岐阜県の魅力をご紹介!ひぐらし×白川郷×ご当地キティについて

   
 

みなさんは、岐阜県と言えば何を思い浮かべますか?

岐阜県と言えば、グルメなら飛騨牛鮎寿司、観光地なら白川郷など、一度は聞いたことがあると思います。

今回は、岐阜県について、ゆかりのあるアニメやご当地キティの紹介を交えながら魅力をお伝えしていきたいと思います。

白川郷

主に岐阜県に位置する、白川村のことを指します。合掌造りの集落としてとても有名であり、1976年には、重要伝統的建造物群保存地区として選定されました。後の1995年には、合掌造り集落としてユネスコの世界遺産にも登録されたことで、世界的にも非常に有名になりました。

中でも、荻町地区では、現在でも実生活として使用されているところに価値があるとされ、その点が、他地域の合掌造り地域とは一線を画しています。又、野外博物館や明善寺などの、多数の重要文化財もありますので、地域全体でとても貴重な文化遺産の集合体とも言えるでしょう。

ひぐらしのなく頃に

他にも、ひぐらしのなく頃にという、ゲームの舞台のモデルにもなっています。ひぐらしのなく頃にとは、元々同人サークルによるサウンドノベルから始まりました。その人気はどんどん高まり、アニメではリメイク版まで登場したり、実写映画になったこともあるほどです。

様々なバージョンがあるものの、基本的に舞台は雛見沢村であり、この雛見沢村のモデルとなったのが、白川郷です。

このゲームは、ミステリージャンルでありながら、作者の竜騎士07氏によると「他者を信頼し、悩みを打ち明けることの大切さを繰り返し説いた」とされています。とても魅力のある作品ですので、良かったら一度は触れてみて下さい。

ご当地キティのご紹介

では、岐阜県のご当地キティのご紹介を交えながら、併せて解説もしていきたいと思います。

白川郷キティ

前述した通り、ゲームのモデルとして、又、世界遺産としても有名な白川郷ですが、勿論、ご当地キティとのコラボグッズが販売されています。

現在は予約制になっていますが、白川郷では夜間のライトアップも魅力的です。白川郷のライトアップをモチーフにしたキティもとても可愛らしく、ピンクの合掌造りの建物とコラボしています。

他にも、合掌造りの茅葺を前面に押し出したキティや、雪景色バージョンのグッズも存在します。いずれも、白川郷の魅力が詰まったアイテムになっていますので、お土産にもオススメです。

飛騨牛キティ

飛騨牛とは、飛騨地方にて肥育される黒毛和牛の牛肉のことです。過去には何度か偽装事件などが起きたものの、2019年には、飛騨牛を扱うお店がミシュランガイドに掲載されるなど、ブランドとして確固たる実績を誇ります。

この飛騨牛とのコラボキティがとてもチャーミングです。真っ黒い牛の着ぐるみを被りつつ、リボンも忘れない姿は愛おしさすら感じます。ラインナップも、根付けやボールペン各種の他に、スライドミラーなどの実用品とのコラボ商品もありますので、こちらもオススメです。

鵜飼

鵜飼とは、岐阜県長良川に伝わる、伝統的な漁法です。鵜を操り、篝火で驚かせた鮎を次々と鵜が捕獲します。更に、長良川では過去に、名水百選や日本の水浴場などにも選ばれたことがある、由緒ある川としても知られています。

こちらもご当地キティとコラボしているグッズが多数販売されています。鵜だけでなく、漁に使用されている舟とコラボしているグッズもあります。

加えて、漁で獲れる鮎とのコラボアイテムもあります。それが鮎寿司キティであり、鮎とシャリの間にキティが挟まれているディテールになっています。しっかりと鮎らしさを感じつつも、キティの存在感も非常に大きく、とても好ましいデザインですので、ご年配の方向けとしてもオススメだと思います。

今回ご紹介した他にも、まだまだご当地キティグッズがあります。その上、冒頭でもお話した、ひぐらしのなく頃に関連のグッズも多数販売されています。

知る人ぞ知る、とても魅力に溢れた県です。あなたも、岐阜県の魅力に触れてみてはいかがですか?

長野県のご当地キティ特集!観光地や特産物も併せてご紹介!前のページ

お茶や伊豆で魅力溢れる静岡県について。併せて、ご当地キティの紹介も。次のページ

関連記事

  1. 記事

    【車載電池】中国BYDを2021年外販開始!

    「中国BYDを2021年外販開始について詳しく知りたい。」「…

  2. 記事

    【知っておこう】鈴鹿PAに出店した高速初のドライブスルーの紹介

    「鈴鹿PAに出店した高速初のドライブスルーについて詳しく知りたい。」…

  3. 記事

    【左利きはマジックハンドが必須】駐車場で使うべきマストアイテムをご紹介!

    日本の車は通常左ハンドルですので、左ハンドルを使っている人は、日本で…

  4. 記事

    千葉県を堪能しよう!自動車で行けるイベントを紹介!

    新型コロナウイルスの脅威は2021年に暖かくなりだしても健在どころか…

  5. 記事

    【2021年最新版】車好きな方におすすめ!中華人民共和国の上海自動車博物館ってどんなところ?

    中華人民共和国は、北京を首都とする人口約14億人の世界で最も人口が多…

  6. 記事

    タッタタラリラピーヒャラピーヒャラ~まるちゃんグッズで暗い空気を吹き飛ばそう!

    国民的人気者ちびまるこちゃんを深堀りしてみました!かわいいグッズなど…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    カーメイトの新通信規格「LoRa」関連アイテムとは、どんな製品?
  2. 記事

    福井県を丸ごと楽しむ!ドライブで大人カフェデート
  3. デザイナーB

    小型電気自動車「パーソナルモビリティ」の実証実験ツアーを福岡で開催!
  4. 記事

    ナイナイ岡村が国際問題を起こす!?中国大使館の車と事故を起こす!
  5. 記事

    車用品を通販で買うなら?カーセンサーnetがおすすめな理由
PAGE TOP