損保ジャパンとマクニカが自動運転の実用化に向けて業務提携  

   
 

半導体業界の大手企業マクニカが、損保会社の損保ジャパンと業務提携して、安心・安全な車の自動運転の導入支援を目的とした利用促進をさらに進めることを発表しました。

この記事では、同社のこの取り組みについて、解説していくことします。

マクニカと損保ジャパンの協業内容

マクニカが発表した内容は、損保ジャパンと協業することで、両社が展開している車の自動運転に関するソリューション事業や自動車関係の商品をが組み合わせて、顧客の車の運用リスクを大幅に低くすること、並びに自動運転実用化に向けたサービスプログラムを共同開発するということでした。

自動運転の社会実装を支援

自動運転に関するテクノロジーが大きく進化したことで、社会課題解決のために国内の各地で様々な実証実験が行われています。

この自動車の自動運転の実用化を進めていくプロセスの中で、車両の安全性をどこまで担保できるのか、その責任範囲や長期運用ができるためのメンテナンスサポートのあり方、事故リスクの事前評価、事故発生時の賠償責任補償の仕組み等の懸案事項が課題として浮かび上がっていました。

そこでマクニカと損保ジャパンが、これらの課題に対応した車の自動運転のサービスプログラムを構築し提供することで、社会での本格的な自動運転の運用実装を支援することにしたのです。

自動車の自動運転とは

車の自動運転技術は、ビジネス業界では様々な分野で貢献しているAIの象徴的なテクノロジーです。

この技術を駆使した車が現在日本国内や海外で開発されている自動運転車ですが、この数年でますます自動運転車の開発が進んでいき、日常生活の中においてより身近な存在となることが期待されており、今まで車を運転することに慣れていない人でも安心安全な走行ができる時代が来ることが想定されています。

自動運転車を本格化させるためには先進技術が必要不可欠

従来のカーライフと比べて大きく様変わりする自動運転車が本格的に普及するためには、多くの先進的技術が投入されなければなりません。

現在、各自動車メーカーで進められている車の位置把握では、周囲の環境を確認するカメラや、GPS、ミリ波レーダー等、認識技術や位置特定技術がベースとなります。

その他に、様々な道路情報を自動収集して走行ルートをAI判断する機能やハンドル操作、ブレーキング等の運転操作もビッグデータをベースにAIが判断して操作するため、AIは元よりビッグデータ、データ通信の技術も必要になってきます。

また、車内でドライバーや同乗者が、どのような状態にあるかを確認するドライバーモニタリング技術も求められて来ます。

自動運転車のメリット

車が自動運転化されることで、どのようなメリットが生まれてくるのでしょうか?

具体的には、以下のようなメリットが期待されます。

運転から解放される

まずは、車の運転ストレスから解放されることです。

特に長距離走る場合や身体が疲れている状態であっても、車の運転から解放されるメリットが挙げられます。

交通事故の減少

車の運転ではあらゆる危険がはらんでいます。

しかし、自動運転機能を使うことで、車輛位置特定や安全な走行ルート認識等、事故発生リスクを大幅に低減することができるので、事故を減らすことができます。

渋滞ストレス解消

自動運転車は様々な情報を自動収集するので、渋滞情報を把握することもできます。

そのために、渋滞ルートを迂回してスムースは移動も可能になるので、渋滞ストレスを解消させることが可能になります。

運転できない人の移動手段となる

自動運転は人の操作を介さず、車を動かす技術。

そのために、体が不自由な人のように車の運転が難しい人でも、移動手段として利用することができます。

自動車保険料金が安くなる

現在、損保会社の取り組みで自動運転機能を持つ車輛に対して、自動車保険料金を安くする保険メニューを開発しています。

自動運転による事故発生リスクが小さくなるため、このことから保険料金を安くすることができるのです。

マクニカの役割

今回、損保ジャパンと業務提携を行い自動運転のソリューション事業を行う株式会社マクニカとは、どのような会社なのでしょうか?

