おすすめ商品をご紹介!
  3. 記事

    GOTOトラベルキャンペーンを最大限活用出来る方法と岐阜県のオススメ宿を紹介!
  4. 記事

    amazonで大人気のCarZoot社の『HeadLightRestoratio…
  5. 記事

    【和歌山県の目玉スポット!】ドライブで行きたいドッグランを紹介!
PAGE TOP