怪我にあいにくい!衝突被害軽減ブレーキの機能に注目!

   
 

事故を予防するような機能を持った車が次々と世に送り出されています。安全性能が高まれば、それだけ事故による影響も少なくなります。そもそも事故も起こしにくくなるとも考えられるわけです。

今回は、安全機能の一つである衝突被害軽減ブレーキについて徹底解説します。どのようなブレーキなのでしょうか?

衝突被害軽減ブレーキとはどんなブレーキなのか?

車の安全機能である衝突被害軽減ブレーキについて詳しくお伝えします。

衝突被害軽減ブレーキとは?

カメラやレーダーを活用し、先行者との距離を常に検出し危険な状況でないかを監視します。前方の歩行者や自動車を検知し、追突する危険性が高まったと判断される場合は、まず警告音や警告灯でドライバーに知らせてくれます。この時点でブレーキを踏んでいれば、事故に合う確率は格段に下がります。

警告音や警告灯がでているにも関わらず、ブレーキを踏んでいない場合は、システムの判断により、自動的にブレーキが作動します。結果的に衝突したとしてもブレーキで速度が下がっているため、被害が低減するわけです。

メーカーごとに名称が異なることも

衝突被害軽減ブレーキは、通称であり自動車メーカーごとに呼び名が異なることは覚えておきましょう。以下に、主なメーカーと呼び名について掲載しておきます。

  • トヨタ:プリクラッシュセーフティ(Toyota Safety Sense)
  • 三菱:衝突被害軽減ブレーキシステム(Forward Collision Mitigation System)
  • ホンダ:衝突軽減ブレーキ(CMBS)
  • 日産:エマージェンシーブレーキ
  • マツダ:アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート
  • スバル:アイサイト(プリクラッシュブレーキ)

AEBS認定制度にも注目しよう

衝突被害軽減ブレーキと密接に関わっているのがAEBS認定制度です。

AEBS認定制度とは、一定の性能を満たしていることを国が認定する制度のことを指しています。認定されるためには、いくつかの条件があります。

まずは静止車両に対する試験がおこなわれ、50キロで停止している車両に近づいた時に衝突しない、または衝突時の時速が20キロ以内になるかを確かめられます

次に走行車両に対する試験が行われ、50キロで走行している最中に20キロで走る車に近づき衝突しないことが求められます。

最後に衝突被害軽減ブレーキが作動する0.8秒前までにドライバーに対して警報が作動するかが確かめられます。

以上の3つをクリアすると、晴れてAEBS認定がされることになるのです。

車体にべっとりついた鉄粉を除去しませんか?

車のメンテナンスを定期的に行っているでしょうか?ついつい面倒になって忘れてしまうこともあるでしょう。しかし何もしないと、例えば車体に鉄粉がべっとりと付着してしまうこともあるわけです。汚らしく見えてしまうこともあるので、さっぱりと洗い流しましょう。

そこで鉄粉の除去におすすめしたいのが「CarZoot 車 ボディ 鉄粉 除去 鉄粉除去 洗車 ボディクリーナー」です。鉄粉除去力が極めて高いのはもちろんですが、他社と大きく異なる点にコンパウンドの存在があります。通常の鉄粉除去剤はコンパウンドが含まれていますが、こちらのアイテムには含まれていません。つまりノーコンパウンドで仕上げられるため、結果として車体を痛める心配がないのです。

使い方もとっても簡単であり、ボディにスプレーします、後は数分間放置すると、徐々に鉄粉が浮いてくるので後は洗いがなして終了です。初心者でも簡単に利用できるので、是非活用してみてはいかがでしょうか?

価格もそれほど高いものではなく、アマゾンでは税込み1,980円で販売されています。ただ送料がかかってしまうのでその点は注意してください。2,000円以上のお買い上げで送料は無料になるので、まとめ買いをしても良いでしょう!

自動車リサイクル法ってなんだ?法律の内容を詳しく解説!前のページ

パンクが事前に分かる!?車のTPMSってどんなシステムなのか?次のページ

関連記事

  1. 記事

    車でのおでかけを楽しくする「おジャ魔女どれみ」のおすすめカーグッズを紹介

    車でお出かけする際、特にお子様連れの方は移動距離が長くなるほど子供が…

  2. 記事

    フォードのエコスポーツを知っているか?どんな仕様の車か徹底解剖!中古車情報も知りたい!

    エコスポーツという車のことを知っている人は、かなりSUVのことが大好…

  3. 記事

    2021年最新情報!UDトラックスではどんな車種がおすすめか?

    トラックメーカーと言えば、日野、いすゞ、などがありますが、その中でも…

  4. 記事

    【スナップオン・ツールズ】最大982度測定できるサーマルレーザーとADASの校正作業ツールを開発!発…

    2021年1月中旬に、スナップオン・ツールズのダイアグノスティック …

  5. 記事

    ENEOS CO2フリーで水素製造 ステーションで活用へ

    水素エネルギーってご存じですか。地球温暖化対策として火力発電から出る…

  6. 記事

    フェンダーからはみ出すと違反?

    フェンダーからはみ出したタイヤを見たことある人も多いのではな…

新着記事の一覧

  1. オンラインで開催された東京オートサロン2021で日産が出展し…
  2. 【2021年最新情報】メルセデスベンツMBUX に新機能が搭…
  3. 工場では色々な車が活躍中!お馴染みの車の種類をご紹介!
  4. 危険地帯ではどんな活動が出来るのか?自衛隊の車両をご紹介!
  5. 自衛隊の装甲車ってどんな種類があるのか?こんな車が安全を守っ…
  1. 記事

    ケータハムの新モデルの魅力を全公開!
  2. 記事

    ガソリンの二重課税について徹底解説!二重にとられる理由と今後なくなることはないの…
  3. 記事

    各種バルブ取り扱いならお任せ!太平洋工業の業務内容や株価は?
  4. 記事

    【環境問題を解決】リテラの魅力を徹底解剖!
  5. 記事

    徳島県のゴルフ場ならココ!密をさけて車で出かけよう!
PAGE TOP