マクニカ社は、神奈川県横浜市港北区に本社を置く半導体事業を手がける電子部品関連の専門商社です。

しかし、同社では本業事業に加えて、自動運転プラットフォーム”Autoware”をベースにMACNICAR等の自動運転事業を行ってきました。

自動運転ソフトウェアAutowareとMACNICAR

”Autoware”は、公道で自動運転を実現させるプラットフォームで、車輛の自己位置把握、環境認識、ルート経過、経路追従等の自動運転をサポートしています。

このAutowareをベースに同社が開発したのが自動運転車両のMACNICARですが、信号検知、一時停止、障害物回避等の動きをスムーズに行います。

同社ではこのノウハウを基に、ハンドルを持たない自律走行バスを国内の公道運行も共同で行っています。

また、同社は自動運転シャトルバス・ナビヤのソリューションで国内総代理店としての役割を果たし、保安レベルに適合した自動運転車両、保守メンテナンス等も提供しています。

これまでの動きに加えて、今回のコラボ事業を通じて自動運転に向けた新しい自動車保険を提供を行いながら、日本における交通事故、交通渋滞、高齢者の危険運転等等の課題を解消することに務めているのです。

おすすめ商品:[CarZootプロ仕様]【新感覚!育てるコーティングキット】

施工のたびに輝きが増す驚きの艶と撥水性コート「育艶-IKUTSUYA」

自慢の愛車は、しっかりとコーティングをしておきたいものです。

そんな時に必須アイテムが『育艶-IKUTSUYA』 です。

Amazonでは価格:2,980円で販売されていますが、とてもリーズナブルなお手頃価格で購入できます。

「育艶-IKUTSUYA」の特徴が次の通り。

・新感覚の愛車をピカピカにしてくれるコーティング剤です。

メンテナンスするたびに艶を重ねてボディが美しく輝かせることができます。

くコーティング剤です。

・ショールームでも採用されるほどのプロ仕様の高い光沢と艶を作り出します。

・メンテナンス方法は簡単で洗車の後に塗り込むだけで、短時間で艶と光沢を出すことができます。

「育艶-IKUTSUYA」でしっかりと車をきれいにして、快適なドライブを楽しんでください。

avatar
様々な問題が解決される!

安心、安全な自動運転が実現してほしいですね!

ドライブしながら涼しくなろう!沖縄の心霊スポットご紹介!前のページ

北海道は釣りスポットが豊富!車で北海道の釣りスポットを巡ろう!次のページ

関連記事

  1. 記事

    AMGはメルセデスとの共同開発で高級なスポーツカーを販売!AMGの歴史と車種に注目!

    AMGは、メルセデスのスポーツブランドとしてのイメージが強い方が多い…

  2. 記事

    アニメ「爆走兄弟レッツ&ゴー」の魅力とミニ四駆の楽しみ方を紹介

    「爆走兄弟レッツ&ゴーの面白さってなんなのか?」「ミニ四駆の…

  3. 記事

    トラックも清潔に!北海道で洗車できる洗車場を紹介!

    北海道ではトラックを使用している人が多いですが、洗車の仕方が分からな…

  4. 記事

    山口県でお遍路巡りを楽しめる場所!おすすめの神社を徹底紹介!

    本州の西の端山口県。山口には様々な歴史的建造物が残っていることで有名…

  5. 記事

    美味しいカフェを求めてドライブに行こう!in宮崎県

    今はカフェと言っても、様々なスタイルのお店があります。そこにはきっと…

  6. 記事

    車のホイールの種類はなにがある?選び方とデザイン名一覧!

    車のホイールを変えたいけど種類やデザインが多すぎてよくわからない、そ…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    長野県でドライブを満喫!おすすめのロケ地3選
  2. 記事

    杉並区でトラックを停めるのおすすめ駐車場をまとめてみた!
  3. 未分類

    アルミモールのくすみ除去法を徹底解説!
  4. 記事

    【鹿児島県のオススメ】桜島を背景に楽しめる夜景スポットをご紹介
  5. 記事

    大分県でドライブで愛犬と一緒にドライブ+ドッグランが楽しめる場所をご紹介!
PAGE TOP