引っ越しでナンバーを変更するのは義務?なのかそうでないのかを紹介

   
 

引っ越しを済ませてホッとしたのも束の間。

よく考えると、エリアを超えて引っ越ししたのに、愛車のナンバーをそのままにしてしまったままという人が結構いらっしゃるのではないでしょうか?

そこでこの記事では、引っ越しに伴うナンバーの変更問題の疑問にお応えしていくことにします。

引っ越しすると車のナンバーは、変えなくてはいけないの?

バタバタと慌ただしい移動が終わると、もうそれだけでホッとしてしまいます。

でも、忘れてはいないでしょうか?

自分の大切な車のプレートの地域名が引越し前の都道府県名のままになっていること。

あまり意識をしていない人も多いことでしょう。

ましてや、毎年5月に納付している自動車税も、住所の変更をその地域に知らせておくだけで納付OKなので、ナンバーを変えなくても問題ないと思っているのではないでしょうか?

そんなことから、昔のナンバーのままで放ったらかしで、全然気にすることもなく、やり過ごしているかもしれません。

しかし、引っ越しした後でナンバーを本当に変更しなくていいのでしょうか?

ナンバーの変更が義務付けられています!

ナンバープレートを変更しなくても問題ないと思われている人が少なくありません。

しかし、車のナンバープレートに記載されている地域名は、異なる場所に引っ越しをしたら、そのままにしておいてはいけないのです。

そう、ナンバーを管轄する地域が変わった場合は、変更する義務があります。

引越しの時に車に関して必要な手続きは、運転免許証の住所変更だけと思われがちなのですが、持っている自分の車の色々な書類手続きと同時にナンバーの変更も必要になってきます。

実際には、ナンバーはそのままでも特別な問題はない?

でも、本当にナンバープレートの変更しないといけないのでしょうか?

道路運送車両法第109条を調べてみると、その中にある道路運送車両法第12条に住所変更やナンバーの変更を行わないと50万円以下の罰金に処されることが記されています。

とは言うものの、ナンバーの変更を行わなっていない人全員が罰金が科されているかと言えば、そうでもありません。

実際にはナンバーの変更を行っていなくても罰金を払わずに何事もなかったかのように過ごしている人が多いのです。

しかし、住所変更やナンバー変更をしていないと、自分の車を他の人に譲渡する時に問題になる可能性もあります。

虚偽の申告で罰金!

元々、自動車のナンバーは単なる車の番号ではありません。

自動車を保管している場所、すなわち具体的に駐車している場所がどこなのかを証明するものになります。

しかし、引っ越しをしたのに住民票も移さないという人がいるようにナンバーの変更もしないのです。

この状態が見つかった場合は、虚偽の申告になり、前述の通り罰金が科せられることになりますので、引っ越しをした後には、必ずナンバーは変更するようにしておきましょう。

特に同じ都道府県に引っ越しした場合に注意

中には、他の都道府県に引っ越した時に車輛を登録する地域によってナンバーがはっきりと変わることを理解できれば、住所変更の手続きと同時にプレートも変更しなくてはならないとことが分かることでしょう。

しかし、注意しなくてはならないケースは、管轄の陸運支局の変更がない同じ地域内の引っ越しの場合です。

同じ管轄なので変更手続きをする必要がないと早合点しそうになるのですが、この場合でも住所変更の手続きが必要です。

手続きについては、変更が発生した時から15日以内に管轄地の陸運支局で、変更登録の申請をするように法律で定められています。

どんな手続きが必要なの?

プレートの変更手続きは、ディーラー等に委託して代わりに手続きをお願いすることもできますが、個人で手続きすることも可能です。

但し、変更する前に車庫証明を取得しておかないとできないので注意が必要です。

変更する場所は?

自分でナンバーの変更手続きをする場合は、運輸支局で変更することができます。

今、付けているプレートを外して、返却した後に必要書類を陸運支局に提出して、新しい車検証をもらうことになります。

プレートの取り外しは、アルミの封印が打たれているので、陸運支局で手続きをする際にその場で取り外しもらい、後から新プレートを取り付けてもらうようにします。

ナンバーは個人でも取り外しと取り付けとができますが、外して公道を走ることはできませんので、陸運支局で外してもらう方がいいでしょう。

また、手続きに必要な書類は、3ヶ月以内に発行された住民票と1ヶ月以内に取得した自動車保管場所証明書(車庫証明)も必要なので、予め準備しておくことです。

軽自動車は、住所を証明する住民票に他に発行後3ヶ月以内に印鑑証明書が必要です。

おすすめ商品:[CarZootプロ仕様]【新感覚!回数が増えると輝きも増すコーティングキット】

メンテナンスする回数を重ねるとそれだけに、ますます輝きが増す驚きの艶と撥水性コート「育艶-IKUTSUYA」です。

どこに引越しをしても、愛車はいつも、きちんとコーティングをしておきたいと思うのが、オーナーの願い。

そんな時の必須アイテムが『育艶-IKUTSUYA』 です。

Amazonでは価格:2,980円で販売されているように、お手頃価格で購入できます。

「育艶-IKUTSUYA」の特徴は、愛車をピカピカに変身させてくれるコーティング剤で、メンテナンスするたびに艶が増してくるコーティング剤です。

ショールームでも使われているプロ仕様の仕上がりですが、洗車の後に塗り込むだけで、艶と光沢を生み出すことができます。

「育艶-IKUTSUYA」でしっかりと車をきれいにして、自慢してください。

外国からの訪問者が日本で車の運転をする為に必要な手続き、免許をご紹介!前のページ

近畿地方でおすすめ!カーポート業者&お店をまとめて紹介! 次のページ

関連記事

  1. 記事

    【パイオニア、カロッツェリア】サウンドチューニングキット 車種専用パッケージに18車種の適合追加へ

    パイオニアのカロッツェリアブランドから大きな発表がありました!…

  2. 記事

    carrozzeriaの新次元カーナビゲーション サイバーナビとは

    車載用AV機器ブランド「carrozzeria」で知られる、1980…

  3. 記事

    【ガス欠を救う!】三重県下で深夜営業しているガソリンスタンドを紹介

    「三重県下で深夜営業しているガソリンスタンドについて詳しく知りたい。…

  4. 記事

    2021年は群馬県の道の駅へ!特徴的で魅力あるのはどこ?

    群馬県の道の駅は、特徴的で魅力のある場所も多くあります。2021年に…

  5. 記事

    佐賀県で注意すべき事故多発エリアを紹介

    警視庁が発表した2019年の事故件数は38万1002件で、死者数は3…

  6. 記事

    香川県でカーセキュリティを導入したいのならここがおすすめ!徹底紹介します!

    近年増えているのが、愛車へのドライブレコーダーの取り付けです。あおり…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    clarionのカーナビ人気1位と2位を紹介!それぞれの違いも解説 
  2. 記事

    アイデアに富んだロールスロイスの国際子どもデザインコンペで日本人が環境部門の最優…
  3. 記事

    【ドライバー必見】ホンダ車で車中泊ができるおすすめ3タイプを紹介
  4. 記事

    懐かしのダイハツ【ミゼット】 オート三輪を知っていますか??
  5. 記事

    【知ってた?】車をぺトラスで給油してサービスもゲットできる件!
PAGE TOP