朗報!?トヨタ・ハイエースが2030年まで現行型を販売継続か

   
 

ハイエースと言えばトヨタを代表するキャブオーバー型の商用車および乗用車です。いや、日本を代表するといっても過言ではないでしょう。なぜなら、日本で一番売れているキャブオーバー型のクルマだからです。

街中でもほんとによく見かけます。そのハイエースは2004年に登場してすでに17年もの月日が経過しています。普通ならとっくにフルモデルチェンジしているはずですが、いまだに現役。このハイエースが2030年まで現行型を販売継続するという話が聞こえてきたので調べてみました。

フルモデルチェンジの情報が流れてこない=継続!?

トヨタ・ハイエースは1967年に登場し、現行型は5代目となるH200で2004年にデビュー。初代から4代目までのハイエースも10~15年の周期でフルモデルチェンジというロングランの車種なのですが、現行の5代目ほど圧倒的な人気があったわけではありません。

商用車ベースということもあり、乗用車のような短いサイクルでフルモデルチェンジする必要もないといえばない車種ではあります。しかし、現行型の5代目はデビューからすでに17年が経過しているにもかかわらず、マイナーチェンジや一部改良をするだけで、フルモデルチェンジする気配が全くありません。

またこの5代目ハイエースは、商用バンのカテゴリーでは圧倒的な人気を誇っています。街中でよく見かけるのが何よりの証明でしょう。

よく売れて人気がある理由はいくつもあります。一つ目はデザインのカッコよさです。日産キャラバンなどがライバルになるのですが、エクステリアデザインでは、ハイエースが圧倒的にカッコが良い。

そのため、商用としてだけでなく、一般の人が乗用として購入する人がたくさんいるのです。ハイエースには3ナンバーの乗用タイプもラインアップされています。しかし、一番よく売れているのは4ナンバーの商用タイプ。

理由は、商用ベースの方が荷物を積みやすいからです。平日は普段使いをして、週末などにはたくさんの荷物を積んだり、自転車を積んだりして余暇を楽しむわけです。

さらにトヨタでは、販売チャネルを一本化し、ハイエースはどこのトヨタディーラーでも購入できるようになりました。ハイエースが購入できる場所が増えたことで販売機会が増えて売れているわけです。

これだけ人気を維持しているハイエースですから、デビューから長い月日がたったからという理由でわざわざフルモデルチェンジする必要はないと考えるのは当然の流れだと思います。

ハイエースが次にフルモデルチェンジするとすれば、クルマの電動化が叫ばれている2030年あたりになるのではないでしょうか。ここならフルモデルチェンジさせる理由がはっきりとしています。また電動化するのに、現行型を改良するよりも、いっそ全てを新しく作り直した方がコスト的にもメリットがあります。

よって、現行型の5代目ハイエースは、2030年まではこのまま継続販売される、というのが濃厚な感じです。とはいえ、あくまでもウワサや憶測にすぎないため、ハイエースをこれから新車で購入しようと考えている人は、今後のハイエースの動向に注目しておいてほしいと思います。

ハイエースの中でも一番の人気タイプ・グレードは?

ちなみに現行型のハイエースで一番売れているのは、4ナンバー商用バンタイプの「GL」5ドア標準ルーフです。とくにどのタイプやグレードか決めていない人は、このタイプ・グレードからチェックしてみてはいかがでしょうか。

ハイエースのような大型バンもお手入れできるのは「CarZoot」

ハイエースを2030年までキレイに美しく保つことができるカーケアアイテム「CarZoot」をご紹介します。

このカーケアアイテムは、日本製でプロのカーメンテナンスショップでも愛用されるほど信頼性の高く、ボディからホイール・タイヤ、ウインドウ、ドアミラー、車内まで全てをケアできるアイテムをラインアップしています。

大きなボディと室内をもつハイエースにも最適なカーケアアイテム「CarZoot」をぜひお使いください。

マツダ・MX-30、レンジエクステンダーにロータリーエンジン採用前のページ

上海モーターショーの主役は電動車両!注目の新型車を一挙ご紹介次のページ

関連記事

  1. デザイナーA

    普通のサングラスと何が違うの?運転用サングラスの特徴!

    運転用のサングラスの購入を考えているんだけど普通のサングラスとは何が…

  2. 記事

    【京都府在住に必見!】京都でカーシェアリングにおすすめの3店紹介

    「京都府でカーシェアリングのおすすめのお店教えて!」「そもそも、カー…

  3. 記事

    大阪府で後遺症を治療してくれるおススメの病院を紹介!保険についても解説!

    「大阪府で交通事故に巻き込まれて後遺症が残ってしまった。どこか通院で…

  4. 記事

    車の修理は何処に頼む?石川県でおすすめの板金屋

    石が跳ねて傷がついたや手に持っているカバンがぶつかってへこんだなど、…

  5. 記事

    あなたの車、イメチェンしませんか?長崎県で車のボディカラーを変更できる良質塗装屋を紹介!

     車に乗っていると、気分転換に車のボディカラーを変えたいと思う時があ…

  6. 記事

    【自動車へ給油】新ブランドのアポロステーション2021年始動へ!

    「新ブランドのアポロステーションについて詳しく知りたい。」「…

新着記事の一覧

  1. 福井県でおオススメ!車で行けるグランピング施設はどこ??
  2. 【福岡県】人気アニメとコラボイベント開催!花まつりや子供の日…
  3. 【高知県】切り絵の世界に踏み込もう!花まつりや子供の日の催し…
  4. 【愛媛県】全国のお肉が楽しめる!花まつりや子供の日の催し物を…
  5. 【香川県】高松城と夜桜のコラボ!花まつりや子供の日の催し物を…
  1. 記事

    【なぜトヨタグループに?】全国で航空業界従業員の出向を受け入れ
  2. 記事

    三菱自動車の本社ショールームにてダカールラリー展を開催中!2002年の優勝車もあ…
  3. 記事

    江戸時代に風景がそのまま残る。三重県亀山市とは?
  4. デザイナーB

    明治時代から栄えていた温泉地がある車で行ける兵庫県の足湯と日帰り温泉
  5. 記事

    EVアイランド計画とは?島の全車両を電動化へ!
PAGE TOP