後部座席=安全は嘘!?一番安全な車の座席とは?

   
 

交通事故で最も安全な座席はどこなのでしょうか?後部座席だと思っていませんか?確かに、正面からの衝撃を考えると運転席や助手席に比べて、緩和されそうなイメージがありますが実は異なります!

今回は、車で一番安全な座席について徹底解説します。ぜひじっくり最後まで読んでみてください。

後部座席が一番安全は嘘!

後部座席については、車の状態によっては安全な場所になりますが問題があることも少なくありません。そもそもエアバッグがないため事故にあってしまうと、運転席や助手席に顔面が衝突することもあります。それどころか、シートベルトをしていなければ、フロントガラスに飛び込んでしまう恐れもあるのです。

運転席や助手席については、シートベルトを閉める習慣があると思います。しかし後部座席のシートベルト着用については、まだ全国民に浸透しているとはいえないためしていない方も少なからずいます。その結果、大きな事故が発生し後部座席の人のみが犠牲になることも珍しくありません。

また車種によっては、3列目のシートがある車もあります。3列目に関しても極めて危険とされており、そもそも安全性が確認されていないものもある程です。ちなみに3列目のシートの安全性を確認している日本車はCX-8のみとされています。

では一体、どこの座席が一番安全なのでしょうか?

車で一番安全な座席とは?

車の安全な座席は助手席とされています。その理由に迫ります。

助手席

助手席は昔からシートベルト着用が義務付けられており、未着用であると罰則の対象にもなります。多くの方が実際に着用しているため、大きな被害に遭いにくいわけです。

さらに助手席にもエアバック機能が備え付けられている車も多く出始めています。衝撃でダッシュボードなどに頭をぶつけてしまうケースもありますが、エアバックがあることで衝撃を緩和してくれ、結果としてほとんど怪我を負わずに済ませられることもあります。

前方の座席であると、「より強い衝撃を受けるのでは?」と思う方もいるでしょう。最近の車の中には、前方からの衝撃が加わると、わざと車体が損傷し衝撃を弱める工夫が施されているものもあります。以前の車に比べると、より小さな衝撃で怪我を回避できるようになりつつあるので、前方の座席だからといって危険ではありません。

ただ、条件によっては助手席に危険が及ぶこともあります。

助手席にも危険性あり

そもそも車は運転手が運転しているものであり、事故が起こりそうな時は無意識で自分に被害が及ばないように回避行動をとります。その結果、助手席側に大きな衝撃が加わりやすいこともあるのです。

また車によっては、助手席側にエアバッグが装着されていない車も少なくありません。特に様々な機器が取り付けられているタクシーの助手席には、エアバックがないのが一般的です。

安全性が高い助手席ですが、状況によっては危険性が高まることもあるので要注意です。

安全性を高めるためにもカーメンテに力を入れよう

座席と安全性についてお伝えしてきましたが、一番良いのは事故を起こさないことです。事故は雨の時に発生しやすいとされ、視界が大きな影響を与えます。つまり雨によって視界が悪くなると、事故が発生しやすくなるわけです。

そこでおすすめしたいのが、フロントガラスの撥水力を高めるコーティング剤の「CarZoot 車 ガラス 撥水 コーティング ウィンドウ フロントガラス 窓ガラス コート フッ素」です。強力なフッ素が配合されているため、水滴をしっかりと弾くため雨の日の視界もより良好になります。

コーティング前の下準備に必要な油膜除去剤もセットされているため、より精度の高いコーティングが出来るところもメリットの一つです。持続期間は1年間と高寿命であるため、コスパにも優れています。

アマゾンで販売されており、税込価格は2,980円です(送料無料)。

キャンピングカーには何人乗れる?車種や免許にも注目してみた!前のページ

MT車にクイックシフトを付ける人が急増中!そのメリットとは?次のページ

関連記事

  1. 記事

    道路工事の時間は法律で決まっている?

    年度末になるとあちこちで道路工事をしているのを見かけますよね。深夜で…

  2. 記事

    大手メーカー「BASF」のウルトラミッド アドバンストにカーボン繊維を強化した新グレード追加へ!

    大手自動車部品メーカー「BASF」は、これまで使用していたカーボン素…

  3. 記事

    新車以上の輝き!?山口県でおすすめのボディーコーティング店を紹介!

    この記事では、山口県でおすすめするボディーコーティングしてくれるお店…

  4. 記事

    ワイオミング州では特に「アンテロープ・フラットロード(グランド・ティトン国立公園)」がおすすめ!フラ…

    ワイオミング州では特に「アンテロープ・フラットロード(グランド・ティ…

  5. 記事

    【2021年版】ケイトスペードの春・夏ドライブにおすすめのキーケース・小物5選

    アメリカの高級ファッションブランド『ケイトスペードニューヨーク(以下…

  6. 記事

    千葉県で車で行ける植物園はこちら!インスタ映えの写真もバッチリ撮れます!

    関東地方の中でも、豊かな自然と暖かい海を堪能できるのが千葉県の魅力。…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    アイドリング状態での暖気運転の賛否について
  2. 記事

    スバルレヴォーグがJNCAP自動車安定性能2020ファイブスター受賞!他にはどの…
  3. 記事

    千葉県の車で行けて密になりにくい!おすすめの古城・遺跡3選!
  4. 記事

    東京で起こった平成の大きな事故(東池袋暴走死傷事故・多摩市飲酒ひき逃げ事故)を受…
  5. 記事

    自粛中に読もう!西島秀俊主演の『流星ワゴン』実は元々小説って知ってましたか?
PAGE TOP