大型ユーザーに冬用チェーン・タイヤに関する注意喚起!立ち往生防止対策

   
 

冬用タイヤがすり減っているなど状態が悪いことが原因で、大雪の際に立ち往生が発生しています。冬用タイヤを適切に使用し、トラブルを避けるために、国土交通省が対策案を発表しています。大型バスやトラックユーザーへの対策ではありますが、一般ドライバーも冬用タイヤの状態には注意する必要があるでしょう。寒い地域でドライブする機会の多い方は、参考にしてみてください。

大型ユーザーに冬用チェーン・タイヤに関する注意喚起

冬に大雪が降ったり路面が凍結したりしたことにより、昨年末立ち往生が発生しました。その状況を踏まえ、国土交通省が対策案を発表しています。

昨年末は、冬用チェーン・タイヤを、使用限度を超えて使用したことによる事故も発生しています。

不適切な冬用タイヤの使用による事故を防ぐために、冬用タイヤを安全に使用するためのルールづくりを行いました。国土交通省からの発表は、2021年1月26日にあっています。

冬用タイヤの使用限度の目安を確認

冬用タイヤの使用限度の目安としては、以下のように定めています。

  • 溝の深さが新品時の50%まですり減っていること
  • プラットホームが溝部分の表面に現れてくること

寒波の影響で車の立ち往生が発生

2020年末は、寒波の影響による車の立ち往生が多数発生しています。特に、関越自動車道での立ち往生が深刻になっています。

具体的には、雪による立ち往生により、50時間以上解消しなかったケースもあります。

立ち往生の影響を受けた車は2000台以上です、また、状況によって、自衛隊派遣なども行われています。立ち往生の原因として、大型車に装着されている冬用タイヤが劣化していることがあげられています。

国土交通省が発表した冬用タイヤの使用限度の確認について

  • 整備管理者は、雪道を走行する際のタイヤに関し、溝の深さを確認し、使用限度よりすり減っていない状態に整備する必要あり
  • 運行管理者は、点呼の際、冬用タイヤが必要以上にすり減っていないことを確認する必要あり
  • 乗合バス・貸切バスに関しても、冬用タイヤ使用の規制あり

溝の深さが新品と比較し、50%程度すり減ると、溝部分の表面にプラットホームが現れます。すり減ったタイヤの目安としてチェックできるでしょう。

2020年以降の大雪で、大型車両が立ち往生したため、トラックやバスに対し、冬用タイヤが適切な状態かどうかを確認するよう求めています。

今回は、バスやトラックを対象とした改正ではありますが、今後は大雪時、一般ドライバーにも適用されるでしょう。

アルミモール クリーナー コーティング【アルミモール/ ドアモール の 白サビ を落としてコーティングの力で再劣化防止】欧州車

冬用タイヤがすり減っているなど状態が悪いことが原因で、大雪の際に立ち往生が発生しているので、寒い地域でドライブする際は十分に注意しましょう。

定期的にメンテナンスすることが大切です。ところで、車の状態はいかがでしょうか。

アルミモールの白サビに悩む方は多いです。CarZootの「アルミモール クリーナー コーティング【アルミモール/ ドアモール の 白サビ を落としてコーティングの力で再劣化防止】欧州車」なら、車のアルミモールをきれいにすることができます。

・ピカピカの仕上がりになるので車のメンテナンスに最適

・アルミモールに塗りこむだけなので、初めて使う方でも安心

・効果の持続時間が長い

白錆が生じると、車の劣化が速くなるので、大切な車のアルミモールは早めに保護しておくのがおすすめです。

非常に使用しやすい商品ですし、コーティングすることで楽になります。興味のある方は、ぜひ、チェックしてみてください。

人が3台の車に次々引かれる事象が東京八王子で発生!詳細を解説前のページ

フランスで事件発生!日本のパトカーを再現して公道を走らせ逮捕次のページ

関連記事

  1. 記事

    DSオートモビルは2020年にどの車種を買えばいいのか?おすすめを徹底紹介!

    あなたは「DSオートモビル」というブランドをご存知でしょうか?まだ、…

  2. 記事

    金丸ユウってどんな人なの?タレントのマギーと交際報道されてるけど本当?

    ネットやテレビ界でお茶の間を賑わせているモデルのマギー(28)が、レ…

  3. 記事

    カーナビならMITSUBISHI MOTORSだ!おすすめ2020年春夏モデルを紹介!

    今回はMITSUBISHI MOTORS(ミツビシモーターズ)のカー…

  4. 記事

    【男性必見!】ドライブデートで女性を喜ばせるための準備について解説!

    男性なら誰しもが経験するドライブデートですが、準備を怠るとせ…

  5. 記事

    【注目】自動車業界の偉人ルイ・ルノーのルノー車の歴史を徹底解説

    「ルイ・ルノーについて詳しく知りたい。」「ルノー社の歴史につ…

  6. 記事

    隠れた名車三菱・ミニカとは

    令和に入り現代までに多くの車が開発、製造されてきました。特に昭和は自…

新着記事の一覧

  1. F1エミリア・ロマーニャGPでイモラ・サーキット内の光ファイ…
  2. レッドブル・ホンダF1 フェルスタッペンがフリー走行で停止。…
  3. タダノがアプリでクレーン作業時のトラブルを解決!
  4. 京都府とマツダ販社が車両提供を災害時に行うことで協定!
  5. スズキ「スペーシア」国内販売100万台達成!
  1. 記事

    国内の一級品しか取り扱わないお店!車用マグネットタイプ広告シート専門店 車MAX…
  2. 記事

    バスって何で「マニュアル車」が多いの?オートマはあるの?
  3. 記事

    チューリッヒの自動車保険の特徴についてご紹介
  4. 記事

    プリウスとインサイトが登場するカーバトル映画「ハイブリッド・バトル」
  5. 記事

    【車でお出かけ】コロナ禍でも安心していける長崎県の動物園を紹介 
PAGE TOP