東京駅周辺の屋内電子地図を国交省が公開

   
 

日本に限った話ではありませんが、サービスというのは日々進化していきます。
多くの企業の努力によって進化していくサービスですが、国もそれを支援します。
今回は国交省が公開した屋内電子地図について紹介します。

民間サービスの創出を促進する目的

屋内ナビゲーションアプリ開発を支援

国土交通省は2021年1月27日、屋内外の測位環境を活用した民間サービスの創出を促進することを目的として東京駅周辺の最新の屋内電子地図をG空間情報センターで公開したと発表しました。民間企業による屋内ナビゲーションアプリ開発を支援します。

国土交通省では、外国人や高齢者、障がい者を含む誰もが、屋内・屋外を問わずシームレスに目的地へ円滑に移動できる社会の実現に向けて「高精度測位社会プロジェクト」を展開しています。
このプロジェクトでは、関係者の協力を得ることで屋内電子地図や屋内測位環境を整備しています。
屋内外シームレスなバリアフリーナビゲーションサービス、災害時の情報共有サービスなどの実証実験を実施するとともに、整備した屋内電子地図をG空間情報センターで公開してきました。

今回の「高精度測位社会プロジェクト」では屋内電子地図を活用したサービス創出を促進するために、2020年8月に新設された東京駅グランスタ地下北口改札を反映した最新の東京駅周辺の屋内電子地図を公開するという内容。

日本でも最大級の地下空間のある東京駅を中心とした東西およそ1km、南北およそ2kmという広い範囲を対象に整備されました。
さまざまなサービスの基盤となる屋内電子地図であり、通路だけでなく階段やトイレなども含んだデータを作成しており、通路の段差や勾配を含む屋内ネットワークデータを利用して、段差を回避するバリアフリールート検索などのサービスの開発も可能になります。

昨今のバリアフリーの充実傾向は?

今の日本は超高齢者社会とも呼ばれるほど高齢者が増加しています。
また、バリアフリーは高齢者のみならず足腰が弱っている人も増えているのでその需要は非常に高いと言えるでしょう。

さて、そんなバリアフリーの普及率はですが2018年時点の住宅・土地統計調査の速報集計結果によると、何らかの形で「バリアフリー」を備えた住宅は2726万9600戸となり、居住者のいる住宅に占める割合は50.9%に達していることが明らかになりました。

2015年には達成している家屋の割合で25%を超えているのは注文住宅と分譲集合住宅だけであったことを考えると普及率の上昇は目覚ましいといえるでしょう。

今回導入された屋内電子地図によって、家屋以外にもバリアフリーの普及がぐんと増えることを期待したいです。

マイカーメンテナンスを完璧にして事故防止

バリアフリーの普及など、社会の発展は非常に重要な課題です。
一方で、バリアフリーを必要としていない人も、安全な生活をするために自動車による事故を防止するために窓ガラスの撥水を求めるのはごく自然なことでしょう。

安全な運転できる状況を確保するために、クリアな視界は必須。
そこであなたへおすすめしたいのがCarZoot社の販売している窓ガラス用撥水コーティングキット『RainCut-Fu-』です。

プロ仕様の強力なフッ素加工で驚くほどの撥水効果を実感できる商品なのですが、メンテナンス初心者にも優しい薬液、スポンジ、クロスが全て含まれた施工キットです。
30km/hというスピードで窓ガラスの水滴を吹き飛ばし、ワイパーなしでもクリアな視界を確保できるほど強力な商品です。(雨の程度に応じてワイパーの使用はおこなってください)

また、この商品の大きな魅力は、その効果の持続時間です。
1回の施工の効果が12ヶ月という長い期間続きますのでコストパフォーマンスが非常に優れています。
リーズナブルで試しやすいので、ぜひ手に取ってその効果を実感して下さい。

2022年、トヨタ&スバルの4WDスポーツもデビュー?前のページ

プジョーが商用版EVを2021年に発売次のページ

関連記事

  1. 記事

    「スバル プレオ」のカタログスペックや中古車販売価格の紹介

    日常使いでとても扱いやすい「スバル プレオ」。「スバル プレ…

  2. 記事

    イタリアとフランスの日本生まれの姉妹車!? スピアーノ

    街で見かける女性人気が高い軽自動車と言えばどんな車種を思い浮かべるで…

  3. 記事

    新型アウディQ5スポーツバックはいつから購入できるのか?魅力を徹底解説!

    2020年、アウディの人気SUVであるQ5がモデルチェンジすることが…

  4. 記事

    長く愛される名車・ランサー!性能や金額を知っておこう!

    ランサーは初代販売の1973年から8代目発売の2017年まで、非常に…

  5. 記事

    静岡県では大パノラマ夜景が見られる魅力的なスポットあり!車でアクセス可能!

    静岡県には魅力的な夜景スポットが多数あります。大パノラマ夜景も楽しめ…

  6. 記事

    古さを感じさせないホンダのインテグラ!タイプSとタイプRのカラーリングや性能を紹介 

    インテグラはかつてホンダが製造・販売していた車種で、2006年9月モ…

新着記事の一覧

  1. 【2021年版】非常時のために常備したい寝袋のおすすめランキ…
  2. 【豊田合成】 宮城県に内装部品の生産工場を新設 2022年夏…
  3. HONDAシビック 次期型「ハッチバック」の気になる展望
  4. 【知っておこう】フランスでの自動車保険について日本のそれとは…
  5. ロシア版:モスクワで駐車場をレンタルするには、いくらかかるの…
  1. 記事

    ドライブで行こう!岩手県内のおすすめイルミネーション
  2. 記事

    「この曲知ってる!」記憶に残る車のCMソングを紹介
  3. 記事

    アルテッツァジータ2001年モデルがどうしてこんなに人気なのか?徹底解説!
  4. 記事

    ロシアは右車線?信号は縦型?どんな交通違反?
  5. 記事

    彩速でお馴染み、KENWOOD最新カーナビを詳しく解説
PAGE TOP