未来の車ソニーの新型EV

   
 

2020年1月米国ラスベガスで開催されたIT家電ショー「CES20200年」でソニーが発表した電気自動車に注目が集まっています。今回はそんな音響家電で有名なSONYが開発した最新EV車について見ていこうと思います。

その名はVISION-S

今回発表された電気自動車の名前は『VISION-S』と言います。4人乗りのスポーツカーで、市販モデルを思わせる光沢で光をイメージした「オーバルデザイン」がコンセプトになっています。

全体のデザインはソニーが担当し、そのデザインを基に「マグナ・インターナショナル」が車両制作を担当しました。わずか2年で実走できる段階までこれたのもマグナの協力あってのことだそうです。

近年携帯の進化により我々の生活は変わっていきました。そして次に私たちの生活を変えるのは車の進化だとソニーの吉田憲一郎社長は言っていました。

「クルマの進化に対するソニーの貢献」

その様に述べるソニーが従来から持つエンタメの技術やAI技術をふんだんに盛り込んだ新電気自動車の魅力は何なのでしょうか。順番に見ていきましょう。

高度な運転支援

ソニーは未来の自動運転を見据えて開発した「Safety Cocoon」を主軸に、車載向けCMOSイメージセンサーやToFセンサーなど、数種類のセンサーを合計33個搭載しています。これにより、車内外の人や物体を検知・認識高度な運転支援を行えるようになりました。現状では運転支援は「レベル2」だが将来的には緊急時にも車側に操作をゆだねることが出来る「レベル4」を目指しています。

※Safety Cocoon(セーフティコクーン)とは自動車の360度を検知し、早期に危険回避行動を支援する技術です。

没入感のある音響設備

ソニーが推奨する立体音響技術「360 Reality Audio」を各シートに内蔵されたスピーカで提供する。

「360 Reality Audio」とは360度全天球空間に広がるサラウンド音声を、あらゆる空間で臨場感豊かに楽しめるソニー独自の技術です。

全体にふんわりとした印象を与えつつボーカルはしっかりと前方に出てくる。コンサートホールでライブを楽しんでいるかの様な感覚を味わえます。

継続的なアップデート

「VISION-S」はaiboなどを手掛けたロボティクスビジネス担当役員が深く関わって生まれたことからAIの技術も導入されております。そして、AIや通信技術も活用した車載ソフトウェア制御を搭載することにより、機能の継続的なアップデートが実現でき進化し続ける車が誕生しました。

次世代通信網の5Gにも対応予定で、ドアのロックのON/OFFもスマートフォンでの操作が可能になります。

ワイドなパノラマスクリーン

ソニーの得意分野の一つにAVシステムがあります。VISION-Sにはその技術も忘れず導入されており、ダッシュボードにはまるでSF映画を彷彿とさせる3枚の液晶パネルを一体化させたパノラマスクリーンが広がっています。

インターフェイスは「求める機能までの階層が深くならないよう配慮し、好みの設定に簡単にカスタマイズできる」とのことで、フリック操作で簡単に様々な表示の変更が可能になっています。

現時点では車両ナンバープレートを取得していないため、公道を走ることはできていないですが、2020年度中には公道でのテスト走行をする予定です。走行実験をすることにより、問題点の解決と更なる進化に期待したいところです。

まとめ

VISION-Sが仮に運転支援レベル4で日本の公道を走ることになると、いよいよ子供の頃に見たSF映画の世界がそこまで来たんだなと思います。交通事故の撲滅を支援しつつ、実用的で見た目の美しいVISION-Sのさらなる進化を期待しつつ更なる情報を待ちたいと思います。

ヘッドライトの黄ばみ落とし

Amazon新着ランキング1位を獲得しましたこちらのクリーナーですが、その理由はプロ仕様のコーティングとクリーナーが実現できるところにありました。ヘッドライトの黄ばみを落としつつコーティングもできるのでコスパ最高です。

avatar
これから車を購入するならEVがおすすめだよ!

性能よく見て自分に合った車を探そう!

車の左側通行の日本と同じように左車線の国はどこなのかご紹介します!前のページ

石川県のドライブで行きたくなるロケ地を紹介 次のページ

関連記事

  1. 記事

    自動車保険の年齢条件って何だろう?保険料はこの条件でどのように変わるのか解説

    車を運転する上で、どんなに安全運転を意識していても予想外の交通事故を…

  2. 記事

    北海道は車で!ドライブで巡る可愛いカフェを紹介!

    北海道は広大な土地で、美味しい野菜やお肉、海にも囲まれているので海産…

  3. デザイナーA

    中華街もある神奈川でトラックが洗車できる洗車場を紹介!

    トラックの洗車は面倒なのでどうしても後回しになりがちですが、メンテナ…

  4. 記事

    運転中片手にパンやおにぎりは、交通違反になる?

    ドライブに行く際の楽しみは、美味しい食べ物や飲み物も車内で共有したり…

  5. 記事

    カーポートの塗装は自分でやる?それとも業者に頼むべきか?

    カーポートの塗装をやってみようと思っている人に読んでほしい内…

  6. 記事

    BBSのホイールの値段はなぜ高いのか

    自動車のカスタマイズで触りやすい部品と言えばホイール。人気のアルミホ…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 未分類

    驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  2. 記事

    日常生活に必須!茨城県でおすすめな自動車学校3選!
  3. 記事

    ミクニワールドスタジアム周辺でおすすめの駐車場を厳選して紹介!
  4. 記事

    千葉県で高品質のカーポートを安く設置するのに最適な業者を紹介!
  5. 記事

    青森県でおすすめの交通安全お守りと神社を確認!
PAGE TOP