政府が大盤振る舞い⁉︎EV、PHV、FCVに手厚い補助金

   
 

発足から3ヶ月が経った菅内閣、未だ収束の見えない新型コロナウイルス対策と経済活動の両立という難題に取り組んでいますが、一方で所信表明演説で目玉政策として掲げられた、2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにするという目標は、車が身近な暮らしをしている方にとって気になる所ではないでしょうか?今回は補助金について新たな動きがありましたので、紹介します。

倍増のインパクト

新年がスタートする1月は通常国会が始まる月でもあります。その通常国会に提出される見通しなのが、閣議決定された2020年度第3次補正予算案となります。新型コロナウイルス感染対策に関連して追加されたこともあり、総額は15兆4271億円に達しております。

1万台分の予算

この2020年度第3次補正予算案のうち、自動車関連に割り当てられている項目は、社会・経済構造の転換に向けた予算となります。2050年までに脱炭素化を目指す上で、革新的な技術開発の実現を支援する基金として2兆円が設定されたほか、動力源に応じて購入時の補助金が割り当てられました。

普及率1%からの脱却へ

補助金対象となるのは、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッドカー(PHV)、燃料電池自動車(FCV)の3種類となります。これらは合計の普及率が約1%と世界的にみても少なく、既に購入時補助金はありましたが、今回の増額により政府が更なるテコ入れを図ったと思われます。

具体的な増額内容について見ていくと、EVが最大80万円(これまでは40万円)、PHVが最大40万円(これまでは20万円)と倍増となり、FCVは最大250万円とこれまでの225万円から25万円の増額となっています。いずれも2020年度内に開始を目指しています。

条件が1つあります

補助金の支給には一つだけ条件が設けられました。それは、個人なら家庭、法人であれば事務所など職場の電気契約を全て再生可能エネルギーで作られた、もしくはそれが由来の電気で賄うように切り替える必要があります。

例えばEVやPHVであれば充電設備など保有環境における設備面も準備がされている、目処がつくことです。そして切り替えに伴い算出される電力などの消費データの提供にも協力していくことが求められます。

現状、自宅に200V(ボルト)の普通充電器を設置する場合の工事費用は約10万円が相場と言われていますので、住環境や、担当業者、また普通充電、急速充電などにより違いはありますが、補助金の増額分を設備面に有効活用することも可能だと言えます。

おわりに

今回の国からの補助金は、自治体が独自に設けている補助金と組み合わせて使用することも可能との事ですので、お住まいの地域や会社が籍を置く都道府県など、別途調べてみることをオススメします。また、2度目の追加増額の可能性を考えられている方は、コロナを始めとした世の中の流れを見極めて、後悔のないようにしましょう。

サイドミラーが視界を補助

かつてはバックミラーやフェンダーミラーに比べて予備的な扱いもされていたサイドミラー。サイドの意味もまるでサイドメニューのサイドのような意味と勘違いされていた方もおられるとか。しかし現在ではその重要性は言うまでもありません。ここではそんなサイドミラーの撥水力を高めるカー用品のご紹介です。開発から製造まで一貫して日本国内で行なっているのがポイントです。

CarZootの「サイドミラー 撥水 ドアミラー 親水 フィルム 車 コーティング」は、スプレーをして拭き取るだけなので、凄く使いやすいだけでなく、ムラになりにくく、高い持続力を誇るほか、1本で30回程度施工が可能ですので、コスパも良く長く愛用していただけます。またプロが実際に店舗で使用している完全プロ仕様の商品となります。

Audiocontrol(オーディオコントロール)どんなメーカーなの!?おすすめの商品は?前のページ

【おすすめ】横浜銀行マイカーローンとは?  次のページ

関連記事

  1. 記事

    3密を避けてドライブに行こう!【2021年】北海道でおすすめのドライブコース!

    3密を避ける目的で公共交通機関を利用せず、自家用車やレンタカーを使用…

  2. 記事

    2021年におすすめの、車に乗せたい!可愛いぬいぐるみをご紹介します!

    車内をかわいくオシャレにしたい、かつぬいぐるみで自分好みの内装にした…

  3. 記事

    【アストンマーチン】ニコ・ヒュルンベルグとリザーブ兼開発ドライバーとしての正式契約を発表

    アストンマーチンF1は、2021年の公式リザーブ兼開発ドライバーとし…

  4. 記事

    プジョーに乗るならコレがおすすめ!ニューモデルがこの夏デビュー!! 2020年度

    最近の新しい生活スタイルにより、通勤を公共交通機関から車に替える人や…

  5. 記事

    日産 ブルーバードシルフィとはどんな車?詳しい特徴などを徹底解説!

    あなたは「日産 ブルーバードシルフィ」という車をご存知でしょうか?2…

  6. 記事

    車中泊にカーテンは必要!快適に使用できるよう特徴を把握しておこう

    車中泊する際は、カーテンを使用するのがおすすめです。カーテンには、外…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    【SUV】日産キャシュカイの新型が欧州で発売!日本市場への投入は?
  2. 記事

    菓子屋横丁がある埼玉県の駄菓子屋は一味違う!?車で寄れる駄菓子屋さんへ行きません…
  3. 記事

    ekクラッシーの三菱2004年モデルとはスペックと後継モデルも紹介
  4. 記事

    2021年6月1日から!国内初!南海のケーブルカーが再生可能エネルギー100%で…
  5. 記事

    北海道で車ファンにおすすめのスポットを紹介!SNS映えする魅力的なスポットを紹介…
PAGE TOP