日本の最先端コンピュータの「富岳」の登場で、車の衝突実験も不要になった?

   
 

「富岳(ふがく)」と命名された次世代スーパーコンピュータが2021年~2022年頃の共用開始目標で開発が進められていますが、車の衝突実験も不要になるのではないかと期待されています。

そこで、今回はこの富岳にどんな期待が集まっているか見ていくことにします。

スーパーコンピューター富岳とは

富士山のように雄大で大きな性能を持つという意味で命名されたスーパーコンピューターの「富岳」は、2019年8月に運用がストップしたスパコン「京」の後継機として開発が進められてきました。

2014年から文部科学省の「フラグシップ2020プロジェクト」で、約1,100億円もの予算が投じられ、開発が進められてきた国をあげた事業です。

理化学研究所と富士通の共同開発であるが

富岳は理化学研究所と富士通の共同開発ですが、ハードウェア開発は富士通川崎工場で行なわれ、ソフトウェア開発は富士通沼津工場および川崎工場が担当、システム評価は富士通の沼津工場が行なっています。

そして、生産は石川県かほく市にある富士通ITブロダクツが手掛けています。

そのスペックは、スパコン京の何と100倍のアプリケーション実行性能を備えており、スパコン性能世界一の座を、日本スパコンが8年半ぶりに奪還したのです。

富岳の目指すところ

富岳の性能の高さに驚きを隠せないのですが、その目指す先は世界一の座につくことではなく、世界最高水準の汎用性であるということでした。

「京」の100倍の実行性能を実現するためには、15万個ものCPUが必要となります。

理化学研究所と富士通が開発したスーパーコンピュータ京も過去には、スーパーコンピュータの性能ランキングTOP500で2011年に世界一に輝きましたが、富岳は富士通が開発した高性能CPUを15万個以上繋ぎ、アプリケーション実行速度は京の100倍。

この性能を実現させるためには、15万個のCPUが1つでも欠けると、性能が発揮できません。

しっかりと調和させて正確に稼働させることと、品質やスケジュールの確認が非常にシビアになってくるのですが、この観点からも汎用性が重視されてくるのです。

富岳に期待することは

富岳プロジェクトでは、開始当初段階から文部科学省、理化学研究所で重点課題のアプリケーションとして位置付けられてきました。

アプリケーション適用分野は、多岐に渡り、エネルギーや創薬、ものづくり等の広い分野で成果創出ができるのではないかと考えられています。

既に富岳は、2020年5月13日に搬入を終えて、2021年度からの共有運用に向けた準備が着々と進んでいるのですが、前述のスパコンの世界ランキング「TOP500」においての首位奪回に加えて、3つの部門でも世界1位を獲得し史上初の4冠となったことを考えると、科学技術の探求だけでなく、産業界を始め、実用的な場面での用途に貢献できる汎用性の高いスパコンなのです。

自動車業界でも期待

産業界でも大きな期待が寄せられる富岳ですが、具体的な用途として、車の衝突実験を富岳でシミュレーションに置き換えることができるのではないかという期待が高まっています。

衝突実験では、 試作車1台作るのに1000万円~2000万円掛かりますが、100回実験を行うとそれだけで、20億円の費用が必要になります。

しかし、富岳でシミュレーションすることで、ダミー人形をバーチャル人体モデルへしたりと、莫大な費用を削減することが可能なのです。

この他にも、走行する自動車が空気から受ける力をシミュレーションすることも可能でしょう。

空気力の分解で、抵抗力(燃費)、 揚力(走行安定性)、横力(横風安定性・安全性)を測ることができます。

また、自動車周りの空気の流れに関する設計においても、エンジン冷却(耐久性)、 車室内熱環境(快適性)、 ワイパー(視認安全性)、泥はね、着雪(特殊環境対応)や実験では視認できないエンジンの中身を探り、効率的な燃焼のための内部形状・タイミング・燃料混合を把握することも可能です。

このように富岳は、最新のシミュレーションで、自動車の開発において大きな役割を果たすことができるかもしれません。

[CarZootプロ仕様]【サっと塗るだけで驚くツヤ感と撥水力!】ポリマー系コーティングキットG’Polymer Neo 

今回は、サっと塗るだけで驚くツヤ感と撥水力を発揮するポリマー系コーティングキットの

Carzoot社のおすすめ製品「G’Polymer Neo」をご紹介します。

「G’Polymer Neo」は、Amazonで980円で購入することができますが、特徴は次の通りです。

・プロが開発にした、サッと拭くだけで、簡単に艶と撥水を出すことができるコーティング剤で、2ヶ月に1度使うだけで3年間耐久できます。

・洗車時に誰でも簡単施工でき、ムラなく初めての人でも簡単に施工できることが特徴です。

・展示車両やモーターショーで使用されるレベルの艶と光沢度の強いコーティングを実現。

・テフロン樹脂、ファインセラミック配合で、ボディの上に付着した水垢等を除去します。

「G’Polymer Neo」で車のキレイにした後は、安全運転を心掛けてドライブしましょう。

パナソニックが画像認識ソフトウェアをアップデート!マスクを着けていても認識できるモニタリングシステムとは?前のページ

極東開発が新たに発売する新型コンクリートポンプ車とは、どんなもの?詳しく解説!次のページ

関連記事

  1. 記事

    小石川後楽園ってどんなところ?駐車場情報も徹底調査してみた!

    庭園というと京都のお寺をイメージされると思います。しかし関東にも素晴…

  2. 記事

    【ガス欠を救う!】三重県下で深夜営業しているガソリンスタンドを紹介

    「三重県下で深夜営業しているガソリンスタンドについて詳しく知りたい。…

  3. 記事

    米国で人気のSUVパスファインダーがモデルチェンジの発表!分かっていることを解説!

    今回北米の日産はミドルクラスSUVの人気車種「パスファインダー」の新…

  4. 記事

    岐阜県のホイール専門店と言えば「トータルリペアジーテック」!その全貌とは?

    今回の記事では、久しぶりに愛車を確認するとホイールが汚れてし…

  5. 記事

    バイデン大統領「国境炭素税」の導入検討!EV車の普及と逆風の日本企業

    自動車の課題の一つに環境への影響があり、日本だけではなく世界中の自動…

  6. 記事

    F1伝説ドライバー故ラウダの想いを乗せたサーキット仕様車が完成!

    皆さんは最近、ゴードン・マレー氏率いるゴードン・マレー・オートモーテ…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    歩行者検知機能を追加!トヨタがプリクラッシュセーフティのアップグレードを発表!
  2. 記事

    三重県では事故発生に注意!あらかじめ対策しておこう!
  3. 未分類

    おすすめのアルミモールクリーナーは?
  4. 記事

    日本最古の湖が所在している滋賀県でタイヤ交換が安くできる店舗
  5. 記事

    エンジンかけっぱなしで降車することは犯罪!他にもトラブル満載のエンジンかけっぱな…
PAGE TOP