日産”エポロ”って知ってる?

   
 

今年の日産の勢いはすごいですね。新たな車種の発表や最新技術の開発と日々驚かされる情報が出てきています。その一つに”エポロ”という7体のかわいらしいロボットカーの発表がありましたので、今回はそれについて調査しました。

エポロの正体は?

7体のかわいらしいボディが特徴の”エポロ”ですが、ただかわいらしいだけではありません。日産といえば安全性能や自動運転技術開発の国内をけん引する存在ですが、その技術を詰め込んで誕生したのがエポロです。

名前の由来

EPORO:EPisode 0(ZERO) RObot (CO2排出ゼロ、交通事故ゼロに向かうエピソード)の略です。

日産の最先端技術が詰まっている

エポロの動きのモデルとなったのはなんとイワシのように群れを形成して泳ぐ魚です。このような魚の特徴として、障害物を回避しながら、お互いにぶつかることなく、密集して回遊することができます。これは近くの仲間の位置に対して「衝突回避」「並走」「接近」という3つのルールに従い動きを変化させているためです。

エポロにはこの3つのルールを守るために、「レーザーレンジファインダー(LRF)」と「UWB通信技術(ウルトラワイドバンド)」を搭載しています。これは先ほどのイワシのような魚で言うところの、「側線感覚」と「視覚」といったセンサー機能に変わるテクノロジーです。

このようなテクノロジーによって、エポロは安全かつ効率的な走行を可能としています。

4コマ漫画「エポロの日常」とは?

そんなエポロが登場し、定期的に配信されているのが4コマ漫画「エポロの日常」です。この中で、自動運転技術をたくさんの人にわかりやすく伝えています。例えば、先ほど紹介した魚の群れの例を、7体のエポロがなぜぶつからないか?ということに例えて漫画になっていたりします。

「エポロの日常」はこちら

タイヤ本来の艶を復活!

CarZOOT ”Tire Coating”を紹介!

タイヤは車と地面と唯一の接地部分で、汚れやすいです。「いやいや、タイヤなんて汚れるもんでしょ」と思う方もしれませんが、タイヤがきれいかそうでないかで、車全体の印象って大きく変わるものです。

そこで今回紹介するのは、CarZOOT”Tire Coating”です。タイヤワックスというと聞いたことがある方もいるかもしれませんが、それと同じような効果を期待する製品です。ただし、既存製品ではオイルベースで製造されており、持続性が低く、タイヤのひび割れの進行を促進あっせてしまうものがほとんどでした。

しかし、この商品はタイヤ専用配合の”シリコン”を主材料として採用して製造することで美しい深みのある、漆黒の艶と長期間の耐久性が魅力です。また、研究開発・製造を完全国内で行っており、品質が高く、プロの洗車店舗でも採用されている製品です。

コーティング剤と専用スポンジがキットになっており、タイヤ1本の施工時間はおよそ5分。施工前にタイヤの汚れをしっかりと洗い流します。ここで汚れが残っているとコーティング乗りが大きく変わります。そして、専用スポンジにコーティング剤を染み込ませタイヤに塗り込むと、圧倒的な艶に驚かされます。

この商品の詳細はこちら

まとめ

今回は、日産のロボットカー”エポロ”を紹介してきました。自動運転技術の開発だけでメーカーがユーザーを置いてけぼりにしてしまうのではなく、情報を共有することでさらに普及が進むことが期待できます。自動運転技術のけん引役としての日産のこの活動はのちに大きく社会を変えるかもしれません。

全ての車がエポロのようにお互いを群れの魚のように認識し「衝突回避」「並走」「接近」のルールに従い走行できれば、事故や渋滞のない安全で効率の良い車社会が誕生します。その日は思っているよりも早く日産が実現してくれるかもしれません。

最後に紹介したCarZOOT”Tire Coating”もとてもおすすめの商品なので、ぜひチェックしてみてください。

ドライブしながら涼しくなろう!沖縄の心霊スポットご紹介!前のページ

北海道は釣りスポットが豊富!車で北海道の釣りスポットを巡ろう!次のページ

関連記事

  1. 記事

    ジャガーの”挑戦者”を支援するスポンサード事業 

    エリザベス2世女王やチャールズ皇太子から御用達指定されているイギリス…

  2. 記事

    ランボルギーニ アヴェンタドールロードスターとはどんな車?魅力あふれるその理由を徹底解説!

    あなたは「ランボルギーニ アヴェンタドールロードスター」という車をご…

  3. 記事

    あおられ運転って何?あおり運転を誘発させる運転方法に注目してみた!

    あおり運転が社会的問題になっていますが、実はあおられ運転と呼ばれるも…

  4. 記事

    自動車の歴史を生んだニコラ=ジョゼフ・キュニョー

    現代の自動車の先駆けとなる世界初の自動車を開発したニコラ=ジョゼフ・…

  5. 記事

    【お知らせです!】動物園は神奈川県が熱いから車で訪れてみよう!

    「神奈川県下の動物園で車で行けるところがあったら知りたい。」…

  6. 記事

    大阪府から他県への引っ越しに使えるおすすめレンターカーショップ3選紹介!

    引っ越しをするならレンタカーを利用するのがおすすめです。それ…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    国交省がバスタプロジェクト全国展開!ガイドラインを策定する?検討会の内容とは?
  2. 記事

    3Dウェーブサイプが配置された正新ゴムのスタッドレスタイヤについてご紹介
  3. 記事

    外部落札システム「TC-webΣ Webリアル」がリニューアル!オークションの仕…
  4. 記事

    【キュート!】パナソニックが「癒しロボット」を販売!どんなロボットなのか徹底解説…
  5. 記事

    2021年の鈴鹿8耐が延期に!11月は無事に開催できるのか?
PAGE TOP