排気騒音が静かになる!?インナーサイレンサーってなんだ?

   
 

マフラー音を静かにするために取り付けられるのがインナーサイレンサーです。排気騒音がうるさいと、保安基準を満たさないことになり車検に通過できない可能性も出てきてしまいます。

今回は、マフラーと密接な関係性にあるインナーサイレンサーについて徹底解説します。ぜひじっくり読んでみてください。

インナーサイレンサーを徹底解説

インナーサイレンサーは排気騒音を減少させるアイテムですが、車検を通すためにはどうしたら良いのでしょうか。エンジン音などを楽しみたい方も実際にいるでしょう。インナーサイレンサーを取り外し式にして、車検の時だけ付けておことしている方もいるのではありませんか?

またインナーサイレンサーのデメリットにも迫ります。

インナーサイレンサーと車検の関係性

マフラーの排気騒音には保安基準が設けられており、年々その基準が厳しくなっているのはご存知だと思いうます。第一に、排気騒音が基準以下であることが絶対条件です。満たしていなければ車検は通りません。

もう一点注意してほしいのが、インナーサイレンサーは簡単に取り付けできるのですが、取外し可能な状態にしてしまうと車検に通りません!例えば、簡単な接着剤による取り付けでは車検落ちになるのです。

では、インナーサイレンサーはどのように取り付ければよいのでしょうか?リベットによる固定、または溶接をしてください。以上のようにすれば簡単に取り外しができないため、車検を通過できるようになります。

またインナーサイレンサーを取り付けられる車と取り付けられない車があります。2010年4月以降に製造された車には、インナーサイレンサーなどの消音器の取り付けが禁止されています。よって取り付けできるのは2010年4月以前に生産された車だけなので、車の生産年を確認した上で取り付けるか判断しましょう。

インナーサイレンサーのデメリットとは?

まずそもそもの消音効果が低い点を上げなければなりません。一般的に普及しているその他のサイレンサーのほうが消音効果は高いため、インナーサイレンサーを利用すいるメリットはあまりないのです。さらにマフラーやパイプの形状によっても効果が大きく左右されるなど、ちょっと面倒な点も見逃せません。

装着自体は難しいものではありません。ジャッキアップが必要になることや、ボルト穴が空いていない場合は穴あけ加工が必要人あることもあるため、業者にお願いする必要が出てくることも少なくないのです。

車内クリーニングはおまかせなアイテムをご紹介!

車内クリーニングを少しでも効率的に行いたいと思っていませんか?汚れたままであると、ドライブする時の気分もよくありません。でも定期的に掃除するのは面倒なものです。

そこでおすすめしたいアイテムが「CarZoot 車 クリーナー インテリアクリーナー 掃除 ダッシュボードクリーナー 内装」です。車内用のクリーナーであり、汚れの除去力が極めて高いことで知られています。内窓・シート・マット・ダッシュボードなど様々な場所に使えます。例えばプラスティックもOKですし、布にも使えるため素材ごとにクリーナーを変更する手間も省けます。

様々な汚れに対応できるところにも注目しましょう。例えばタバコのヤニ汚れであるとか手垢、そしてジュースをこぼしてできたネチャネチャ汚れなどにも対応しています。

クリーナーの中には、静電気を発生させるものも少なくありません。掃除した後に、静電気が発生するとホコリを寄せ付けてしまいます。しかしCar Zootの車内クリーナーには、静電気を抑える効果があるため、仕上がりもバッチリです。

使い方も簡単であり、価格は税込みで2,480円と比較的手の出しやすい点にも注目です(アマゾン価格)。車内の汚れが気になる方は、この機会に利用してみてはいかがでしょうか?

リコール!ヤリスクロス充電式LEDランタンが回収された理由は?前のページ

有料道路がお得に!レンタカー利用でETCカードが借りられるって本当?次のページ

関連記事

  1. 記事

    【トヨタ車出場】2021年GTカップGAZOOレーシングが参戦について解説

    「トヨタGAZOOレーシング GTカップ(TGR GTカップ)202…

  2. 記事

    トヨタがリコール?カムリはシートベルト警告灯不具合で保安基準に適合しない!

    トヨタが保安基準に適合しないということで、国土交通省にリコールの届け…

  3. 記事

    SNSで話題のCarZoot社の『RainCut-Fu-』を試してみた!

    CarZoot社の『RainCut-Fu-』SNSで話題とい…

  4. 記事

    三重県には2021年においしいパンを食べられるお店がニューオープン!パン好きの方必見

    三重県には2021年においしいパンを食べられるお店が新しくオープンし…

  5. 記事

    時代が必要としたホンダ・アクティトラック

    明治時代に遡る日本トラックの始まり。当時は、いすゞ自動車の前身である…

  6. 記事

    地域交通グリーン化事業で電動車両導入支援!国交省の事業公募とは?

    世界中の国々でどんどん開発が進められているのが電気自動車です。今回は…

新着記事の一覧

  1. 自然豊かな高知県を車とキャンプで満喫しよう
  2. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  3. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  4. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  5. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  1. 記事

    外国車メーカーに選ばれる車体整備店がある!熊本県でおすすめ気分転換に車のボディー…
  2. 記事

    ドナーカードって、ご存知ですか?もしもの時に臓器提供できるための準備を
  3. 記事

    ユーザーの声をカタチにするJET・INOUEのドライブレコーダー
  4. 記事

    国交省が踏切道改良に向けて法整備!スムーズな移動や災害対応が実現か?
  5. 記事

    【40台限定】デビットブラウンが最新の「ミニリマスタード」を発表!どんな車?
PAGE TOP