日本車の生産を再開マレーシアの自動車トレンドについて解説

   
 

「トヨタとホンダのマレーシアの工場を再開することについて詳しく知りたい。」

「マレーシアの自動車産業について教えて。」

「マレーシアの国名の由来が気になる。」

このサイトをご覧になっている方は、このように思っているのではないでしょうか。

今回は、再開するマレーシアでの工場について解説します。

1. 再開するマレーシアでの工場

1−1 再稼働するマレーシア工場

トヨタやホンダでは操業停止だったマレーシア工場での稼働を再開しました。マレーシア政府により政府方針を変えての許可が出たためです。

1月にマレーシアに工場があるトヨタとホンダに対して操業停止命令が出ました。

トヨタでは、ヤリスとハイラックスの生産をし、ホンダはシビックやアコードを生産していました。

今回のウイルス感染拡大に伴い、活動制限令を施行した事を踏まえての対応だということでした。

1−2 マレーシアの国名の由来

日本語表記ではマレーシア、マレイシア。連邦制国家のためマレーシア連邦と表記されることもあります。

名前の由来としては「『ムラユ (Melayu)』の国」、ムラユとはサンスクリット語で山脈のある土地を意味する、マラヤドヴィパ (Malayadvipa)から由来しています。

古代インド時代には交易商たちがマレー半島を指す言葉としてマレーシアと呼んでいました。

唐の僧侶の記録には7世紀にスマトラ島に存在した王国の他称の「ムラユ王国」が継承されることとなります。

その後フランスの探検家によってマレーシアと呼ばれるようになった。

2. マレーシアの自動車産業について

2−1 マレーシアの自動車産業概要

マレーシアの自動車産業は国家プロジェクトとして、PROTON(プロトン)とPERODUA(プロドゥア)が設立されました。

プロトン工場ではロボット技術を全自動化され大量生産と高い効率性を実現しています。

マレーシアの自動車所有率はASEAN諸国でも上位を占め、ホンダやトヨタ、日産、メルセデスといったメーカーがマレーシアに拠点工場を持っています。

2017年にはプロトン株を中国の吉利汽車が買収し、中国はマレーシアを足掛かりにASEAN諸国への進出を進めています。

以下の自動車関連部品メーカーも同様にマレーシアを拠点にしています。

  • ZFやデルファイ
  • コンチネンタル
  • 日本化薬
  • 河村化工
  • 明石機械工業
  • デンソー
  • ボッシュ

2−2 国家施策としてのモビリティ産業

マレーシア政府は国際競争に参入するべく、自動車産業のプロジェクトNAPThe National Automotive Policy)を発表しました。

この主な目的は以下の通りです。

  • グリーンイニシアティブや技術発展
  • 自動車産業におけるエコシステム拡大

2−3 今後のNAPの目標

今後の目標として、以下のように掲げています。

  • 国内自動車産業の競争力と持続性の推進
  • マレーシアを地域的なハブ化
  • 適切な手段による付加価値の創造
  • ブミプトラ企業が全体のバリューチェーンへと参加
  • 低価格で安全で質の良い商品を消費者に提供

ハブ化することでバリューチェーンの強化や環境保護や高所得雇用の創出、技術移転といった新しい価値を生み出し、経済を活性化させることになります。

2−4 ASEANの自由貿易圏

ASEAN諸国から自動車を輸入する場合の関税の軽減やASEAN以外からの車の輸入においても関税を軽減されました。

これで政府収入が安定させるために、全ての自動車へ税徴収を課すこととしています。

2−4 復活を遂げる国民車プロトン

長年販売不振だった国民車のプロトンは2017年に吉利が半数の株式を取得して以来経営改革が行われ、着実に成果をおさめてきています。2019年には4年ぶりに販売台数が10万台をこえ、国内販売台数2位を獲得しました。

今度は輸出の拡大を課題とし、ASEAN市場でのシェア10%を目指します。

3. CarZoot社製 ガラスコーティング剤 

今回は、CarZoot社製 ガラスコーティング剤のご紹介です。

この製品が選ばれる理由としては、自宅で簡単にガラスコーティングができるということ。これは大きなことで、実店舗でも使われているという信頼の証、以下に紹介する製品について他社製品と比べてみてください。

プロも認めるガラスコーティング剤です。

・他社にはない驚きの持続力と輝き艶を実現しました。ガラス膜を形成して車の塗装を強力に保護します。

・下地処理剤が同梱されていますので一度車体をいい状態に戻して、コーティングを施すことができます。9Hのガラス被膜コーティング剤とは違いひび割れが起きないガラス皮膜を形成しより車体をヒビや傷から守ります

・ムラなく塗布でき、写真付きのマニュアル、スポンジ、マイクロファイバータオルも全てセットなので、初めての方でも簡単に購入してすぐに作業ができます。

・実店舗で使用している下地処理シャンプーがセットになっており、コーティングのクオリティが自ずと上がります。

・ボディを守る滑水性でウォータースポットがつきにくく汚れに強い特徴があります。

国内高水準のガラス成分含有率を誇っています。艶やかさと高級感を実感していただけます。

4. まとめ「日本車の生産を再開マレーシアの自動車トレンドについて解説」

今回は、再開するマレーシアでの工場についてご紹介しました。

・再開するマレーシアでの工場について

・マレーシアの自動車産業についてについて

・CarZoot社製 ガラスコーティング剤

今後、再開するマレーシアでの工場について知りたい時は、是非このサイトを参考になさってください。

自動車に組み込む次世代技術「CASE」についてのトレンドを解説 前のページ

【決定版】トヨタの超小型電気自動車の詳細とEVのトレンドを徹底解説次のページ

関連記事

  1. 記事

    世界初 自動運転レベル3 レジェンドを2020年度以内に発売へ 

    2020年11月11日、国土交通省はホンダのレジェンドに、自動運転レ…

  2. 記事

    ホンダの社長が八郷隆弘から三部敏宏に交代!これからのホンダはどうなっていくの?

    日本で有名な自動車メーカーのホンダでも有名な本田技研工業の社長が交代…

  3. 記事

    箱根駅伝でも大活躍!?テレビ中継車ってどんな機能がついてるのか徹底解説!

    何かしらのスポーツイベントであったり、コンサートやライブなどがあった…

  4. 記事

    車で走行中は速度計測に注意!意外と防げるパトカーの取り締まり

    普段、気をつけて運転していても一瞬の気の緩みでスピードが出てしまうこ…

  5. 記事

    自動運転に対応した車検とは?2024年から新たに導入される新車検!

    世界中でどんどん技術が高まりつつある、「自動運転」。今回日本では国土…

新着記事の一覧

  1. ベンツが発表した新しいCクラスとは?電動化に一歩進んだニュー…
  2. 車の鍵はこうすれば無くさない!おすすめアイテムもご紹介!
  3. クロスツーリスモとはどんな車?ポルシェタイカンとの違いを解説…
  4. Enjoy おうちでお台場とはどんな実証実験?MaaSで密に…
  5. 2020年は巣ごもり消費で宅配業界がめちゃくちゃ忙しかった!…
  1. 記事

    山形で車の免許取るのにおすすめな自動車学校3選!
  2. 記事

    どんな道でも楽々‼︎高排気量のジープ ラングラーとは?
  3. 記事

    車内のインテリアにもぴったり!おしゃれで便利なカー用品!
  4. デザイナーB

    【車好きは知っておこう】ジープ歴代社長はどんなことをしてきたのか?今後の展開とは…
  5. 記事

    絶滅危惧車!ルノー・アヴァンタイムの中古車はある?
PAGE TOP