大雪時の立ち往生の原因とは?そんな時の対処法を紹介!

   
 

大雪時の立ち往生はなぜ起こるのでしょうか?今年は予想外の豪雪により、各地の高速道路でまさに「遭難」とも言えるレベルの立ち往生が何件か発生しています。私達も他人事ではありません。この記事では、大雪時の立ち往生が起こる理由、立ち往生に見舞われた際の対処法をご紹介します。

大雪時の立ち往生が起きる理由

大雪立ち往生は一体何が原因で起きるのでしょうか?雪国出身でない方にとっては、なかなか想像し辛いかもしれません。立ち往生が起きる大きな要因としては、次の点が挙げられます。

・大雪の中での渋滞

高速道路上では、しばしば渋滞が発生します。仮に天候が雪で道路上も雪が降り積もっていた場合、走行している限りでは周囲に雪が降り積もることはありません。しかし、一旦渋滞にハマってしまえば車は停止します。すると、辺りには雪が降り積もり、やがて車の周囲を雪で覆っていきます。渋滞が長引けば積雪は増えるので、気づいた頃には動くこともできないほど雪が積もっているわけです。

・雪道対策をしていない

もう一つの原因として考えられるのが、タイヤチェーンを装着していない、ノーマルタイヤでの走行によるスタック、スピンによって道を塞いでしまう事が原因です。2017年の国土交通省の調査によると、立ち往生に遭った車の75%は冬用タイヤを履いてましたが、その内約90%もの車がチェーン未装着だったというのです。この事から冬用タイヤを履いていたとしても、雪道対策としては未だ不十分だという事が分かります。

大雪時に備えておく持ち物

大雪時での立ち往生は、時に命に関わります。非常時に備えて、以下の持ち物を用意しておきましょう。

・絶対に用意した方が良いもの

タイヤチェーン、防寒着、スコップ、手袋、長靴、非常食

・出来れば用意しておいた方が良いもの

簡易トイレ、ブースターケーブル、携帯バッテリーカイロ

大雪時に立ち往生が起きた時の対処法

大雪時の立ち往生が絶対に起きない保証はありません。ここでは実際に立ち往生に遭遇した際の対処法を説明します。

・車の燃料を十分に積んでおく

立ち往生に遭遇した際、最も恐ろしい事は燃料切れです。燃料が切れるとヒーターが切れ、すなわち凍死を意味します。立ち往生は遭遇しないに越したことはないですが、雪道を走行する時には燃料を十分に積んでおきましょう。

・ハザードランプを点灯させる

万が一立ち往生に遭遇してしまったら、ハザードランプを点滅させましょう。こうする事で、自身とその先で異常があった事を後続に知らせる事ができます。また、後ろからの追突を減らすことにも繋がります。

・JAFなどのロードサービス、または119番へ連絡

車が停止して動くことができなくなった場合、JAF等のロードサービス、または119番へ連絡しましょう。自力で車を動かそうとする事は、状況を悪化させかねません。

救助を待つ際の注意点

立ち往生が解消されるのは、いつになるのか分かりません。長時間の立ち往生にも対処できるように、ここでは救助を待つ際の注意点を紹介します。

・エンジンをかけっぱなしにしない

寒いからと車内でエンジンをかけっぱなしにすると、マフラーが雪で覆われ、排気ガスが車内に逆流し、「一酸化炭素中毒」を引き起こす恐れがあります。

その為エンジンを切って、毛布や上着などを着る他、カイロなどを使って体を温める方が得策です。

・マフラーをこまめに除雪し、車内を換気する

とはいえ、どうしても暖房を使用しなければ耐えられない時もあります。その場合、マフラーの周りの雪をスコップなどで除雪する他、窓を開けて車内を換気する事が大切です。ただ、外の風向きによっては窓を開ける事がかえって危険を伴うこともありますので、車内を換気する際は十分お気をつけ下さい。

雪道でも安全に走行する為に

今年は各地で予想外の豪雪が相次いで発生しています。雪の降らない場所にいるからと安心していては、いざ大雪が起きてからでは対処できません。そこで最後に、CarZoot社の 解氷スプレーを紹介させて頂きます。雪が降って困る事と言えば、雪や氷で覆われた窓ガラスを溶かさなければならない事です。

 マイナス50℃まで対応の圧倒的な解氷力を持つこの解氷スプレーを使用して窓を拭きとってもらえば、忙しい時でも素早く窓ガラスの雪や氷を落とすことができます。この機会に是非ご購入を検討してみて下さい。

ハイブランドのマイケルコースの魅力の魅力を紹介!小物や時計もいいけれど、キーケースも素敵!前のページ

ホンダが2021年「バーチャルオートサロン」に出展する車がおもしろい!車も含めて紹介次のページ

関連記事

  1. 記事

    安全性能に工夫あり!カローラツーリングの魅力を徹底解説!

    トヨタ カローラツーリングは安全性能に工夫があります。走行性能も高く…

  2. 記事

    声で操作可能?DAIHATSUの2021年おすすめカーナビを紹介!

    皆さんはカーナビの機能について詳しいでしょうか?車を持ってい…

  3. 記事

    カーレースで使用されているスリックタイヤってどんなタイヤ?

    カーレースによく使われているスリックタイヤは、ツルツルした表面が特徴…

  4. 記事

    ユーノスロードスターは中古で買える?どんな魅力がある車なのか?徹底解説!

    あなたは「マツダロードスター」の歴史をご存知でしょうか?ロードスター…

  5. 記事

    日本カーオブザイヤー2020-2021はどうなった?イヤーカーがついに決定!

    日本カーオブザイヤー2020-2021が開催されました!その年を代表…

  6. 記事

    ベントレーのエンブレムと設立の歴史に迫る!

    世界で有数の高級車メーカーとしてその名をとどろかせている「ベントレー…

新着記事の一覧

  1. 長野県でおすすめのカーセキュリティに強い又は専門に扱っている…
  2. 山梨県でおすすめのカーセキュリティに強い又は専門に扱っている…
  3. 福井県でおすすめのカーセキュリティに強い又は専門的に扱ってい…
  4. プロの運転から学べる?2021年これから伸びそうな車系You…
  5. 誰でも参考になる?2021年これから伸びそうな女性の車系Yo…
  1. 記事

    日本ピストンリング株式会社とはどんな会社?ピストンリングにかけては最大手!
  2. 記事

    欧州車はアルミモールコーティングがおすすめ?その理由と魅力について
  3. 記事

    北海道には魅力的なスポーツ施設が多数!車で行けるおすすめのテニスコートを紹介!
  4. 記事

    環境問題を解決したい日本郵便が導入した電気自動車「ミニキャブ・ミーブ」について解…
  5. 記事

    栃木県でおすすめの板金屋を紹介!傷やへこみを治す
PAGE TOP