新指針!?国交省が「すり減った冬用タイヤを禁止」にするってホント?

   
 

国交省が新指針を発表しました。これまで特にルール化されていなかった冬用タイヤに関するものであり、特に事業者にとっては大きな変更になる可能性も少なくありません。

今回は、国交省による「すり減った冬用タイヤを禁止」に関するニュースを詳しくお伝えします。

なぜすり減った冬用タイヤは使用禁止になる方向性なのか?

国交省はなぜ「すり減った冬用タイヤを禁止」にしようとしているのでしょうか?そして対象者はどのようなことをする必要が出てくるのでしょうか?

冬用タイヤに関する変更点について解説します。

立ち往生が頻発している

2020年―2021年の冬のシーズンは、とにかく大雪が降り全国各地で大きな問題が発生しています。立ち往生も頻発しており、解消までに数十時間かかるケースも。立ち往生中に健康状態が悪化して病院に緊急搬送されるようなケースもあり、国交省は本腰を入れることになりました。

直近では2021年1月19日に宮城県大崎市古川小林の東北自動車道下り線で大型貨物を含む数十台の車が絡む多重事故が発生しています。その影響で現場付近には130台以上の車が立ち往生していたのです。当時は、地吹雪が発生しており、いわゆるホワイトアウト状態だったとのこと。結果、事故で動けなくなった車に後続の車が次々と衝突することに。。。

今回の事故は必ずしもすり減ったタイヤが原因というわけではありませんが、よくよく調べてみると冬用タイヤの効力がほとんど発揮されない状態であることも珍しくありません。特に夏用タイヤと比較すると、冬用タイヤの劣化は早いとされ長持ちしないことも。だからこそ国交省ではすり減ったタイヤの使用禁止を明言しだしたわけです。

事業者がしなければいけないこととは?

今回の国交省の話ですが、基本的に関係してくるのは運送業者です。貨物自動車の事業者が対象であり、雪道を走行する自動車のタイヤについてミゾの深さがタイヤ製作者の使用限度よりもすり減っていないかを確認する義務が発生します。

そこで気になるのがタイヤ製作者の使用限度でしょう。こちらはメーカーに寄って違いがありますが、基本的には新品時の50%あまりとなります。仮に50%まですり減るとプラットホームがミゾ部分の表面に現れるので、素人でも判断できます。

今回は「貨物自動車運送事業輸送安全規則の解釈及び運用について」および「旅客自動車運送事業運輸規則の解釈及び運用について」の一部改正に留まり、一般の自動車等には課せられません。ただ一般ドライバーも気をつけたいところです。

国土交通省の説明をチェック

「昨年末以降の大雪により、関越道や北陸道において多くの大型車両が路上に滞留する事案が発生したことを踏まえ、バス・トラック運送事業者は、雪道において適正な冬用タイヤを使用していることを確認しなければならないこととしました。」

引用:国土交通省 「冬用タイヤの安全性を確認することをルール化しました~雪道では、使用限度を超えた冬用タイヤの使用は厳禁です~」

油膜が残ってたら窓ガラスコーティングの効果も半減!油膜除去剤を使いましょう!

あなたの車の窓ガラスに油膜は残っていませんか?油膜が残ったままの状態でコーティングするのはNGです。コーティング効果が薄れてしまい、耐久力が落ち込んでしまうことも…。

そこで油膜はしっかりと削除する必要性が出てくるのです。油膜を削除するためのクリーナーとしておすすめしたいのが「CarZoot 油膜取り ガラスクリーナー 車 水垢 水アカ ウロコ 車ガラスクリーナー」です。

こちらのガラスクリーナーですが、プロが実店舗で使用するほどの代物であり、コーティング剤との相性も良好!コーティングの施工前にぜひ使ってほしい逸品です。アマゾンで販売されているので、気になる方は要チェック!

【大ニュース】ルノーメガーヌに改良新型が登場!3月4日に発売予定!前のページ

セリカファン必見!トヨタセリカが復活するか?アメリカで商標登録申請情報あり次のページ

関連記事

  1. 記事

    360度の角度を撮影することが可能!ドライブワールドのドライブレコーダーをご紹介

    事故や煽り運転は運転する人にとっては起こり得る可能性のあることです。…

  2. 記事

    F1を題材にしたポール・ポジション。おすすめの見所とは?

    皆さんは映画をよくみますか?今は世界的に新型コロナウイルスが…

  3. 記事

    セキュリティならこのお店!「カーセキュリティ プロ アトエ」を紹介!

    「最近車上荒らしが多くなってきているから、カーセキュリティを取り付け…

  4. 記事

    高知県で初詣に行くならここ!コロナ対策がされている神社を選んできました!

    あなたは、2020年の年末、どのように過ごされるおつもりでしょうか?…

  5. 記事

    岡山県のタクシー会社の新型コロナウイルス対策を紹介!

    新型コロナウイルス感染症が流行し、公共の交通機関を利用することに抵抗…

  6. 記事

    ルーフボックスのおすすめ品はこちら!キャンプに行くなら必須アイテム!

    あなたはずばり、キャンプがお好きでしょうか?もし、キャンプがお好きな…

新着記事の一覧

  1. 滋賀県警察年頭視閲式に注目だ!滋賀県で行われる主な交通系イベ…
  2. 2020年は中止が続出!三重県で行われる交通系イベントを徹底…
  3. 【年末の交通安全県民運動】愛知で行われる交通系イベントをご紹…
  4. 静岡県で開催されるおすすめ交通系イベントをご紹介~2021年…
  5. 【岐阜県】実施予定の交通イベントの情報を集めてみました!
  1. 記事

    モリタが主催!未来の消防車アイデアコンテスト
  2. デザイナーB

    【車の知識】フェラーリのエンブレムが跳ね馬のワケ
  3. 記事

    ランボルギーニがAmazonアレクサを採用した車を発表!内容や詳細を紹介
  4. 記事

    「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のカーグッズで車内に個性を出そう!こち亀グッズを…
  5. 記事

    おしゃれなカー用品で素敵にコーディネート!便利でお得なグッズは?
PAGE TOP