最大7本まで!カーメイトがSUV・ワゴン向けロッドホルダー発売へ

   
 

クルマの車載能力を高めたい、とお考えではありませんか?

そんな方にぜひ使ってほしいのが、カーメイトで販売が始まったSUV・ワゴン向けロッドホルダーになります。これまでは5本積載のものがあったのですが、今回はなんと7本が積載可能に!非常に使い勝手の良い商品が登場しました。

カーメイトの新発売されたロッドホルダーに注目してみた

カーメイトは、ルーフキャリア「INNO」ブランドの新製品を発表しました。ロッドの弾力を利用して固定する「ロッドホルダーテンションホールド5」を4月1日に発売したのです。

ここでは、「ロッドホルダーテンションホールド5」について詳しく解説します。一体どのような製品に仕上がっているのでしょうか?

新発売されたロッドホルダーの概要をご紹介

そもそもカーメイトでは、1995年からロッドホルダーを開発してきました。ユーザーからは「頭上に製品やロッドがあると気になる」との声もありました。それらの要望に答えるようなロッドホルダーはあったのですが、問題はSUVやステーションワゴンになります。それらの車種に対応したロッドホルダーは積載台数が5本までと、他のモデルと比較すると少ないのも事実。そこでカーメイトが本腰を入れ、SUVやステーションワゴンでも6本以上を積載できるようにフレーム構造を見直して、フルモデルチェンジを行ったのです。

7本も積載できるロッドホルダーテンションホールド5は、ロッドのしなりを利用して積載する新構造を採用しています。ロッドをホールドするフレームはラゲッジ上部の1か所のみにしており、フロント側に関してはスポンジだけと言ったこだわりよう。これによって圧迫感が圧倒的に軽減しているのです。SUVやステーションワゴンなど室内高の低い車におすすめの製品なので、じっくり付き合っていきたい素晴らしい逸品に仕上がっています。

ロッドはグリップ径22~35mmまでに対応しており、様々な釣り竿にも対応!さらに片手で着脱ができるなど、大きなメリットも少なくありません。1ピースロッドや短めの2ピースロッドにリールをセットした状態で積載できる点にも注目です。目的値についてすぐに釣りを始める、なんてことまでできてしまいます。

価格はどうなっているの?

ロッドホルダーテンションホールド5の価格はどれくらいなのか気になるでしょう。

ロッドホルダーテンションホールド5が1万8,700円であり、オプションホルダーは1,650円になります。お財布との相談になりますが、気になった方はチェックされてみてはいかがでしょうか?カー用品店などで、実物を確かめてみるのもおすすめです。

最高品質のガラスコーティング剤をご紹介!世界最高水準を体感してみよう!

クルマのボディの管理は簡単ではありません。特に注目したいのがガラスコーティング剤になります。ボディを光り輝かせるようなコーティング剤であれば、ぜひとも利用したくなるのが車好きです。でもなかなか高品質なコーティング剤に出会えないことも事実。

そこで当サイトでおすすめしているのがCarZoot社の「CarZoot ガラスコーティング ガラスコーティング剤 コーティング剤 車 カー用品」です。耐久力に極めて優れており、1年間が効果が持続するとされています。つまり高頻度でコーティングする必要はありません。したがってコストパフォーマンスに優れているのです。

使い方も特に難しいものではなく、施工マニュアルが付属しているのでそちらをチェックしてもらえればOkです。アマゾンで絶賛発売中であり、税込み3,780円です。送料は無料であり、下地処理シャンプーとタオルにスポンジが付属しているセット商品になります。ぜひ利用されてみてはいかがでしょうか?

ベントレーがPHVのベンテイガ・ハイブリッドの新型改良モワンオフモデルを中国・上海モーターショー2021で初公開へ!前のページ

アメリカンなバイクの販売拠点が誕生!インディアンモーターサイクル埼玉がオープン!次のページ

関連記事

  1. 記事

    石川県には感染症対策を徹底したタクシー会社あり!対策を解説!

    新型コロナウイルス感染症流行に伴い、感染症対策に敏感になっている人は…

  2. 記事

    車のカースタントマンになるには?仕事内容や資格、向いている人について紹介

    映画やTVの危険なシーンで車で炎の中に入ったりするカースタントマン。…

  3. デザイナーB

    【Go To Eatで経済を回す】島根県で和を感じるおすすめのお店をご紹介 !

    コロナ下の経済対策として、Go To トラベルキャンペーンに続き、2…

  4. 記事

    自動車保険の年齢条件って何だろう?保険料はこの条件でどのように変わるのか解説

    車を運転する上で、どんなに安全運転を意識していても予想外の交通事故を…

  5. 記事

    レース用のパーツで公道を走っても違法にはならないのか?徹底解説!

    レース場を走るレーシングカー。車が好きな方であれば、誰でも一度は憧れ…

  6. 記事

    【ドライバー必見】宮崎県の温泉を自動車で楽しもう! 

    2020年の夏は、新型コロナウイルスで大変であったことに加え、非常に…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    トヨタ車向けに先進運転支援システムを提供?ZFとモービルアイの2社が共同で!
  2. 記事

    かわいいカー用品!ハンドルカバーならカーキュートがおすすめ!
  3. 記事

    Honda HEAT(ホンダヒート)の試合観戦に行くなら駐車場を予約しよう!おす…
  4. 記事

    【トヨタ車実力発揮】ホンダeに対抗したe-TNGAについて解説
  5. 記事

    藤枝ってどんなところなの?【22番目】歴史や観光スポットを紹介!
PAGE TOP