日産、新型「アリア」を「北京モーターショー2020」で海外初公開 2021年末までに販売予定

   
 

日産自動車は「北京モーターショー2020」で、新型EVの「アリア」を海外初公開します。アリアは7月15日に横浜で発表されました。日産自動車は来年末までに中国での販売を予定しています。そこでこの記事では「北京モーターショー2020」で、日産自動車がどんな展示を見せるのかや、新型EVの「アリア」について詳しく紹介しています。

北京モーターショーとは?

北京モーターショーは中華人民共和国の北京で、1990年から隔年開催されているモーターショーです。通常は4月に開催されますが、今年は新型コロナウイルス感染症対策で、9月26日から10月5日までの10日間の開催となります。

日産ブースで展示されるのは?

北京モーターショーの日産ブースでは、日産とイタルデザインが共同開発した「Nissan GT-R50 by Italdesign」や、フォーミュラEに参戦中の「フォーミュラEレーシングカー」。ProPILOTを搭載した「キャシュカイ」や「エクストレイル」、「アルティマ」などが展示されます。

日産アリアとはどんな車?

日産自動車は2010年に量産電気自動車のリーフを販売しました。2017年にリーフはモデルチェンジされ、機能や使いやすさが向上しています。電気自動車は内燃機関を使わないので二酸化炭素を排出することはありません

そして今年の7月15日に発表された新型電気自動車がアリアとなります。なおアリアの発売時期は2021年の中頃とされています。世界中の自動車メーカーが電動化を目指す中、日産自動車は一歩先を行っていると言えるでしょう。

マツダCX-5とほぼ同サイズのクロスオーバーEV

アリアはクロスオーバーEVとして企画されました。ですから従来のリーフよりも大柄な車に仕上がっています。同クラスのクロスオーバーを探してみると、マツダCX-5がほぼ同じサイズであることがわかりました。

アリアのサイズは全長4595mm×全幅1850mm×全高1655mmです。マツダCX-5は全長4545mm×全幅1840mm×全高1690mmとほぼ同じです。つまりSUVのミドルサイズに当たることになります。

タイヤのサイズはSUVらしく大径となっており、20インチ(255/45R20)と19インチ(235/55R19)を、グレードに応じて装着しています。車重は1900~2200kgとなっています。

パワートレーンのラインナップ

駆動形式はFFの2WDと後輪にもモーターを配した4WDが用意され、リチウムイオン電池の容量はそれぞれ65kWhと90kWhを選ぶことが出来ます。2WDの65kWh搭載車の馬力は160kW(218ps)で、トルクは300Nm(30.6kgm)となっています。航続可能距離は最大450kmとしています。

2WDの90kWh搭載車の馬力は178kW(242ps)で、トルクは同じ300Nm(30.6kgm)です。航続可能距離は最大610kmとなります。4WDの65kWh搭載車は後輪モーターが加わるので、馬力は250kW(340ps)でトルクは560Nm(57.1kgm)に上がります。一方、航続可能距離は最大430kmなのでやや劣ることになります。

トップグレードはスポーツカー並み

アリアのトップグレードは4WDの90kWh搭載車です。馬力は290kW(394ps)でトルクは600Nm(61.2kgm)に達します。0-100km/h加速は5.1秒で最高速度は200km/hにもなります。航続可能距離は最大580kmになるので長距離も楽にこなすでしょう。

0-100km/h加速が5.1秒というのはスポーツカー並みの数値です。しかもアリアは電気自動車ですからモーターで駆動します。モーターはガゾリンエンジンよりも瞬発力が高いので、フル加速では背中を蹴飛ばされたような感覚を味わえるでしょう。

日産アリアの価格は?

これまでのところ日産自動車はアリアの詳細な価格については発表していません。しかし2WDに65kWhのリチウムイオン電池を搭載するグレードは、500万円少々になるということです。

リーフに62kWhを搭載したe+Gグレードが499万8400円ですから、ブランニューモデルのアリアが500万円少々ならリーズナブルと言えます。

CarZoot タイヤ ワックス

おしゃれの基本は足元からといいます。それは車でも同じです。素敵なアルミホイールを履かせると映えますよね。でもちょっと待って下さい。ホイールがピカピカでもタイヤが汚れていたら台無しですよ?

そこでオススメしたいのが「CarZoot タイヤ ワックス」です。本製品は従来のタイヤワックスとは比較にならない優れものなんです。施工は簡単。まずタイヤをしっかり洗って乾燥したら「CarZoot タイヤ ワックス」を塗り込むだけです。

タイヤワックスと言っても実はコーティングなので効果が持続します。使い込んだタイヤもまるで新品のような艶を取り戻すことが出来ます。

avatar
状態の悪いタイヤになっていませんか!

空気圧などの点検も行っておきましょう!

乗用車にキャタピラをつけて走行は可能? 前のページ

EUの自動車関税問題について徹底解説!今後の動向に注目!次のページ

関連記事

  1. 記事

    電気自動車を使用している人必見!栃木県の充電スタンドを紹介!

    電気自動車の普及に伴い、電気自動車の充電スタンドの需要も高まっていま…

  2. 記事

    いざという時のために車載用防災セットが必要!車に常備しておこう!

    いざという時のためには、車載用防災セットがあると安心です。車載用防災…

  3. 記事

    サイレンはなってないときや回転灯が回ってない時は捕まらない?事実をまとめて紹介

    サイレンなしで赤色灯をつけて走っているパトカーを見ると、パトカーがど…

  4. 記事

    大阪府でお遍路巡りが出来る?おすすめの寺院を徹底解説!

    日本の3大都市の一角を担う大阪府。大阪ではどこのお寺に行けば、不思議…

  5. 記事

    【今週末はここへいけ!】福島のおすすめの公園2つ!

    あんまり遠出はしたくないけど、子供を楽しい場所に連れて行ってあげたい…

  6. 記事

    車のコーティングは親水と撥水のどちらがおすすめ?選び方を解説!

    いまや、愛車のボディ保護はワックスからコーティングに時代は変わりつつ…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    タイヤの正しい保管方法は知ってる?未使用か交換用によっても違う!
  2. 記事

    佐賀県でおすすめがばい効き目が期待出来る!交通安全お守りと神社を3選紹介!
  3. 記事

    車のホイールカバーをカッコよく変身!おすすめの交換方法とは?
  4. 記事

    車好きならしっておきたいダカールラリーの歴史などを解説!
  5. 記事

    石川県には金沢市街を一望できる魅力的なスポットあり!デートスポットとしてもおすす…
PAGE TOP