新色はブルー?ベンツの次期新型情報について

   
 

ベンツのボディーカラーと言えば何色の印象が強いですか?恐らくシルバーやブラック、ホワイトといった無彩色系を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。今回、Cクラスの次期新型プロトタイプにおいてブルーの新色が使用されており、新時代のベンツへの注目が高まっています。

次はW206に

車, 車両, 自動車, 自動, 交通, トランスポート, 近代的な, 旅行, 豪華な, 駆動, ドライブ

ベンツ(Mercedes-Benz)のCクラスはセダンやステーションワゴン、クーペといった車種が対象となっており、同社の主力クラスの1つと位置付けられています。1993年に初代が発売された後は7年毎に次期モデルが登場しており、現行の4代目は2014年より発売されています。現行モデルからはカブリオレがラインナップに加わり当時話題となりました。そして7年の時を経て、2021年に5代目がブルーのプロトタイプで登場したわけです。

セダンで先陣を切ったW206

新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては延期される可能性もありますが、2021年初頭にはワールドプレミアが行わると予測されます。また、W206のWは代々セダンを表しているため、W206に続いてステーションワゴン(S)やクーペ(C)、カブリオレ(A)などの中から206という数字と共に発表されるモデルもいくつかはあると考えられます。

ブルーとカモ柄の間から確認できるもの

ブルーのボディーカラーが印象的なW206プロトタイプですが、フロントとリアはお馴染みのカモフラージュペイントがされています。それでもフロントグリルは広くなりつつもヘッドライトと共にシャープな印象に進化しているのがわかりました。サイドも同じでキャラクターラインがより目立たないように両端へ配置されていてスッキリしています。

内装にも注目

現行のW205から採用されているMRAプラットフォームはアップデートされ、運転席では仮想のボタンを操作して3Dマップに拡大表示することができるフラットディスプレイを持つ新システムが導入。ダッシュボードやセンターコンソールにもMBUXインフォテインメントシステムHVACシステムなどが備えられます。

さらに内部にも注目

パワートレインについては、パワーのアシストと少燃費を両立するEQブースト(48Vマイルドハイブリッド)がメインになり、1.5リットル直列4気筒ガソリンターボ+マイルドハイブリッド2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボ+マイルドハイブリッド、そして直列4気筒エンジン+電気モーターのプラグインハイブリッドあたりがエントリーモデルとして搭載されるかも知れません。

おわりに

色は光の当たり具合によって見え方も違いますが、プロトタイプのブルーはどちらかというと群青色やコバルトブルーにも近い真っ青ではない印象でした。現行のW205に唯一の青色として採用されているのがブリリアントブルーという色ですが、もしかするとW206もこの色がベースとなるのかも知れません。ただ、ボディカラーは選択できますので、どの色のW206を街で見かけることができるかという楽しみもできました。

青と黒の共演

青と黒の容器が特徴的な、CarZootの「最新版 黒樹脂 完全復活コーティング 『今まで表現できなかった美しい艶と保護耐久力を実現』 樹脂パーツ 保護 未塗装パーツ」で、プロ仕様のコーティング効果を実感してみて下さい。車の外側、中側に関わらず、全ての樹脂パーツの劣化を復活させることができます。そしてコーティング効果で美しい状態を維持します。

樹脂パーツ専用コーティング剤 30ml専用スポンジがわかりやすい施工マニュアルとセットになっていますので、初めてでも簡単に使えます。最大10台分くらいに施工できる量となっていますので、末永く愛用していただけます。研究から製造まで一貫して日本国内で行っています。未塗装パーツ以外のボディには別売りのG’zeroPremiumガラスコーティング剤もあります。

ダカールラリー2021サウジアラビア大会がスタート サインツが駆るMINIが連覇を狙う前のページ

カーテン付きの車は取り締まりの対象?佐賀県で検挙の件について次のページ

関連記事

  1. 記事

    小さな物から大きい物とサイズが豊富なハイキューのカーグッズ

    宮城県を舞台に週刊少年ジャンプに連載されていたハイキュー。実在するバ…

  2. 記事

    【まさに近未来!】すぐそこまで来ているトヨタが開発しているe-Paletteとは?

    トヨタが発表しているe-Paletteはまさに近未来のテクノ…

  3. 記事

    かつてイクリプスが発売していたカーオーディオを紹介!おすすめカーナビ2020年決定版もまとめてピック…

    様々な家電メーカーの中にはカーナビ・カーオーディオ等のカー用品も販売…

  4. 記事

    傷へこみを直しならココ!岩手県にある板金屋を紹介!

    「岩手県にある車の板金屋について詳しく知りたい」「自動車の傷…

  5. 記事

    SUBARU(スバル)のカーナビおすすめ2020年春夏モデルがこれだ!取付費用にも迫る!

    スバルの車を購入予定の方も多いのではありませんか?車と一緒に購入する…

  6. 記事

    生田神社に行こう!兵庫県の初詣・除夜の鐘に最適な駐車場のあるおすすめ神社をご紹介!

    兵庫県にお住まいの方も、今年の初詣は悩んでいませんか?冬はコロナが蔓…

新着記事の一覧

  1. どうしてそうなった!青森で除雪が行き届かずにクレームが多数!…
  2. ホワイトアウトによる事故が東北で発生!遭遇した場合の対処法を…
  3. 阪神高速で作業員が死亡!何が起こったのかを徹底解説!
  4. 道路空間利活用はこのままで良いのか?マネジメントのあり方の議…
  5. 【コロナ禍】中古軽自動車の販売が好調だった2つの理由とは?
  1. 記事

    大阪市此花区でおススメのコイン洗車場を紹介します!その利用方法も合わせて解説
  2. 記事

    サーキットには一般人も気軽に行くべき!その理由を徹底解説!
  3. 記事

    【フォレスターの魅力】スバリストたちが絶賛するフォレスターの魅力大解剖!
  4. 未分類

    おすすめのヘッドライトクリーナー
  5. 記事

    車の消臭!意外としつこいアイコスの臭いの消し方を解説!
PAGE TOP