幻の4代目のスカイライン「ケンメリ」とはどんな車なの?その伝説と栄光をご紹介!

   
 

日産のスカイラインの歴史の中で、あまりにも有名で数多くの伝説を残した名車「ケンメリ」

でも、今の若い世代の人達は、あまりご存知ないのではないかと思います。

そこで、ここでは”幻のスカイライン”とまで言われた「ケンメリ」にフォーカスして解説していくことにします。

ケンメリとは

スカイラインの「ケンメリ」は、歴代モデルの中で4代目としてリリースされたモデルです。

C110型という型式で、1972年〜1977年の間で生産されていました。

「ケンメリ」の由来は、当時のスカイラインのCMキャッチコピーである「ケンとメリーのスカイライン」から略語で「ケンメリ」となったものです。

実は歴代のスカイラインの歴史の中でも、最も売れたのが1972年9月から販売されたC110型:ケンメリでした。

販売累計台数64万台。

先代モデルのC10型の2倍近くに達し空前の大ヒットとなったわけです。

販売拡大の鍵はマーケティング戦略

しかし、どうしてケンメリがここまでは人気を呼んだのでしょうか?

それは、C110型のデザイン性、機能性に魅力があったことは言うまでもありませんが、見事なマーケティング戦略も大きく起因していると思われるのです。

当時、スカイラインの広告については、ライトパブリシティという広告代理店が手掛けていたのですが、コピーライターの先駆者である秋山晶氏や和田誠等、有名なアートディレクター、篠山紀信等の写真家が籍を置いていました。

その彼らが、「ケンとメリーのスカイライン」というキャッチコピーを考え、見事にヒットしたわけです。

3種類のケンメリ

ケンメリには、GL、GT、GT-Rの3種類のグレードが用意されていました。

違いはエンジン性能で、GLは1.6Lと1.8LのG16型(G18型)エンジンを搭載。

GTは、日産自動車が開発した2.0LのエンジンL20型が使われましたが、排ガス規制の影響を受けて、その後に改良されたL20E型エンジンを搭載することになります。

そして最上位グレードのGT-Rは、先代ハコスカのGT-Rと同じS20型エンジンが搭載されています。

最高出力は、GTは88.3kW(120PS)/6,000rpm、最大トルク166.7Nm(17.0kgm)/4,000rpmですが、GT-Rは最高出力117.7kW(160ps)/7,000rpm、最大トルク176.5Nm(18.0kgm)/5,600rpmとなっており、GT-Rは高速走行を想定した車となっています。

幻のGT-Rと言われた所以

そのケンメリ GT-Rは、僅か197台しか生産されませんでした。

この販売台数の少なさから、希少性の高い車となり、販売当時でもめったに手が出せない高級車だったのです。

幻のGT-Rと呼ばれるケンメリ”GT-R”の所以は、希少性の高さにあったわけです。

しかも、1972年の東京モーターショーに「スカイラインハードトップ2000GT-Rレーシング仕様」として出展され、大きな話題を呼んだのですが、残念ながら大きな期待を集めていたにもかかわらず。登場することはありませんでした。

排ガス規制の影響

それは、排ガス規制が強化されたためです。

その結果、ケンメリGT-Rは生産中止に追い込まれてしまいました。

排ガス規制の強化がなってしまい、規制強化の波がモータースポーツ界まで大きく影を落としていくことになりました。

新型スカイライン

スカイラインは、圧倒的なエンジンパワーでスポーツカーの世界を牽引してきました。

これは、最新のスカイラインでも言えることです。

新型スカイラインの400Rは、405psという高出力を誇り、セダンにおいては最速のスポーツタイプのセダンとして国内外で熱狂的なファンがたくさんいます。

最高出力は308pで、国産ブランドの超高性能スポーツカーでも340psを叩きだし、最高峰の車にマークされています。

これが、かつてケンメリで生まれた伝説を復活させるのかもしれません。

[CarZootプロ仕様]【サっと塗るだけで驚くツヤ感と撥水力!】ポリマー系コーティングキット G’Polymer Neo 

今回は、サっと塗るだけで驚くツヤ感と撥水力を発揮するポリマー系コーティングキットの

Carzoot社のおすすめ製品「G’Polymer Neo」をご紹介します。

「G’Polymer Neo」は、Amazonで980円で購入することができますが、特徴は次の通りです。

・プロが開発した、サッと拭くだけで、簡単に艶と撥水を出すことができるコーティング剤で、2ヶ月に1度使うだけで3年間耐久できます。

・洗車時に誰でも簡単に施工でき、ムラなく初めての人でも簡単に施工できることが特徴です。

・展示車両やモーターショーで使用されるレベルの艶と光沢度の強いコーティングを実現。

・テフロン樹脂、ファインセラミック配合で、ボディの上に付着した水垢等を除去します。

「G’Polymer Neo」を使って、自分の愛車もハイエンドカーのように美しくしたいものです。

avatar
過去にどんな車が販売されたのか調べてみてください!

新しい発見でほしい車が見つかるかもしれません!

ドンカーブート社とはどんな企業なの?その歴史と代表的な車を徹底解説!前のページ

【新潟】車で回れる越後三十三観音霊場巡り(弘誓寺、千蔵院、最明寺)を紹介!次のページ

関連記事

  1. デザイナーB

    メッキクリーナーで愛車に輝きを!おすすめのクリーナーを3選してご紹介!

    車のメッキ部分の汚れ、キレイにしていますか?洗車後、洗ったはずのメッ…

  2. 記事

    車のメッキはデリケートだからクリーナー選びにも気を使おう!正しい手入れ法

    車のメッキは愛車の高級感を出すパーツですが、くすみが生じやすいのも事…

  3. 記事

    買い替えの際の査定をよくするにはどうしたらいい?

    新しく車を買い替えする際に気になるのが査定額です。内装や外装の状態が…

  4. 記事

    タクシーの表示灯に出ている状態の意味は?を12のステータスを徹底解説!

    私たちの身近な移動手段として浸透しているタクシー。ふと道ゆくタクシー…

  5. 記事

    パジェロで有名な三菱自動車を動画と一緒に紹介!

    パジェロで有名な三菱自動車。幅広い層から高い支持を得ている自動車メー…

  6. 記事

    信号を待っている間のドライバー交代は合法?違法?知っておいて損はない交通ルールを解説

    信号を待っている間に、運転手が車を降りて交代している光景を見た事もし…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 未分類

    【車内の臭いが気になる方必見】おすすめの車内消臭剤について
  2. 記事

    車中泊は熱中症に注意?暑さ対策を徹底してご紹介!
  3. 記事

    シートベルトストッパーってどんなアイテム?おすすめのシートベルトストッパー2選!…
  4. 記事

    HONDAはバイクだけじゃない!ビおすすめのカーナビ2020年春夏モデルを紹介!…
  5. 記事

    ホイールのオフセットって何?計算方法やサイズの基礎知識を解説!
PAGE TOP