奈良県“初“の水素ステーションを開業!事業を担う合同会社も一緒に知ろう!

   
 

日本各地で水素ステーションが続々と建設されているのをご存知ですか?
政府が打ち出している2050年までに、CO2(二酸化炭素)排出量をゼロにする目標達成に向けて水素が注目されているからです。
そんな中、奈良県初の商用水素ステーションがこのたび完成し、運用を開始します。
今回の記事では奈良県初の水素ステーションの詳細や、この事業を担っている会社についてご紹介していきます。

・奈良県初の水素ステーション

奈良県で、県内では初めてとなる商用水素ステーション「イワタニ水素ステーション奈良大安寺」が、4月2日に奈良市内に開業します。
燃料電池車(FCV)の県内普及に向けた取り組みです。
それに伴って、同日に記念式典を開催する予定になっています。
また奈良県では、これから水素ステーションを増やして行き、26年度までに県内に3箇所の整備する目標も掲げています。

事業を担うのは、「岩谷産業」と「トヨタ自動車」や「ホンダ」などが2018年に設立した「日本水素ステーションネットワーク合同会社」の2社となっています。
約5億円の事業費は、経済産業省や県の補助金で、まかないます。

今後この県内初の水素ステーションと連携して、脱炭素社会の実現に向けて動いていきます。
また水素エネルギーの利用や活用について県民への普及啓発の取り組みを推し進めて行きたい考えです。

・水素ステーションの概要

施設名イワタニ水素ステーション奈良大安寺
事業者日本水素ステーションネットワーク合同会社
岩谷産業株式会社(共同事業)
所在地奈良市大安寺1-24-8(県道754号大安寺南交差点角)
敷地
面積
約670m
水素
供給
オフサイト方式
供給能力150Nm3/h(1時間当たりFCV3台の満充填が可能)

・日本水素ステーションネットワーク合同会社とは?

日本水素ステーションネットワーク合同会社は、FCV(燃料電池自動車)需要を最大化するための水素ステーションネットワークを構築するため、水素ステーション事業者、自動車メーカー、金融投資家などが連携して出来た、世界初の取り組みです。
経済産業省の「水素・燃料電池戦略ロードマップ」の官民目標を目指して2018年に設立されました。
「Japan H2 Mobility」や略称を「JHyM〈ジェイハイム〉」と呼んだりします。

FCV普及初期における、水素ステーションの本格整備を加速させるために、FCVユーザーの利便性向上を測り、FCVと水素ステーションの普及加速に貢献する狙いがあります。

会社概要
本社所在地〒102-0074
東京都千代田区九段南二丁目3番18号
トヨタ九段ビル
電話番号03-5214-6711
03-5214-6712
設立2018年(平成30年)2月20日
事業期間2018年4月~2028年3月
(第Ⅰ期 2018~2021年度 第Ⅱ期 2022~2027年度)

・まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回の記事では、奈良県で“初“の水素ステーションについての詳細と、さまざまなメーカーが合同となり設立した「日本水素ステーションネットワーク合同会社」についてご説明してきました。
まだ馴染みがあまりない水素ステーションですが、これから加速度的に増えていくことが予想されます。
それに伴って、新しい水素自動車の開発や研究もより一層増え、脱炭素社会が一歩ずつ近づいてきそうです。

・CarZoot社製 レザークリーナー

長く車に乗っていると、どうしても車の外側だけではなく室内も汚れてしまいます。
特に毎日座る、レザーシートなどは特に汚れが付きやすいところです。
ですが掃除が大変な箇所でもあり、ひどい汚れの除去などではレザーシートを傷めてしまうのではないかと不安になってたりもします。
そんなときに一度試してみて欲しい商品があります。

それは“CarZoot社製 レザークリーナー“になります。

こちらの製品は、プロが使用しているため洗浄力は文句なしです。
また微発砲成分配合でレザーシートの奥まで入り込んだ汚れも除去してくれます。
そして洗浄力が強い分、レザーシートを痛めるのでは?と思われますが、そのようなことは一切ありません。
ですので安心して使用できます。

一度気になった部分に使用してみてはいかがですか?

【キャンピングカーってこんな使い方もできるの!?】コロナ渦での新しい生活様式にキャンピングカーがおすすめ!前のページ

国立公園の駐車料金が無料!?環境省の新しい取り組みについて解説!次のページ

関連記事

  1. 記事

    EVのSPAC上場ブームに水を差す?!ローズタウン・モーターズが予約台数を偽装した疑惑について

    アメリカ合衆国の大手自動車メーカー「ゼネラルモーターズ(GM)」が出…

  2. 記事

    プレミアム価格を持つ人気の中古車「マツダ ロードスタークーペ」を紹介!

    この記事は、新車ではなく中古車を検討している人向けの記事です…

  3. 記事

    RSの名前はダテじゃない!走りを極めたスポーツSUV「アウディRS Q3」

    アウディのコンパクトSUV「Q3」をベースにハイパフォーマンスのエン…

  4. 記事

    STOP!三密!クルマを走らせキャンプに行こう!山形でおススメキャンプ場3選

    緊急事態宣言が終息し、GOTOキャンペーンがはじまったにもかかわらず…

  5. 記事

    希望ナンバーはどう決める?人気&不人気のナンバーを徹底調査!

    クルマの証明書「ナンバープレート」。マイカーをお持ちの方ならご存じの…

  6. 記事

    ダイナミックルーティングバスの実証運行スタート!を会津若松市で実施

    ダイナミックルーティングバスの実証運行がスタートします。AIを利用し…

新着記事の一覧

  1. F1エミリア・ロマーニャGPでイモラ・サーキット内の光ファイ…
  2. レッドブル・ホンダF1 フェルスタッペンがフリー走行で停止。…
  3. タダノがアプリでクレーン作業時のトラブルを解決!
  4. 京都府とマツダ販社が車両提供を災害時に行うことで協定!
  5. スズキ「スペーシア」国内販売100万台達成!
  1. 記事

    徳島でトラックコーティングするならこのお店!
  2. 記事

    【東京都】車で行けて密になりにくい!おすすめの歴史感じるスポット3選!
  3. 記事

    車で桜の名所巡りin山形 コロナ禍でも楽しめるお花見スポット【2021年度版】
  4. 記事

    二輪車好きもしくは二輪車好きを増やしたい人必見!二輪車のために活動している協会を…
  5. 記事

    【車とフォークリフト】トヨタが自動運転フォークリフト開発の2021年
PAGE TOP