日本車唯一のGRヤリスが2021年ワールドパフォーマー第二次選考へ進むに残る

   
 

「2021ワールドパフォーマンスカーオブザイヤーの第2次選考について詳しく知りたい。」

「トヨタヤリスについて教えて。」

「世界・カー・オブ・ザ・イヤーが気になる。」

このサイトをご覧になっている方は、このように思っているのではないでしょうか。

今回は、2021ワールドパフォーマンスカーオブザイヤーの第2次選考について解説します。

1. ヤリスが選考車種に残ったワールドカーオブザイヤー

1−1 カーオブザイヤーの第2次選考

ワールドカーオブザイヤーでは2021ワールドパフォーマンスカーオブザイヤーの第2次選考車種に、トヨタGRヤリスが入りました。

選考車種の条件は以下の通りです。

  • 2019年秋から2020年秋にかけてデビューした新型車
  • 動力性能に優れるモデル
  • 2021年春まで生産と販売を継続する
  • 世界2大陸以上で販売
  • 欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは対象外
  • 世界20か国以上の93名のジャーナリストが、投票

選ばれた車種は以下の通り。

●アウディRS Q8
●BMW M2 CS
●BMW X5 M / X6 M
●ポルシェ911ターボ
●トヨタGRヤリス

1−2 世界・カー・オブ・ザ・イヤー

世界・カー・オブ・ザ・イヤー World Car of the Year 、WCOTY)とは、23カ国・82人の国際的自動車ジャーナリストにより選考される自動車賞である。

23カ国、82人のモータージャーナリストによって選ばれる自動車の賞で、2004年に設立されました。

毎年4月にニューヨーク国際オートショー会場で表彰式が行われます。

初代ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーはアウディ・A6が受賞しました。

2. トヨタヤリス

1999年に登場したトヨタヤリスは3代までをヴィッツの名前で販売されました。

初代から20周年となる4代目からは世界ラリー選手権でヤリスWRCという名前で参戦しているので、国内でもヤリスに統一することになりました。

2018年には売上の内訳は6割がヨーロッパ、2割が国内というヨーロッパ先行の結果となっています。

  • 初代は欧州カー・オブ・ザ・イヤー
  • 4代目は欧州カー・オブ・ザ・イヤーとRJCカー・オブ・ザ・イヤーの両方を受賞しています。

2021年からはヤリスカップが開催され自動車レースへのエントリーカーとしての役割を担っています。

トヨタ・ヤリス(3代目アジア仕様)
NSP150L/151R/152L型
2017年販売型 中国仕様ヤリスL2017年販売型 中国仕様ヤリスL 後部
製造国 中国
 タイ
 インド
 ブラジル
台湾
販売期間2013年 –
乗車定員5人
ボディタイプ5ドア ハッチバック
4ドア セダン(ATIV)
エンジン6NR-FE型 1.3L 直4 DOHC(中国仕様)
7NR-FE型 1.5L 直4 DOHC(中国仕様)
3NR-FE型 1.2L 直4 DOHC(タイ仕様)
駆動方式前輪駆動
最高出力1.2L 86PS/6,000rpm
1.3L 95PS/6,000rpm
1.5L 109PS/6,000rpm
最大トルク1.2L 11.0kgf·m/4,000rpm
1.3L 12.3kgf·m/4,000rpm
1.5L 14.1kgf·m/4,400rpm
変速機5速MT
4速AT
CVT(Super CVT-i)
サスペンション前:マクファーソンストラット
後:トーションビーム
全長4,115mm
4,425mm(ATIV)
全幅1,700mm
1,730mm(ATIV)
全高1,475mm
ホイールベース2,550mm
プラットフォームトヨタ・Bプラットフォーム

3. CarZoot社商品紹介: タイヤ ワックス艶出し クリーナー

CarZoot社製 タイヤ ワックス艶出しクリーナーを使ってみてください、驚きのタイヤの漆黒の輝きを復活させることができます。

その上、ゴムを劣化させる成分が一切入っておらずシリコン成分配合なので安心して使えます。

プロも認めていまして、実店舗でも使われているほどの信頼の逸品。

車のメンテナンスにもこの製品は一役買いそうです。

使ってみて実感をしていただけると幸いです。

Amazonでは1,790円で販売中で、ユーザー評価も星4つという高い評価を得ています。

4. まとめ「日本車唯一のGRヤリスが2021年ワールドパフォーマー第二次選考へ進む」

今回は、2021ワールドパフォーマンスカーオブザイヤーの第2次選考についてご紹介しました。

・2021ワールドパフォーマンスカーオブザイヤーの第2次選考について

・世界・カー・オブ・ザ・イヤーについて

・CarZoot社商品紹介: タイヤ ワックス艶出し クリーナー

今後、について知りたいと思った時は、是非このサイトを参考になさってください。

【注目】デンソーとKDDIが自動運転に2021年に5G実験を開始前のページ

【驚き】ヨーロッパトヨタに新CEOの車社会の2021年の変革を示唆次のページ

関連記事

  1. 記事

    サントメ・プリンシペの交通事情を知ろう!2021年に行きたいおすすめの観光地紹介

    あなたは、サントメ・プリンシペという国を知っていますか?サン…

  2. 記事

    【注目のご当地ナンバー】飛鳥ナンバーが生まれた経緯 を紹介

    5つの市町村(橿原市・高取町・明日香村・田原本町・三宅町)で…

  3. 記事

    【福井県】車で行ける2020年イルミネーションスポットを調査!駐車場、コロナ対策についても詳しく紹介…

    新型コロナウイルスが世界的に大流行した2020年、バスや電車など公共…

  4. 記事

    関越道ってなんで首都高とつながってないの?

    首都高は都内を縦横無尽に走っている高速道路で、正式名称は「首都高速道…

  5. 記事

    みなとみらいの女神橋が全面供用に!新港サークルウォークとともに散策しよう!

    横浜の新港サークルウォークがリニュアルすることは、ご存じでしょうか。…

  6. 記事

    茨城県には広い駐車場のあるいちご園あり!車でアクセスしてみよう

    茨城県には広い駐車場のあるいちご園があります。車で行っても十分駐車ス…

新着記事の一覧

  1. タイヤのスキール音について徹底解説!スキール音は放置するとか…
  2. 車の正しい年式とは?愛車の年式をきちんと把握しておこう!中古…
  3. 車のデッドニングは効果的?内容や特徴を徹底紹介!
  4. 車のグローブボックスって何?愛車のメンテナンス時には外して作…
  5. 車のスロットルボディとは一体何?メンテナンスが絶対に必要なの…
  1. 未分類

    おすすめのホイールコーティング剤!ホイールの悩みを一気に解決!
  2. 記事

    かつてイクリプスが発売していたカーオーディオを紹介!おすすめカーナビ2020年決…
  3. 記事

    政府は新車全てを電動化する計画!「2050年カーボンニュートラル」に注目!
  4. 記事

    トヨタカリム ダイハツアルティスの最新版をご紹介!アルティスにはなんと4WDも登…
  5. 記事

    車用のキズ消しのおすすめ3選を紹介!さらにおすすめグッズも独自紹介!
PAGE TOP