意外と知らない⁉軽油とガソリンの違いを紹介!

   
 

皆さんは軽油とガソリンの違いってご存知でしょうか?私は免許を取るまで軽油は軽自動車や重さが軽い乗り物用の油だと思っていました。
今回は知ってそうで知らない軽油とガソリンの違いについて書いていこうかと思います。

軽油とガソリンとは

まずは軽油とガソリンそれぞれの説明をしていきたいと思います。軽油とは石油(原油)から精製される石油製品のひとつです。軽いという文字がついていることから軽自動車などの軽い乗り物用の燃料と勘違いされることも多いのですが軽油とは重油に対応して付けられた名前なので決して軽自動車だから軽油が使われるという事では無いので注意が必要です。

次にガソリンについてですが、ガソリンとは石油(原油)を蒸留した際に1番初めに得られる物質です。ガソリンにはいくつか種類があるのですが私たちの最も身近で使われているのは自動車用のガソリンだと思います。その他にも工業用のガソリンや、飛行機などに使われる航空用のガソリンもあります。

軽油とガソリンそれぞれの使い道

軽油の使い道

軽油は主にディーゼルエンジンの燃料として使用されています。ディーゼル車は燃費が良く軽油自体もガソリンに比べたら一ℓあたり約20円も安い傾向にあるのでコスト面でもとてもお得ということになります。長距離を走るトラックや四駆車などの大型車にも軽油が使われています。

もしディーゼル車にガソリンを入れてしまったらどうなるのか?ディーゼルエンジンは燃料と空気を混ぜた状態で圧力を高め、着火するという仕組みのエンジンです。なのでガソリンだけではエンジンはかかりません。

しかし通常はタンクの中に少量の軽油が残っているのでエンジンはそのまま指導します。するとガソリンは軽油に比べると潤滑性がないので燃料噴射ポンプが破損してしまいます。そのまま走り出したりすると、燃料を噴射するノズルが故障してしまい、修理で多額の費用がかかってしまう事態になりかねません。

ガソリンの使い道

ガソリンの最も身近な用途はやはり自動車用の燃料だと思います。ですが自動車のエンジンに使用されるだけではなく、他にも農業用や林業用などの内燃機関にも使われています。
その中でも自動車用のガソリンは大きくわけて2つに分類出来ます。1つはイオクガソリン、そしてもうひとつはレギュラーガソリンです。ハイオクガソリンは1号ガソリン、レギュラーガソリンは2号ガソリンとも呼ばれます。2つともガソリンスタンドに行った際には必ず見かけると思います。

もしガソリン車に軽油を入れてしまったらどうなるのか?先程はディーゼル車にガソリンを入れたらどうなるのかという事でしたが反対にガソリンエンジン車に軽油を入れてしまった場合はどうなってしまうのかということです。

ディーゼル車で燃料を入れ間違えてしまったのに比べると、そこまで深刻な状態にはなりづらい傾向にあると言えます。ガソリンエンジンは燃料と空気を混ぜて圧縮しながらスパークプラグで点火するという仕組みなのですが、ガソリンと軽油を間違えてしまうと、プラグの先端に軽油が付着してしまいエンジンが止まってしまうことになります。

その際の修理内容としてはエンジンオイルやプラグの交換と日常的なメンテナンスの範囲に収まりますのでディーゼル車で間違えたときよりは修理にかかる費用は少なく済む傾向にあります。

このようにディーゼル車にガソリンを入れた時の方がかなり深刻な問題に繋がりますのでセルフで給油する際には間違えないように注意が必要です

軽油とガソリンの違い

これまで軽油とガソリンそれぞれの説明をしてきましたが最後に軽油とガソリンの違いについて説明していきたいと思います。軽油とガソリンも実は石油から出来ています。

軽油もガソリンも石油に含まれているワックスやガスなどの成分を分離させるために加熱し蒸留させるという同じ製法を使って作っているので同じガソリンです。そこで軽油とガソリンを分ける決定的な違いというものが蒸留時の採取温度の違いになります。

ガソリンは石油を熱していった際に約30℃から230℃の間で発生する蒸気を採取して作られます。これに対し軽油は140℃から380℃の間で発生する蒸気から作られています。

このように低い温度で蒸発するのがガソリンで軽油は高い温度でしか蒸発しない特徴があります。このそれぞれの特徴を活かして何の燃料として使われるかが決められています。

余談ですが軽油は低温に弱いため一定の温度以下になってしまうと凍ってしまうこともあります。そのため、季節によって販売される軽油の成分は微妙に変えられています。

まとめ

今回は知ってるようで知らない軽油とガソリンの違いについて説明させて頂きましたがいかがだったでしょうか。この記事が少しでも皆様の役に立てれば幸いです。セルフで給油する際には注意が必要です。

車の染みついた匂いが気になる方へ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ダウンロード.jpg

梅雨が明けて熱くなってきたこの頃ですがそれと同時に気になるのが車に染みついた匂いです。

梅雨のじめじめした湿気の匂いだけではなくこれからは汗のにおいやエアコンを定期的に使うことによりエアコンや車のマットレスそのものからの匂いも気になる方がいると思います。

そんな時にオススメしたいのがこちらの商品です

使い方はとっても簡単で噴射機を設置して後は放置するだけというお手軽さです。 ミスト状の薬液なのでスプレーなどではいきわたらない細かいところまで消臭効果がみられます。 さらに空間に漂っているウイルスや菌なども徹底除菌してくれるのでこれからの季節にも大変活躍すると思います。 専用のミストがなくなるまで何度も使えるのでコスパも大変いい商品だと思います。

avatar
給油の時は軽油とガソリンを間違えないでね!

もしも間違えた時はどうすればいいのか知っておこう!

富山県で車でいけるエネルギーチャージできるパワースポットを3選ご紹介!前のページ

車のハンドルを日焼けから守る!紫外線対策を紹介 次のページ

関連記事

  1. 記事

    ナンバープレートもかわいく!東海で使用できるご当地ナンバープレートをご紹介!

    ナンバープレートに好きな当て字を入れたり、車のナンバーに真剣に考える…

  2. 記事

    スバルは年間世界販売台数最多の実績あり!スバルの歴史を徹底解説!

    スバルは多くの方が知っているメーカーであり、非常に評判が良いです。ス…

  3. 記事

    あの橋には様々な新技術が!レインボーブリッジの工事方法を徹底解説!

    ドライブが好きな方であれば、一度は通ったことがあるのではありませんか…

  4. 記事

    ハイエースユーザーにおすすめ!乗り心地をよくするためのカスタム! 

    力強い車種といえばハイエースを挙げる方も多いのではないかと思います。…

  5. 記事

    車のバッテリーを交換するなら?値段の相場や店舗に依頼する際の注意点

    車のバッテリーが上がってしまった、あるいはバッテリーが弱ってきている…

  6. 記事

    車のカースタントマンになるには?仕事内容や資格、向いている人について紹介

    映画やTVの危険なシーンで車で炎の中に入ったりするカースタントマン。…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 未分類

    おすすめのアルミモールクリーナー
  2. 記事

    高級車が入れる任意保険とは?どの保険会社に入れるかどうかも一緒にご説明!
  3. 記事

    三密に注意!クルマを走らせキャンプに行こう!福島でおススメキャンプ場2選
  4. 記事

    広島でトレッキング!車で行ける駐車場完備の場所を紹介!
  5. 記事

    初心者マーク・高齢者マークちゃんと付けてる?罰則などを紹介!
PAGE TOP