子供をより安全に!チャイルドシートアセスメントって何?

   
 

子供がいる方だと、車の安全性は極めて重要になります。特に幼いと、もしものことも想定しチャイルドシートをしっかりと装着させなければなりません。

そこで今回は、チャイルドシートに関わるチャイルドシートアセスメントについて詳しく解説します

チャイルドシートアセスメントについて徹底解説します!

そもそもチャイルドシートアセスメントとはどのような意味を持っているのでしょうか?チャイルドシートの選び方のコツについてもお伝えします。

チャイルドシートアセスメントとは?

チャイルドシートの安全性能評価のことをチャイルドシートアセスメントと呼んでいます。国土交通省とNASVAで行われているものであり、全面衝突試験、および使用性能評価試験の2つの項目で評価しているのです。

チャイルドシートの安全性を公表することで、ユーザーの多くに安全なチャイルドシートを選択してもらえるようになります。そしてメーカーにとっては、より安全なチャイルドシートへの開発意欲が湧いてくるわけです。

評価対象とは?

評価対象は、チャイルドシートを製造する全メーカーではありません。国土交通省の自動車アセスメント評価検討会から選ばれることになります。一般的には需要の高い有名なメーカーが対象になることが多いです。

メーカーごとに安全性をアピールしていますが、客観的なデータがあるとは言いにくいのも事実です。自社の製品のことを悪く評価するわけはありません。そこでチャイルドシートアセスメントによって、客観的に評価されるわけです。

チャイルドシートの選び方のコツ

もちろんチャイルドシートアセスメントで高く評価されたチャイルドシートがおすすめです。安全性の高さが公に認められていることになるからです。ただ、他にもいろいろなところを見る必要があるでしょう。

チャイルドシートは車に取り付けて利用するわけですが、取り付け方法が全て同じというわけではありません。

  • 共通取付具ISO-FIX(アイソフィックス)
  • シートベルト

以上の2つのうちいずれかを利用して固定するタイプのものもが一般的です。ちなみに2012年7月以降に販売された車の全てには共通取付具ISO-FIX(アイソフィックス)が必ず装備されているので確認してみましょう。あなたの車が比較的新しいものであれば、共通取付具ISO-FIX(アイソフィックス)に対応したチャイルドシートを選ぶのがおすすめです。安全性が高いというだけではなく、実は取り付けと取り外しがとても簡単なのです。

あなたの乗っている車の車種と各チャイルドシートの相性も重要です。すべての車種に対応しているとは言い切れないので、チャイルドシートのメーカーからでている車種別チャイルドシート適合表などを参考にして選ぶことをおすすめします。

ボディの水垢を綺麗サッパリ落としませんか?

ボディに水垢がついていると汚らしく見えてしまいます。しかし雨の多い季節になると洗車してもすぐに水垢ができてしまうでしょう。そんな時におすすめしたいメンテナンスアイテムが、今回紹介する「CarZoot ウォータースポット イオンデポジット除去 車 水垢 ウォータースポット除去」です。

プロが実際に店舗で利用しているほどのアイテムであり、今までの製品とは除去力が桁違いに違います。しかも単に除去力が強いというわけではなく、コンパウンドが含まれていない点にも注目でしょう。ノーコンパウンドなので車のボディを傷つけることもありません。安心して利用できる点も人気の理由の一つです。

施工にはタオルやスポンジ、そして手袋が必要になりますが、それらの全て付属しています。他に購入する必要はないセット商品なところも魅力でしょう。

アマゾンで販売されており、価格は税込み2,880円で送料無料です。水垢で悩んでいる方は、この機会に活用してみませんか?

知ってた?圧雪路の注意点を徹底解説!知らないと事故る可能性も…前のページ

航空機だけじゃなかった!車でも発生するエコノミークラス症候群を徹底調査!次のページ

関連記事

  1. 記事

    お遍路巡りにもおすすめ青森県のお寺を3選紹介!車でも行ける! 

    青森県といえばリンゴのイメージがありますが、実はお寺巡りが好きな人に…

  2. デザイナーA

    横浜スタジアム周辺で安い駐車場3選!

    皆さんは横浜DeNAベイスターズの本拠地「横浜スタジアム」で野球観戦…

  3. 記事

    軽トラックのあおりが壊れた時の対処法と修理にかかる費用を紹介

    トラックを使用して作業する際に荷物出し入れをすると思いますが、その時…

  4. 記事

    【模様替え】車内の雰囲気を春色基調に変えるオススメハンドルカバー3選

    純正ハンドルは細くてグリップ力が弱く、いざ運転してみても手にフィット…

  5. 記事

    競技に参加したい?B級ライセンスの免許を取得する方法とは?

    車系のライセンスの登竜門とされているのがB級ライセンスです。将来的に…

  6. 記事

    シトロエンの最新版ニューモデル!! 2020年度版

    コロナ禍での新しい生活スタイルが浸透してきました。通勤手段を公共交通…

新着記事の一覧

  1. 自然豊かな高知県を車とキャンプで満喫しよう
  2. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  3. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  4. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  5. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  1. 記事

    INNOがスズキ・ジムニーにジャストフィットするコンパクトサイズの「スクエアール…
  2. 未分類

    マルタの交通事情は?
  3. 記事

    【北川景子出演】車好き必見「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」
  4. 記事

    ガイアナ共和国には世界一長い橋あり!現地の特徴を把握しよう
  5. 記事

    日本は免許取得料が高い?アメリカは高速料金が無料?日本とアメリカを徹底比較!
PAGE TOP